2013年11月09日

キン肉マンなんかで良く見た(聖闘士星矢Ωとかガンダムビルドファイターズとか)

【<物語>シリーズ セカンドシーズン 第18話】
忍さんによる、かつて謎の暗闇に遭遇した時の思い出話。
初めて眷属を作った時のお話は興味深かったものの、前回からの流れとしての話の焦点は“謎の暗闇”ですよね?
だとしたら、今回の話は「昔、日本に住んでた時に出会ったんだけど、その時はビビって尻尾巻いて逃げちゃった」の一言で済むような…。
まあ、忍さんの初めての眷属さんは、今後の展開の何らかの伏線なんでしょうけどね。


【ゴールデンタイム 第5話】
もう一人の多田くんの巻。
多田くんが記憶喪失なのはもちろん知っていましたが、記憶喪失前と後を別人格として扱い、記憶喪失前の多田くんを背後霊のように扱う描写はなかなかに新鮮でしたね。
…もっとも、そういう“設定”自体、多田くんの事故のショックから来る彼の“思い込み”という可能性も否定できませんけどね。
例えば、記憶喪失前と後の人格は別人格に見えて実は同一人格。多田くんは“別人格が身体を操っている”という体で映画を見るように自分の行動を見ているが、自身が気づかない深層心理で記憶喪失後の人格も操っている…とか。
まあそう考えて見ると、この作品は東野圭吾作品ばりのサスペンス作品に変貌しちゃうんで違うとは思いますがw


【聖闘士星矢Ω 第78話】
エウロパさんが用意した門をくぐる聖闘士さんたちの巻。
エウロパさんは相変わらず飄々として相手をおちょくっているような応対が素晴らしいですね。二又一成さんはこういうキャラもはまり役ですね。
んで、複数用意された門の存在ですが……自分のように聖闘士星矢の原作をジャンプ連載時に読んでいた世代の方は思ったんじゃないでしょうか?
「あれ、コレってキン肉マンなんかで良く見た展開だな」…とw
いやもう、この先待ち構えているのは悪魔六騎士かよ!…とw
まあ、実際待ってるのは大なり小なり悪魔六騎士的なパラサイトさんらなのは間違いないんでしょうけどね。


【夜桜四重奏 −ハナノウタ− 第5話】
ヒメさん負傷な上、いきなりのバトル展開の巻。
これまで世界観とキャラを大事にする雰囲気だったので、こういう分かりやすいバトル展開にはしないと思っていたんですけどねえ。
話が急激に動き出したのは悪くないんですが…この展開が(これまでの)作風に合っているかというと微妙…。
ヒメさん負傷退場のまま、戦いを始めちゃったのは意外でしたけどね。


【ガンダムビルドファイターズ 第5話】
西の名人ビルダーさん登場の巻。
ガンプラ心形流というプラモ狂四郎チックな流派のマオくんですが、木造のガンダムでも出してくるかと思ったのですが、そうじゃなかったのは残念(まあ、OPでガンダムXなのは分かってたことですけどね)。
今回はビルダー同士の戦いということで、冒頭でラルさんにガンプラの楽しさはバトルだけではない、ということを語らせていたのは良かったですね。
平凡な子供向けホビー作品ならバトル一直線になっているところだと思いますが、それなりに長い歴史を持つガンプラを扱っているだけあって、ここらへんの配慮はさすがだと言わざる得ないところですね。
個人的にもGガンのシーンが出てきたところで、瞬間的にテンションMAXになりましたしw
セイくんとマオさんの勝負については、謎のウエスタン風の早出しからの妄想バトル、神出鬼没のラルさんよる勝負寸止め、の流れも悪くなかったです。
あと、イタ公さんよるVガンナンパですが、女性キャラ死にまくった作品のガンプラで口説くなよw


【弱虫ペダル 第5話】
自転車部に入部を決める小野田くんの巻。
もしアニ研に一人でも入部希望者がいたら、小野田くんはどうしたんだろう?…という疑問を原作読んだ時思っていたので、そこらへんチョットでも補完されるかな?と期待していたのですが、まあ期待し過ぎでしたね。
Cパート(というか予告)、律儀に小野田くんからのプレゼントのアニメDVDを見るなんて、今泉くんは良いやつですねえ〜w アニメ版はこのCパートの小ネタが上手いんですよね。
しかし、アニソンの歌が桃井はるこさんだったんんで、キャラも桃井さんがやるかと思っていたんですが、田村ゆかりさんになっていたのにはちょっと驚きました。
追記:歌も田村ゆかりさんでした。舞台版の歌がモモーイなんで、ずっと勘違いしてました。


【東京レイヴンズ 第5話】
春虎くんが学園内の友人を増やすお話。
前回ラストからの式神勝負が何の波乱もなく瞬間的にサクッと終わっちゃったのは、ちょっと拍子抜けでしたね。
一方で、その後に冷静になった倉橋さんが春虎くんと和解していたのは予想外で、なかなか面白い流れでした。
ただ、後半でその倉橋さんと下野紘メガネキャラが囚われの夏目さんのために戦っていましたが、これはちょっと時期尚早だったかな、という気がしないでもなかったですね。
共闘するのは、もうちょっと友人関係の描写を積み重ねた後の方がしっくり来たと思うんですけどね。
現状での共闘展開は、キャラが動いたというよりも、(ストーリー展開の)恣意性の方を強く感じてしまいましたし(もっとも全体構成として、そんな悠長な尺はないのかもしれませんが)。
ラストの倉橋さんの男装夏目さんに惚れちゃう展開は、なかなかに面白くなりそうでしたねw ただ春虎くんが何か思い出しかけたことから、やっぱり彼に惚れちゃう流れになっちゃうんだろうなあ(ラノベですしね)。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 22:07│Comments(2)TrackBack(16)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 夜桜四重奏 -ハナノウタ- 第5話 イバラミチ 1 愛され感想  [ アニメガネ ]   2013年11月09日 22:38
努力の年季。
2. 未知の要素  [ マイ・シークレット・ガーデン vol.2 ]   2013年11月10日 01:57
エコマーク! 楽しいわ♪ スポーツマンガ、アニメの初期ってこうだよね^^ 『弱虫ペダル』 RIDE.5 総北高校自転車競技部 腹ペコ坂道。 高校の購買部にパンを買いに行きましたが、ことごとく買い負けし><。 坂道はそこで鳴子章吉と再会したのでした。 あんパンもら...
3. アニメ感想 13/11/01(金) ストライク・ザ・ブラッド #5、ゴールデンタイム #5  [ ニコパクブログ7号館 ]   2013年11月10日 02:56
ストライク・ザ・ブラッド 第5話『戦王の使者篇I』今回から新しい物語になるのですが・・・相変わらず雪菜が可愛いです。着替えを覗かれたのも自分の責任だって。いや、100%古城が ...
4. 「東京レイヴンズ」第5話  [ 日々“是”精進! ]   2013年11月10日 06:01
  第5話「RAVEN"sNEST-絆-」「勇気を持って、俺たちを頼れ!」式神勝負…春虎はあっさりと敗北し、京子の勝利。翌日、クラスの人気者になる春虎。京子に呼ばれた春虎は謝罪され…子...
5. シリーズ セカンドシーズン 18話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ貳」  [ NEO煩悩-アニメ本店- ]   2013年11月10日 06:32
ようやく本編というわけですね。 前回はなんだかんだで八九寺さんがメインだったので、あまり忍ちゃんの物語という感じがしなかったわけですが、今回はこれでもか!というくらい忍ちゃんよくしゃべってましたねw むしろこんなに自分のことをほぼ一方的につらつらと話すとい
6. 『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#18「鬼物語しのぶタイム 其ノ貳」  [ ジャスタウェイの日記☆ ]   2013年11月10日 09:23
「儂という怪異、 儂という吸血鬼の存在そのものが問題じゃったわけじゃ」 『くらやみ』の話を聞き、一人目の眷族を作ったという400年前の話をし始めた忍。 南極からの大ジャンプで日本にたどり着いたというのも驚きだけれど、 やっぱ全盛期のキスショットはぱないの!
吸血鬼の一人語り。 また、キャストが二人しかいない。
8. <物語>シリーズ セカンドシーズン 第18話  [ 日影補完計画 ]   2013年11月10日 10:32
「しのぶタイム其の貳」 気持ち悪かったから家に帰って寝た…
9. 東京レイヴンズ TokyoMX(11/05)#05  [ ぬる〜くまったりと ]   2013年11月10日 13:03
第5話 RAVENs NEST-絆- ようやく再会できる、彼は忘れているだろうか。幼い頃の約束を、私を。久振り夏目君。 春虎が京子の式神に吹き飛ばされて勝負あった。京子君の勝ち。春虎を叱る夏目。しかし春虎もコンも人気者、声を掛けられる。春虎が気に食わない男子にも頭を下げ
10. 東京レイヴンズ第5話の感想レビュー  [ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]   2013年11月10日 17:16
京子との戦いにはあっさり負けてしまった春虎でしたが、クラスのみんなとは積極的に打ち解ける性格の良さが好印象でしたね。 夏目がひたすら距離を置こうとしたのとはとても対称的な行動だったわけですが、春虎の側に居ることで少しずつ彼女にも変化が出てきて…というのが..
11. ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」  [ ボヘミアンな京都住まい ]   2013年11月10日 20:52
記憶を失くしたリアルの万里の傍らに立つ幽霊の多田万里・・・ ・・・これはまたヘヴィーなのが来ましたね。 なんとなくキャラの顔立ちが似てるような気がして『俺たちに翼はない』の主人公をふと思い出したのですが、その『おれつば』の羽田鷹志は多重人格でも互いの記憶と
12. 夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜 #5  [ 桜詩〜SAKURAUTA〜 ]   2013年11月11日 16:54
【イバラミチ 1】 夜桜四重奏-ハナノウタ- (1) (初回特典:「夜桜四重奏×デュラララ!!」スペシャルコミック1巻&イベントチケット優先購入申込み券) [Blu-ray]出演:福圓美里ポニーキャ ...
13. ガンダムビルドファイターズ 第5話「最強ビルダー」  [ MAGI☆の日記 ]   2013年11月11日 20:58
ガンダムビルドファイターズの第5話を見ました。 第5話 最強ビルダー 「セイ、前のバトルで壊れたガンプラ、直さなくていいのか?」 「安心して、今週末の準々決勝までにはちゃんと直せるから。というか直す時、ビルドストライクに手を加えたいんだ。準々決勝に勝ち
14. その他アニメの感想(各5話中心)+Web拍手レス  [ 刹那的虹色世界 ]   2013年11月11日 21:56
その他アニメの感想(各5話中心)+Web拍手レス 個別に記事化しなかったアニメの感想です。 ・境界の彼方 第5話 ・IS<インフィニット・ストラトス>2 第5話 ・ガリレイドンナ 第4話 ・サムライフラメンコ 第4話 ・キルラキル 第5話 ・革命機ヴァルヴレイヴ 
15. ガンダムビルドファイターズ 第五話 最強ビルダー  [ バカとヲタクと妄想獣 ]   2013年11月17日 01:43
ついに現れるX! そしてSDガンダム! 小ネタが多すぎて把握しきれない嬉しい悲鳴続出中です。
16. 東京レイヴンズ 第5話「RAVEN”s NEST -絆-」  [ ボヘミアンな京都住まい ]   2013年11月17日 23:57
春虎vs京子の式神勝負はアバンでチャッチャと終わらせてたし、全体通して随分とサクサク進めたなぁ〜いう印象でした。原作が9巻までが第1部として一区切り、かつ展開がスロースターターっぽいというところから勘案して、序盤はある程度スッ飛ばして後半勝負、という感じの構

この記事へのコメント

1. Posted by 名もなき者   2013年11月10日 22:07
><物語>シリーズ セカンドシーズン 

忍の最初の眷属の話は、まだアニメで放映されない傷物語が初出なんですよ。
忍が所持している妖刀のオリジナルの持ち主であり、忍の人生(怪異だけど)に大きな影響を与えた人物として語られています。
傷物語っを知ってる人は前回の冒頭で忍がかつて日本に来た時の事が語られるという暦のモノローグに「いよいよ最初の眷属の話か!」と、興味津々なわけですが、なぜかアニメでは未だ傷物語が放映されないので、こんなズレた感じに…

>聖闘士星矢Ω

別行動を取った一輝兄さんとインテグラさんは、瞬と紫龍の加勢に来るのが確定してますね。 
パラドックスさんも紫龍と龍峰の進む道に出てくるでしょうし。 
2. Posted by voler   2013年11月11日 23:10
>名もなき者さん
コメントありがとうございます!

><物語>シリーズ セカンドシーズン
忍さんの初の眷属の人は、今回が初出なわけじゃないんですね。
確かに原作未読のアニメ組の自分からしたら、フツーのエピソードに過ぎなかったですねえ(初めての眷属の人が、今後何らかの形で関わってくるのはさすがに分かりますが)。

>聖闘士星矢Ω
指導者的立場になった瞬さんは、この作品でも相変わらず守られる立場なのか?…ちょっと興味あるところですねw
パラドックスさんは紫龍さんと龍峰くんの前に現れるのは確定ですよね。
パラドックスさんと紫龍さんの出会いは、今から楽しみですw
パラドクスさんからしてみたら紫龍さんは長年思い続けた愛しの人ですが、紫龍さんからしてみたら「あんた誰?」状態でしょうからねw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング