2013年12月30日

ここに来てのAGEのオマージュ(【<物語>シリーズ セカンドシーズンとかヴァルヴレイヴとか)

年内の更新はこれでおしまいですかね。
12/31の「ソードアート・オンライン」特番の感想をどうしようかと迷いましたが、さすがに放送終了後から年明けまでの2分間でUPするのは無理(w)なので、来年一回目の更新に回すことにしました。
それでは皆様、良いお年を!


【京騒戯画 第10.5話(最終回)】
ナレーション入り総集編。
前回「オーディオコメンタリー入り」とか言っていたので、円盤特典レベルのものを期待していたのですが…あんな無味乾燥なもの聞かされてもなあ…。
映像自体は、ホントに単なる“総集編”でしかなかったですしね。
設定だらけの本編に対して、多少なりとも詳しい解説が入るんじゃないかと思っていたんですが…。
作品総評としては…
世界観やらキャラやらにこだわって作られた作品だというのは分かります。
ただ、世界観やキャラ設定などを語ることに腐心しすぎて、本編ストーリーがまったく進まなかったのは頂けませんでしたね。
おかげで情報量が増えれば増えるほど、作品世界やキャラに感情移入できない、という不思議な状態になってしまいましたよ…。
増やした設定に対し、それら設定を活かすことを怠ってしまった、ということなんでしょうね。
また、第0話では主人公・コトさんがそれなりに派手なアクションをやっていたので、もっと動きで魅せる作品だと思っていたのですが、期待していたアクションシーンはほとんどなかったのも残念な部分でした。
エンターテイメント性に欠けた、悪い意味での“雰囲気アニメ”だった、という印象の作品でしたね。


【中二病でも恋がしたい! 第13話】
地上波未放送だった円盤特典の番外編クリスマス話。
一応TVシリーズ終了後のお話らしいですね。
レギュラーメンバーでクリスマスパーティーをする番外編的なお話ということだったので、もっとハジけた内容を期待していたいのですが…ホントにフツーのパーティーでしたね。
事前情報として六花さんが酔っ払うことは知っていたので、彼女の酔っ払い特有の萌え描写を一番期待していたのですが、アッサリ寝てしまいましたね…。
う〜ん、TV放送で見たからいいようなものの、円盤特典であることを考えるとちょっとサービス不足なお話だったように思えますね。


【蒼き鋼のアルペジオ −アルス・ノヴァ− 第12話(最終回)】
暴走&巨大化したコンゴウさんを説得しに向かうイオナさんの巻。
う〜ん、今回も戦術もへったくれも無かったなあ…。
いやメンタルモデルの在り方つーのは作品の大事なテーマですし、最終回にそれを持ってくるというのは分かりますよ。分かりますが、視聴者に対するエンターテイメントの部分は艦隊戦によるドンパチだったり、劣勢を挽回する群像くんの奇策だったりするワケじゃないですか。そこをおろそかにしてテーマだけ押し付けられてもなあ…。
作品総評としては…
蒔絵さんが登場するまでの前半(ハルナ&キリシマ戦まで)は、艦隊戦によるエンターテイメント性、そしてメンタルモデルの在り方(人間への興味からの変質)というテーマ部分がバランスよく噛み合っており、文句なしに面白かったです。
欲を言うとクルーがイ401に乗り込む経緯なんかも描いて欲しかったですが、そこは尺のことを考えるとカットもやむなし、という部分でしたしね。
ただ、蒔絵さん登場以降の後半からはエンターテイメント性が薄れ、テーマが先行し始めてしまい、面白さが激減してしまったように感じられました。
もちろん蒔絵さんのせいではないですし、後半からはハルナさん&キリクマさんなどメンタルモデルが活躍するようになり“美少女キャラが増えて活躍する”という面白さはありました。自分もキリクマさんなんかはお気に入りのキャラだったりしますしね。
ただ、視聴者がこの作品に求めているものは、そこじゃないと思うんですよね。あくまで海洋戦記ものとして艦隊戦、そして群像くんによる戦術の妙などだと思うんですよね(少なくとも自分が求めていたのはこっちでした)。
なので、後半部はまったく面白くなかったという訳ではなかったですが、一番見たいものを見せてもらえず、ちょっと冗長で退屈な内容に感じてしまいました。


【凪のあすから 第13話】
おふねひき、大失敗の巻。
え?まだ続くの!?というのが第一の感想でしたねw
いやだって毎回1クールで終わるような勢いで人間関係ドロドロしていたじゃん。あと1クール、どんなテンションで見続ければいいか分かんないっすよw
つか、今回テキトーに予定調和の最終回やったとしても、ガリレイドンナよりは高評価なのは確定しているから、もうやめちゃってもいいと思うんですけどねw
…いやまあ冗談はこのくらいにするとして、今回のおふねひきの描写を見る限りだと、竜神さまは実在するみたいですね。
まあうろこ様がいるのだから、当たり前っちゃあ当たり前なんですが、こういう風に物語表舞台に影響及ぼしてくるとは思いませんでしたよ。
ただ、竜神様は一応は海の守り神だと思うんですが、これだとどう考えても悪役にしかなってませんよね。ここらへんはどう評価回復させるつもりなんでしょうか…?
あかりさんの代わりにまなかさんが謎の穴に吸い込まれてしまいましたが、2クール目はしばらく彼女不在でお話が展開するんでしょうね。
まなかさんは光くんと結ばれたも同然の状態だったので、逆に彼女がいちゃったらこれ以上人間関係引っ掻き回すことができなくなりますから、彼女を(一時的にしろ)消失させちゃったのは良い判断だったと思います。


【革命機ヴァルヴレイヴ 第24話(2ndシーズン最終回)】
世界を滅茶苦茶にして疑心暗鬼の渦に叩き込んだけど、私達は元気です、の巻。
戦闘シーンはまあ良かったですよ。ラスボスのロボも、隠し腕とか何だかよくわからないギミック満載で格好良かったですしね。
また、クーフィアさんはちゃんと死んだし、ハルトくんが亡くなっちゃうのも予定調和でしたしね(ただ、ハルトくんは一命“だけ”は取り留めるんじゃないかと思っていたんですけどね。んでもってルーンの使いすぎで廃人化し、ショーコさんに介護されて余命を過ごす、と)。
戦いの最中の問答については、カインさんは「自分たちは悪の秘密結社などではなく、正義の味方だ」とか言ってましたが、悪とか正義とか言ってる時点で相変わらず“痛い”ですよねえ…(もちろんカインさんが痛いキャラっていうワケじゃなくて、この作品が、って意味ですよw)。
ただ、ハルトくんが現状のマギウスによる世界体制を非難する際、嘘の壁を作った自身の体験を重ね合わせて語っていたのは悪くなかったと思います。
もっとも、その台詞を活かすだけの下地が出来ていたかというと、残念ながら…と言わざる得ないところでした。
また、エルエルフくんが担当した暴露と、それによる世界情勢の変化があまりにも雑に描き過ぎでしたね。
…いやまあ、この作品らしい、と言ってしまえばそうなのかな?w
ARUSの大統領がヒドイ目に遭わずに終わったのも、ちょっと納得行かないところでしたね。
つか冒頭にも記しましたが、いくら一度“人類の敵”の汚名を着せられたからといって、世界を滅茶苦茶にして人々を疑心暗鬼の渦に叩き込んでおきながら“自分たちだけは平和になりました”で終わるのはさすがに後味悪すぎだろ…。
もしこのラストが狙ってやったものなら「情報に踊らされる人間の末路は悲惨」という皮肉なんだろうけど、それだとそれでこの作品のデキがアレなだけに「ネットでヴァルヴレイヴ叩いている奴、みんな死ね!」という製作者側の惨めったらしいボヤキにしか思えないんだが…w
最後の銅像は…方々で言われていますが、ここに来てAGEのオマージュやるとは思いませんでしたよw
作品総評としては…
1stシーズンのデキがアレだったのでハードルを激下げで見ていたおかげか、1stシーズンよりは楽しめましたねw
相変わらず政治や世論、キャラの感情の描き方なんかは粗くて稚拙で見ていられませんでしたが、それは1stシーズンも同様でしたし、2ndシーズン視聴し始めた時点で覚悟完了状態だったので問題ありませんでしたよw
2ndシーズンからはルーンの存在が明らかになり、ヴァルヴレイヴに乗って戦うことに対し“自らの命を削る”という要素がプラスされていたのは結構好みな展開でした。
ただそれだけに、もうちょっと丁寧に演出してほしかったところでしたね。
例えばルーンの存在が明かされる以前に、戦闘を重ねるごとにヴァルヴレイヴ搭乗者らの物忘れや疲労が徐々にひどくなっていく描写を入れておく、とか。
命を削って戦っているっぽい描写がされていたのがハルトくんのみだったことに加え、その彼の戦いの代償が支払われたシーンはストーリーが大きく転換する劇的な時だけだったので、悲壮感より“制作者側の都合”ばかり見え透いてしまいました。


【<物語>シリーズ セカンドシーズン 第26話(最終回)】
撫子さんに当たり前の説教をする貝木さんの巻。
前半は撫子さんのターンでしたが、後半の漫画家のくだりからは完全に貝木さんのターンでしたね。
羞恥から半狂乱状態の撫子さんは、羞恥フェチの自分としては萌えまくりでしたよw
夢や創作物などは当然のように恥ずかしいし、故に本当に叶えたい夢は誰にも話してはいけない。そして秘密にしてきた夢を大事にできるのは自分だけ、という貝木さんの説教は説得力があり、なかなかにグッとくるものでした。
その後の、人生にかけがえのないものなど無い、それが故に人はやり直せる、という論説も良かったです。
また、例として(回想?イメージ映像?で)登場してきた戦場ヶ原さんの笑顔は、貝木さんの心中を察するといろいろ切ないものがありましたね…。
…ただ一方で、囮物語で延々と撫子さんの狂気を描いていた割には、彼女が思っていたよりアッサリ貝木さんに落とされちゃったのは少々脱力でしたね。
それに撫子さんを説得するのに阿良々木くんの存在を持ちだしていたのは、ちょっとピントがズレていたように感じてしまいました。
いやまあ、これは自分の印象なんですが、撫子さんは阿良々木くんにフラれたからああなったんではなく、“片想いというシチュエーション”に焦がれたが故にああなってしまった……つまりは他者からの影響ではなく完全に自己完結でああなってしまった、と思っていたんですけどね(だからこそ貝木さんは彼女に対して“狂ってる”的な表現を用いたんだと思っていたのですが)。
ぶっちゃけ、夢の話だけで彼女を説得していた方が、囮物語との整合性が合ったと思うんですけどね(もっとも、夢の話だけだと撫子さんを落とすにはちょっと弱いと(貝木さんではなく作者が)判断して、第二の論として“かけがえのないものなど無い”という話を持ち出してきたんだと思いますけどね)。
終盤、阿良々木くんが登場してきましたが、彼が出てくるとは思いませんでしたよ。これまでまったく、影も形も出てこなかったので、最後まで出さいないもんだと思っていたんですけどね〜。
んで、その直後の貝木さんが襲われるラストは(自業自得とはいえ)、2クール作品の〆としてはちょっとスッキリしないものでしたね。
ただ、扇さんの存在も含めて考えると、第三期を期待させる“引き”としては悪くなかったですが。
作品総評としては…
それなりに面白くはありましたが…やはりファーストシーズンのデキには至っていないという感じでしたね。
ファーストシーズンがキャラや舞台設定などを無駄に増やさないある種の箱庭的物語だったのに対し、このセカンドシーズンは偽物語から引き続きキャラと世界観を広げた上、ストーリーにも連続性を持たせていましたが、その分お話に切れ味とまとまりが無くなってしまったような気がしました。
ファーストシーズンとセカンドシーズン、どちらの作風が好みかは人によって別れるとは思いますが……自分としてはファーストシーズンの方を期待していたので、このセカンドシーズンはちょっと残念な内容でした。


【バディ・コンプレックス 第1話先行放送】
サンライズ制作のオリジナルロボットアニメ。
典型的な巻き込まれ展開で、終盤までは特に惹かれるような要素は見当たりませんでしたね。
ただ、終盤のヒロインさんの言動から鑑みるに、最終話が第1話に繋がっているパターン(シュタゲ…というよりはOVAエルハザードの方かな)でしょうかね?
ここらへんの伏線やら辻褄わせをキッチリやるんだったら、そこそこ面白くなるかもしれませんね。
ただロボのデザインは1、2世代ほど前な感じだなあ。もうちょっと何とかならんもんだろうか…。
ラストの「nice coupling」は笑いましたw 狙うにも程があるだろ!!ww


【夜桜四重奏 −ハナノウタ− 第13話(最終回)】
円神さんとの対決の巻。
秋名くんと円神さんの対決は横槍が入った上、中途半端に終わってしまいましたね…。まあ原作が終わっていないらしいんで、しゃーないんでしょうねえ。
それに、そもそも秋名くんの能力は戦闘向きじゃないですしね(といっても、ラストで彼にも戦闘向きの能力が備わっていることが明かされましたけどね)。
しかし、この作品は頑なにバトルものの鉄板を外しまくるなあ…。
あくまでハートフルストーリーであり、バトルっぽく見えるものは“戦い”ではなく“アクション”…ということなんでしょうかね?
作品総評としては…
グリグリ動く異能力バトルアクションを期待していたのですが、満足度は低かったですね…。
いや、グリグリ動いてはいたんですが、大物キャラとのバトルシーンがこぞって不発やらちゃんと決着付かないものやらばかりで、神作画の割にはあまり盛り上がって見ることができませんでした。
各種設定についても最初こそ原作未読者にも分かりやすく描いていましたが、回を進めるごとにどんどん説明不足なものが出てきて、あまり没入感を抱けないまま終わってしまいました。
また、ストーリーについてもハートフルなのは構わないんですが、前述の設定等が説明足らずなせいもあり、人情やら思いやりやらの描き方が画一的に感じてしまい、自分としてはあまり感情を揺り動かされることはなかったですね。
ただ、お色気やパンチラの見せ方は悪くなかったですw でも、あまりにもパンチラさせ過ぎでありがた味が失われちゃったのも事実。あの半分ぐらいが調度良かったです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 23:15│Comments(5)TrackBack(20)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. バディ・コンプレックス 第1話「出会い」  [ MAGI☆の日記 ]   2013年12月31日 05:43
バディ・コンプレックスの第1話を見ました。 第1話 出会い 都内の高校に通う高校生・渡瀬青葉は夏休みが明けた始業式の日、席替えで弓原雛と隣の席になる。 そんな中、八丈島沖にできた特異点から未来から謎の機体が出現し、青葉の通う高校に現れてしまう。 「やっぱ
2. アニメ感想 13/12/26(木) 凪のあすから #13  [ ニコパクブログ7号館 ]   2013年12月31日 06:04
凪のあすから 第13話『届かぬゆびさき』今回は・・・ついにおふねひきです。良い祭りになればいいのですが・・・とか思ってたのが間違いでした。あまりにもいろんなことが起こり ...
3. 「夜桜四重奏ハナノウタ」最終話  [ 日々“是”精進! ]   2013年12月31日 06:32
  最終回「ハナノウタ。」お疲れちゃん。秋名は円神と対峙円神はあっちの世界で槇春と会っていると話し…宗家と分家が同じ力を持つ所以を語り始める本家に産まれた双子…持ってい...
4. 物語シリーズ セカンドシーズン 第26話 最終回 感想  [ 荒野の出来事 ]   2013年12月31日 07:07
 物語シリーズ セカンドシーズン  第26話 ひたぎエンド 其ノ陸 最終回 感想      次のページへ
5. [新]バディ・コンプレックス 第1話  [ 刹那的虹色世界 ]   2013年12月31日 08:23
[新]バディ・コンプレックス 第1話 『出会い』 ≪あらすじ≫ サンライズ(「境界線上のホライゾン」「ラブライブ!」)が贈るオリジナルバディロボットドラマ、堂々開幕! この出会いは、運命さえ変える。 都内の高校に通う渡瀬青葉は、何気ない日常を送っていた
6. 凪のあすから 第13話 届かぬゆびさき 引き裂き感想  [ アニメガネ ]   2013年12月31日 08:57
高くて、遠くて。
貝木の結末。 しかし、それは怪奇の結末ではない、衝撃の幕切れ。
8. 『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#26「恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸」  [ ジャスタウェイの日記☆ ]   2013年12月31日 09:21
「生きてりゃそのうち、いいことあるんじゃねぇのかよ」 地獄の沙汰も金次第… 「本当、もう嘘つき。みんなみんな本当に嘘ばっかり」 暦と戦場ヶ原が事故にあって死んだと嘘をつこうとした貝木だったが、 あっさりその嘘はバレてしまった… 足しげく撫子の元に通った
9. 革命機ヴァルヴレイヴ 第24話(最終回) 「未来への革命」 感想  [ ひえんきゃく ]   2013年12月31日 10:44
この作品らしい終わり方でしたね。 1期含め、もう少し何とかできなかったんですかね。 実にもったいない。 エルエルフの手によって、ドルシア総統が不死のマギウスだったことが明かされる。 だが101人評議会は瞬時に情報を統制、ハルトたちは敵の強大さを痛感する。
「私は一人でよかったのだ。世界など認識したくなかったのに」最終回にしてコンゴウの
11. バディ・コンプレックス 第1話(先行放送)「出会い」  [ 空 と 夏 の 間 ... ]   2013年12月31日 12:06
「境界線上のホライゾン」「ラブライブ!」のスタッフ制作のオリジナルバディロボットドラマ。 新作「バディ・コンプレックス」の第1話先行放送です。   この出会いは、運命さえ変える。 都内の高校に通う渡瀬青葉は、何気ない日常を送っていた。 夏休み明けの始業
12. 革命機ヴァルヴレイヴ第24話(2期最終回)『未来への革命』の感想レビュー  [ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]   2013年12月31日 12:54
ロボットバトルアクションとしてはめちゃくちゃ盛り上がって良かったですが、ストーリーの落とし所としてはまずいというより、盛り上げるだけ盛り上げてうやむやのまま終わったので消化不良だったような気がする最終回でした。 結局、最後生き残った人々のその後も断片的...
13. 凪のあすから 第13話 届かぬゆびさき  [ ゲーム漬け ]   2013年12月31日 21:08
幼い頃、まだ1人で地上に上がっては駄目と言われていたまなかは、海の向こうの、空の向こうの、太陽に憧れていた少女。 そんなまなかが、海の世界に憧れていた紡と出 ...
14. 物語シリーズセカンドシーズン 第26話 ひたぎエンド其ノ陸  [ ゲーム漬け ]   2013年12月31日 21:08
自分でも完璧だったと思う貝木の仕事ですが、撫子を騙す事に失敗。 騙すも何も、始めから貝木の事など信用していなかった撫子。 ここまで撫子が心を閉ざしているとは思って ...
蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ 第12話 「航路を拓く力」の感想です。 コンゴウの心の殻にたどり着くのは大変! 自分の核にふれさせまいと猛攻してくる姿はまさにラスボスでした。 記事の後半では「蒼き鋼のアルペジオ」全体の感想などを。 第1話を見終えた
16. 夜桜四重奏 -ハナノウタ- TokyoMX(12/29)#13終  [ ぬる〜くまったりと ]   2014年01月02日 00:43
第13話 ハナノウタ。 円神と対峙する秋名。あの世へ送る力の秋名とあの世から堕とす力の円神。あの世で槇春と会っている。かつて比泉の力は本家の長男しか受け継がなかった。ある日、双子が生まれた。宗家と分家が誕生した。二人の能力は、あの世へ送る力と堕とす力に分かれ
17. 物語シリーズセカンドシーズン 最終回「ひたぎエンド 其ノ陸」  [ 明善的な見方 ]   2014年01月02日 21:29
傾物語 第ニ巻/まよいキョンシー(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]『分かった、騙されてあげる♪』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 阿良々木暦:神谷浩史    羽川 翼:堀江由衣   戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和 忍野
巧偽拙誠―
19. 蒼き鋼のアルペジオ 第12話「航路を拓く力」  [ バカとヲタクと妄想獣 ]   2014年01月20日 23:24
戦艦って何? ってくらい大きくなって飛んでしまって合体までしたコンゴウさん。 超重砲も威力が恐ろしいことに。 艦隊戦→超兵器による能力バトル→まさかの肉弾戦 と、予想できない展開で進む最終話。 担当は、何気に尿酸値がやばいヨペチコです。
20. 【アニメ感想】革命機ヴァルヴレイヴ  [ R.U.K.A.R.I.R.I ]   2014年10月03日 23:27
真歴71年。宇宙都市「ダイソンスフィア」の開発により、総人口の7割が宇宙で暮らす時代が舞台。 世界には軍事同盟から発展した「ドルシア軍事盟約連邦」と、 貿易協定を拡大させた「環大西洋合衆国ARUS(アルス)」の二つの巨大な勢力があり、 その間にある中立の小国

この記事へのコメント

1. Posted by アニメ調査室(仮)   2014年01月05日 13:57
再び、失礼します
第31回2013年10-12月期終了アニメアンケートを始めてみました
結果発表は、2014/2/1予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい
2. Posted by 名もなき者   2014年01月05日 21:40
><物語>シリーズ セカンドシーズン

確かに少しあっけない決着でしたね。
好意的に解釈すると、それだけ撫子にとってはクローゼットの中身の衝撃が大きかったという事でしょうか。
狂った蛇神から、素の女子中学生に戻るくらいに。
すべてに自己完結して誰も見ていなかった、ゆえに騙すことも話し合いも成立しなかった撫子を振り向かせるくらいに。

かけがえのないものなど無いという話に関しては、貝木の掘り下げ的な部分も大きいと思います。
金の亡者でありながら金遣いが荒い理由とか、神原の母親や戦場ヶ原さんに失恋(戦場ヶ原さんへの想いが恋愛感情かは不明ですが)しても、前向きに生きる(ひねくれ者の詐欺師に対してこういう言い方をするのもなんですがw)理由だとか。
3. Posted by voler   2014年01月07日 12:06
>名もなき者さん
コメントありがとうございます!

貝木さんの長台詞は、中の人である三木眞一郎さんの熱演と相まってなかなかに良かったんですが、それだけに撫子さんが折れる瞬間はあっけなく感じてしまいましたね。
クローゼットの中身は引っ張ってきただけあって、ちゃんと決め手としてちゃんと活用されてましたね。放置されるんではないかと思っていた自分としては一安心でしたよw

“かけがいのないものなど無い”論議は、まさに貝木さんの生き様そのものを語っていたようなシーンでしたね。
普段は飄々としてつかみ所がなく、およそ信念なんて語りそうにないキャラなだけに、なかなかに熱かったです。
4. Posted by アニメ調査室(仮)   2014年01月25日 13:25
ご参加ありがとうございます。
データは確認させていただきました。
結果発表は、'14/2/1の予定です。
5. Posted by アニメ調査室(仮)   2014年10月05日 14:39
再び失礼します。
2014/7-9月期終了アニメアンケートを始めてみました。
結果発表は、11/1の予定です。
ご都合がつきましたらご参加ください。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング