2013年08月09日

艦艇挙動の軽重(<物語>シリーズ セカンドシーズンとか宇宙戦艦ヤマト2199とか)

【戦姫絶唱シンフォギアG 第5話】
歌対決と敵側の事情の巻。
クリスさんのペンダントを狙い、歌対決を挑む敵側装者二人組。
シンフォギアシステムは装着者の私物というより半ば組織の所有物みたいなものでしょうし、たかだか学園のイベントでのことで本気でもらえると思っていたんでしょうか…?(どちらにしろ奪うつもりだったが、歌対決は二人の気持ちの問題、つーことだったのかもしれませんけどね)
後半は敵潜伏場所での戦いでしたが、クリスさん&翼さんに白濁液攻撃をしたノイズの形状があまりにもアレすぎる…w
ラスト、片腕を食いちぎられてしまった響さんですが、食いちぎるだけではなく飲み込まれる描写まであったのはエグかったですねえ…。


【<物語>シリーズ セカンドシーズン 第5話】
虎に挑む猫と、“主人公”過ぎる阿良々木くん登場の巻。
前回、虎の原因が羽川さんの嫉妬だと判明しましたが、てっきり戦場ヶ原さんへのものだと思っていたので、家族に対してのものだったというのは意外でしたね。
主人想いのブラック羽川の献身的行動を見せられた後での、阿良々木くんの登場タイミングはあまりにも“主人公”過ぎでしたね。格好良過ぎで阿良々木くんじゃないみたいでしたよw
つか、西尾維新はこういう王道をあえて外す(嫌う?)作風だったと思うんですけどね〜。そういう意味では、この作品らしからぬ展開だったと思います。


【げんしけん二代目 第5話】
夏フェス一般参加編の巻。
前回が出店側からの視点だったとすると、今回は一般参加側からの視点の回でしたね(まあそれ以外にも、斑目さんの恋模様が展開された回でもありましたが)。
つか、この作品はさやかちゃんデスってんの?w
一方、斑目さんはパツキンボインさんから情熱的なアプローチを受けていましたね。
あまりにも棚ボタ的展開で思う所などまったくないですが、ボインさんが露骨なお色気攻撃ではなく、徐々に距離を縮めていき身体の武器を使っていくあたりはエロくて良かったです。
…ただ、字幕の文字がかなり見にくかったので、文字自体をもうちょっと大きくしてほしかったですね。


【聖闘士星矢Ω 第67話】
エデンくん参戦の巻。
お久しぶりのエデンくんでしたが、彼がフェニックス一輝のポジションに付けないのは、登場頻度:作中の強さ が反比例していないからなんだろうなあ〜と思ったり思わなかったり。(もし一輝さんだったらエウロパクラスの敵なんか圧勝していたでしょうし)
しかし今回のエウロパさんの言動から、二級パラサイトの実力が黄金聖闘士並ってことは確定でいいのかな?
あと、パラスベルダの建物が高すぎ! 渓谷じゃないんだから…w


【獣電戦隊キョウリュウジャー 第24話】
祝メガネっ娘メンバー入りの巻。
登場当初から注目していたメガネっ娘さん(千葉さんの孫娘)が、めでたくメンバー入りしましたね〜。
とはいえ、レギュラー入りじゃなかったのはちょっと残念かな。
キングに惚れてるとか余計な設定は要らないんでカットしてください。あと、変身する時にメガネ取るのも勘弁してください。
話内容としては、怪人が敵幹部を炊きつけるという珍しい構図でしたねw
つか、ゼツメイツのメンバーは結構長生きしたなあ〜。


【宇宙戦艦ヤマト2199 第18話&第19話】
第18話
観艦式に突入するヤマトと、クーデターがあえなく失敗する若本さんの巻。
ドメル将軍との対戦時に引き続き“死中に活”戦法を実行し、見事に活路を開いた沖田艦長。
ただ、同じような戦法を二連続使ったこともあり、見様によっては沖田さんはこういう捨て身の戦法しかできない人なんじゃないか? という風に思われてしまいそうですが…w(沖田艦長が名采配とったシーンって、実はあんまりありませんしね)
ヤマトに引き続きガミラス側のクーデターもあっけなく失敗に終わりましたが、今回の若本様の「成敗!」は結構好きだったりしますw
第19話
デスラー総統がドメル将軍にあらためてヤマト討伐の命を下すお話。
旧作では圧倒的な国力、科学力を誇るガミラスが、ヤマトの無敵っぷりに次々と敗北していったような印象でしたが、今作のヤマトはそれほど無敵さを感じないので、ガミラス本星の攻略戦とかどうするつもりなのかな〜? とずっと疑問に思っていました。
なので、前回の観艦式でガミラス主力艦隊を集結させたが故にヤマトに追いつけず、数に任せた戦いができない状態になっている、という展開は非常に上手いと思いましたね。
ヒスさんはドメル将軍に“討伐が成功したら奥方の罪一等を減じる”とか言ってましたが、解放してなかったのかよ!?w
ヤマト討伐艦隊が着陸、離陸するシーンを見ていてあらためて思ったのですが、この作品のミリタリー描写で1点だけ不満なところがあるんですよね。
それは艦艇の挙動が軽すぎること。
言い換えれば、この作品の艦艇の動きは、スタートレックみたいな重たさを感じさせないアメリカ映画的挙動なんですよね。従来の日本アニメ的挙動ならば、重量感を重視した、もっと鈍重な感じになっていると思うんですよ。
どちらが良いかは好みによって別れると思うのですが、個人的には日本的な方が好みかなあ…。(巨大なものを軽快に動かし、その科学力の凄さを感じさせるアメリカ映画的挙動も嫌いというわけじゃないんですけどね)


【進撃の巨人 第17話】
調査兵団出撃→即半壊の巻。
建築物がないので立体機動があまり利用できないため、上下の空間を使っての戦闘が描かれにくくなると思っていましたが、その分、草原を疾走する馬上での、広さとスピード感を活かした戦闘描写が展開されていましたね〜。
さすがは作画班壊滅をものともしないこの作品でしたw
相変わらずアルミンくんの頭脳は冴えまくってましたね。
ジャンの「気持ち悪いと思っていたけど、やる奴だと思っていた」という台詞は、“友人としてはダメだが、戦友としては信頼している”みたいな感じで良かったですw


【神のみぞ知るセカイ 女神編 第5話】
結さんに攻略されちゃうお話。
桂馬くんが結さんの攻略を急いだ理由は“女神が表面化しているから”でしたが、結さんが鏡に現れたマルスさんに驚いたことから、そうじゃなかった模様。う〜ん、でもそうすると結さんの男性化の理由が無くなってしまう気が…。(マルスさんは目覚めて(表面化して)はいなかったが、無意識的に結さんの精神面に影響を与えていた…つー解釈でいいのかな?)
女装男子と男装女子というアブノーマルな組み合わせということで、個人的にはちょっと引いちゃいましたね〜。
ぶっちゃけ、桂馬くんの女子演技は気持ち悪かったでしたし…。
クライマックス間近、半脱ぎ状態にされたハクアさんが、桂馬くんに「お前は特に覚えとけ」と一撃加えて逃げていたのは可愛かったですw


【私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 第5話】
もこっちが無口キャラを目指したり、プリクラに挑戦したり、キャバ嬢になったつもりで歌舞伎町を訪れたりするお話。
無口キャラのくだりは予想通り、というか本編中でも言っていたように絡むキャラありきで成立するもんですよねえ〜(まあ本来の無口キャラは、ずっと無視され続けていても平気なんでしょうけど)。
プリクラの一件は…弟くんは怒ってもいいと思いますw ただまあ、この作品で彼がひどい目に遭っても、中の人繋がりで違う作品(可愛い妹がいるアレ)で良い目みてるんだからいいじゃん、と思えてしまうから不思議ですねw
キャバ嬢を目指すお話は、もこっちがベソかいて逃げ帰ってくることは予想済みでしたが、ラストのロボットレストランのアレとEDにはやられたw
つか、(実際に新宿でよく見る)ロボットレストランのアレを出してきて「この街はおかしい」と言われちゃたら、同意するしかないわw


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 06:04│Comments(2)TrackBack(18)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. <物語>シリーズ セカンドシーズン 第5話  [ 日影補完計画 ]   2013年08月09日 11:17
「つばさタイガー其ノ伍」 ブラック羽川さん、本当にこれが最後のお願いです、辛い役目を押し付けるのはこれが最後です 私達ともう一人の妹を助けてあげてください…
2. 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! テレ東(8/05)#05  [ ぬる〜くまったりと ]   2013年08月09日 12:16
第5話 モテないし、スキルアップしてみる 公式サイトから女子高生になって、はや三ヶ月。智子はモテない事に焦り始める…。そんな折、テレビから流れてきたのは無口で無表情なキャラがヒロインのアニメだった。今までの自分に足りなかったのは「キャラ設定」だと確信し、智
3. 神のみぞ知るセカイ 女神篇 #05  [ ぐ〜たらにっき ]   2013年08月09日 12:22
『ぱんちDEでーと』
4. 神のみぞ知るセカイ 女神篇 第5話 ぱんちDEでーと  [ ゲーム漬け ]   2013年08月09日 12:32
桂馬がウルカヌスに言うのは、ヴィンテージの力が不明で、一点に固まってやられたら嫌だから家に帰れという事。 月夜は今まで通りに生活し、ウルカヌスは表に出るなと、羽衣 ...
5. 神のみぞ知るセカイ 女神篇 第5話  [ 刹那的虹色世界 ]   2013年08月09日 12:41
神のみぞ知るセカイ 女神篇 第5話 『ぱんちDEでーと』 ≪あらすじ≫ 月夜の中に眠っていたウルカヌスが復活したことで、天理に宿るディアナ、かのんに宿るアポロとこれで三体目の女神の所在をつかみ、こち...
6. 猫物語(白) 5話「つばさタイガー 其ノ伍」  [ NEO煩悩-アニメ本店- ]   2013年08月09日 12:44
「ただいま」 「父と呼ぶべき人と母と呼ぶべき人、彼と彼女が同じメニューの朝食を食べていたことを」 ここのくだりがちょっと理解出来ていないんですけど、これどういう意味ですかね? 羽川さんが朝ご飯を食べようとダイニングに行ったら、先に両親が朝ご飯を食べていて、そ
7. 「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪...  [ 日々“是”精進! ]   2013年08月09日 15:03
  喪5「モテないし、スキルアップしてみる」女子高生になって、はや三ヶ月。智子はモテない事に焦り始める…。そんな折、テレビから流れてきたのは無口で無表情なキャラがヒロイ...
なんだこの美少女!?(驚愕)
9. 『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#5「猫物語(白)つばさタイガー其ノ伍」  [ ジャスタウェイの日記☆ ]   2013年08月09日 21:10
「私は本物じゃなくって、人物でありたい」 ブラック羽川に、これまでのお礼を兼ねて手紙を書く羽川。 そこには苛虎を生み出すに至った経緯も書かれていたが、 羽川は虎を退治することではなく、別のことを望んでいた。 いよいよ「猫物語(白)」も完結!
宇宙戦艦ヤマト2199 300ピース YAMATO GIRLS 300-761(2013/07/20)エンスカイ商品詳細を見る 1時間スペシャルなので2話分放映。 だから来週は、休みなのですね。 岬百合亜にユリーシアが憑依...
11. おうちへかえろう  [ マイ・シークレット・ガーデン vol.2 ]   2013年08月09日 21:33
エコアクション! あっつい@@; 『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』 喪5 モテないし、スキルアップしてみる リアルでのキャラ設定というのは、 そういうのを認めてくれる周りの人間関係があってのものだと思うの^^; いちいち巻き込まれる弟くんと...
12. 2013年03クール 新作アニメ 戦姫絶唱シンフォギアG 第05話 雑感  [ 妖精帝國 臣民コンソーシアム ]   2013年08月09日 23:34
[戦姫絶唱シンフォギアG] ブログ村キーワード 戦姫絶唱シンフォギアG 第05話 「血飛沫の小夜曲」 #symphogear2013 人類を脅かす認定特異災害ノイズと、シンフォギアシステムを身に纏った少女...
13. 神のみぞ知るセカイ 女神篇 第5話 感想 「ぱんちDEでーと」  [ ひそか日記 ]   2013年08月10日 07:25
− 僕(結)は守られるよりも守りたい! − ならば! と桂馬は結の願望を満たすため究極のシチュエーションを用意しました。 それは結が命がけで桂馬を守るというシチュエーション。 仮装した悪魔の服を破られるハクアがエロいです ( ;´Д`) ハクアってこん
14. 神のみぞ知るセカイ女神篇〜FLAG5.0「ぱんちD...  [ ピンポイントplus ]   2013年08月10日 09:27
 日々ゲームに向かう高校生ケイマ17歳、悪魔エルシィと契約して 現実女性を口説き落とす使命に立ち向かうセカイの3シーズン目、第5話   月夜の攻略に成功し、かのんにささ...
15. <物語>シリーズ セカンドシーズン:5話感想  [ しろくろの日常 ]   2013年08月10日 15:22
<物語>シリーズ セカンドシーズンの感想です。 ヒーローは遅れてやってくる。
16. 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! #5  [ 桜詩〜SAKURAUTA〜 ]   2013年08月10日 19:40
【モテないし、スキルアップしてみる】 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 第2巻 [Blu-ray]出演:橘田いずみメディアファクトリー(2013-11-06)販売元:Amazon.co.jp アヘペロ〜♪ ...
だから、生まれて初めて誰かに言います助けて、助けてください私を助けてください家族に対して初めて嫉妬を覚えた羽川翼。その嫉妬の炎が次に燃やすものは・・・?そして翼が胸に ...
18. 進撃の巨人 #17 女型の巨人 ―第57回壁外調査 (1)―   [ バカとヲタクと妄想獣 ]   2013年09月02日 21:49
やあ僕アルミン! 普通の高校生さ。 おっと、今は学校に遅刻しそうなんだった! 急がないと・・・あっ! ドン!(曲がり角で誰かとぶつかる いてててて・・・ごめん・・・だいじょう・・・ぶ・・・

この記事へのコメント

1. Posted by 名もなき者   2013年08月10日 23:16
><物語>シリーズ セカンドシーズン 

>西尾維新はこういう王道をあえて外す(嫌う?)作風だったと

まあ、羽川さんが主人公の外伝で、ここまで彼女が話を進めてきたのに、最後に別件で留守にしていた本編の主人公が助けに来るのは、ある意味で王道を外しているかもしれませんよ。
超電磁砲の妹達編みたいな感じで、しかも本編主人公が助けに来るまでの経緯が完全に不明ですしw

まあ、まじめな話、羽川さんの心の物語である以上、最後は羽川さんにとって最も重要な人物である阿良々木くんが締めに加わるのは必然かもしれませんね。

>聖闘士星矢Ω

>二級パラサイトの実力が黄金聖闘士並ってことは確定でいいのかな?

今までの戦いを観た限りだと、黄金聖闘士の方が2級バラサイトより強そうな印象ですね。
エーギルさんも、四天王に剣を借りなければ、玄武さんに完敗してましたしね。
ただ、エウロパさんは他の2級より1ランク上な感じがしますけどね。

しかし、敵と遭遇して、技の一つも出さない内に逃げられるとは聖矢らしくない…
敵が出たら出会い頭に流星拳をぶちかますのが聖矢なのに…
まあ、エデンに説教という時点で、らしくない役回りでしたけどね。
2. Posted by voler   2013年08月12日 04:24
>名もなき者さん
コメントありがとうございます!

><物語>シリーズ セカンドシーズン
確かに正式2期シリーズでしばらく主人公不在、という点を考えると思い切ったことをやってますよね。
阿良々木くんの事情等について語られていないことについては、この作品ではよくあることだと思うのでいい加減慣れましたw
今回のお話は、羽川さんが正式にコクってフラれた話でもありましたね。
でも、ああいう風に阿良々木くんを登場してさせておいてフルってのは、ある意味すごく酷な展開でもありましたね(あんな登場したら、あらためて惚れ直すパターンですよねえ)。

>聖闘士星矢Ω
エウロパさんは飄々とした口調から、いろいろやり手な感じがしますね(中の人もベテラン中のベテランの人ですし)。
星矢さんは…まあ成長したんでしょうねえ。前みたいな血気にはやるような面影がまったくないのは寂しい限りですが…。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング