2014年01月09日

おのれMXめ…(ノブナガンとかノラガミとか)

日曜にちょっとアニメ視聴サボると、一気に溜まっちゃうのは何とかならんのかな…。おのれMXめ…。
「バディ・コンプレックス」第1話の感想は、昨年末の先行放送の時に書いちゃったんで今回はパスです。


【最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 第1話(新番組)】
人気漫画のアニメ化。原作は未読。
これは典型的なエロコメ作品ですなあ〜。
亡霊さんとの乳繰り合いはTV放送していいのか?つーレベルだったと思います。
おもらし危機は「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」という前例があったので、それほどスゴイエロだとは思いませんでしたが。
ただ、ヒロインの義妹さんが甘えん坊タイプでもなく、反発タイプでもなく、クールタイプだったのはちょっと意外。おかげで妹属性ない自分にとってもそれほど嫌悪感を抱かず見ることができました。
…ただまあ、この作品の視聴はパスでいいかな。先に記したように典型的なエロコメでしかないと思いますしね(加えて言うなら、(これも先にも記しましたが)自分には妹属性無いですしね…)。


【生徒会役員共* 第1話(新番組)】
人気コミックのアニメ化作品第2期。原作はそこそこ既読。アニメ第1期は視聴済み。
アニメ1期は原作でさらっと流していた過激な下ネタ、エロネタを、過激さを減らしつつドヤ顔演出していたのを冷めた目で見ていたのですが、この2期も同じノリみたいですね…。
まあ、(これも1期と同じですが)期待せずに見るのなら、そこそこ楽しめるかな。
第1話では、柔道部での対決を無駄に動かしてましたね〜。ちょっとびっくりしてしまいましたよ。
あと、小見川千明さんの声を聞いたのも久しぶりでした。この人の声、嫌いじゃないんでもっとアニメに出て欲しいんですけどねえ…(この人は演技力がある方ではないし、むしろ棒演技に近いんですが、声に特徴があるんで愛することができる(?)棒演技なんですよねw)。
視聴は継続。ただ毎回の感想は書かない方向で。


【はじめの一歩 Rising 第12話〜第13話】
沢村戦と進化するデンプシーロールの巻。
沢村戦を一気に見せてくれたのはありがたかったですな。
一歩によるデンプシーロールのストップ・アンド・ゴーの描写はBGM効果も相まってなかなかに迫力がありましたね。
フルボッコされる直前の沢村の「訳が分からねえ」の台詞も、三木眞一郎さんの熱演もあって原作以上の効果がありました。
ただ、沢村の空振りの絵面は原作ではちょっとマヌケな構図に見えていたので、アニメでは動きによるフォロー入るかな?と期待していたのですが、原作のまんま描かれていたのは残念でした。
そして何よりも残念だったのは、河辺先生の一連のくだりを丸々カットしたことですね。…う〜ん、あそこは“カットしちゃダメだろ”レベルのシーンだと思うんですけどねえ。
おかげで沢村側のドラマがペッラペラで、ホントに一歩のデンプシーロールが進化した“だけ”の試合でしかなかったですよ。
…前々から感じてましたが、第1〜2期のアニメ版は“動き”という付加価値を加えて原作の良さを90〜120%ぐらい再現していたと思うのですが、今回の3期は毎回何かしらカットしてばかりで70%程度しか再現できていない気がしますね。


【聖闘士星矢Ω 第85話】
パラドクスさんとインテグラさんがアナザーディメンションで光牙くんらを召喚するお話。
今回一番驚いたのは、前回ラストの斬撃でパラドクスさんがお亡くなりになっていなかったことですねw
いやだって、前回のラストカットのアレは、どう見てもパラドクスさん死んでるって絵面でしょw
パラドクスさんとインテグラさんが合体技として旧作双子座の必殺技アナザーディメンションを繰り出した展開は、旧作ファンとしては中々に胸熱な展開でしたね。そのままガリアさんを倒してしまうかと思いましたよ。
…しかし、ガリアさんが星矢さんをご指名した時は“ついに星矢さんの主役回か!?”と期待したのですが……この作品ではとことん星矢さんはヘタレキャラですねえ。
片や戦友である氷河さんと瞬さんはエウロパさんを追い詰めているというのに…。
あ、もちろん氷河さん&瞬さんvsエウロパさんの戦いはどう転ぶか分からず興味深いので、次回以降期待ですね。


【軍師官兵衛 第1話(新番組)】
戦国武将では黒田官兵衛は一番好きな人物なんで、今回の大河は見てみようと思います(大河見るのは龍馬伝以来ですが)。
今回は官兵衛さんの幼少期のお話なのであまり書くことはないのですが、職隆さんをハメようとしていたのが敵対していた人間ではなく味方だと思っていた人物だったってところが、虚々実々の策略を駆使して生きた黒田官兵衛のエピソードらしくて良かったですね。
まあ冒頭の、北条勢が放った矢、鉄砲が官兵衛さんに当たらないシーンはどうかと思いましたがw(その後、開門して官兵衛さんを使者として迎え入れたにも関わらず、敵兵がずっと槍先向けていたのもアレでしたしね)。
あと、ボロ小屋でいきなりミュージカル始めた時はどうしようかと思いましたよw 最近の大河はこういうことするのか…。
しかし、竹中直人は相変わらず芸達者でスゴイなあ〜。冒頭の立派な秀吉の姿はともかく、信長に接近する際のボロ布をまとった姿の藤吉郎までやっていたのは、ちょっとビックリしましたよ。
小寺政職を演じた片岡鶴太郎は芸達者ってほどではないですが、いい味出してました。
次回予告で官兵衛さんはもう岡田准一になってましたが、成年するの早っ! 大河ドラマって、主人公の幼少期をもっとじっくりやる印象があったんですけどねえ…。


【ノブナガン 第1話(新番組)】
人気コミックのアニメ化。原作は未読。
この時間帯のアース・スター原作アニメということで、作画面ではあんまり期待していなかったのですが思いの外きっちり動かしてましたね。
主人公の“活躍”ではなく、“能力の発現”をクライマックスに持ってきた構成はお約束ながら悪くなかったです。
主人公の小椋さんは、冒頭のブラチラにちょっとときめいたものの(w)、現状では可もなく不可もなくという感じでした。
…ただ、中の人の棒演技はちょっとだけ気になったかな。第1話を見る限りだと許容できないほどではなかったですが。
切り裂きジャックさんは、元が元だけに周りの被害など考えずに大暴れするタイプかと思っていたのですが、小椋さんにさっさと退去するように言ってあげたりするあたり、それなりに常識人なのかな?
今後の視聴は半ば様子見ながらも継続。


【ウイッチクラフトワークス 第1話(新番組)】
学園ファタンジーコミックのアニメ化。原作はほぼ未読(最初数話のみ既読)。
う〜ん、「フリージング」もそうなんだけど、この手の“ヒロインに守られる主人公”は自分の性には合わないなあ。
つかさ、この手の主人公はなんで勝手にヒロインの事情を斟酌して相手を受け入れちゃうんだ? 
そりゃあヒロインにも事情がおありでしょうよ。主人公はお優しんでしょうよ。でも、主人公の事情や感情を鑑みないヒロインの行動なんざ“横暴”でしかないと思うんですよ。
例えば今回だって、主人公がヒロインさんを拒絶しそうになったのは、ヒロインさんが諸々の事情をまったく話さないところが原因だと思うんですが、物語的にそういったところをまったく言及せず、主人公がヒロインさんを勝手に理解し勝手に受け入れてしまうところを落とし所にしちゃうところが、見ていてイラッとくるんですよね。
ただ、第1話だけに作画は良かったですし、戦闘アクションやらヒロインさんの炎魔法の演出やらも悪くなかったです。
ラストで転校してきた魔女さんたちは、EDで出ていたのでやられ役とかじゃなくて一応はレギュラーキャラなのかな?
今後の視聴は様子見かな(正直、日曜のMXのこの時間帯はアニメ連続してるんで、この作品だけ切るつーのも損したような感じなんですよねえ)。毎回の感想は書かない方向で。


【スペース☆ダンディ 第1話(新番組)】
渡辺信一郎らが携わっているBONES制作のオリジナル作品。
SFアクションモノとして「カウボーイビバップ」とか「アウトロースター」みたいな感じの作品だと期待していたのですが……う〜ん、これは厳しいデキだなあ。
冒頭からメタフィクションのネタをかましてシラケさせた上、全体的にコメディとして見てもそれほど笑えないし、アクションシーンもそれほど燃えるようなシチュじゃない、と第1話の段階では正直、箸にも棒にもかからない状態でした。
まあ、転送が遅いというネタだけはちょびっとだけ面白かったですけどね。
今後の視聴については、スタッフの豪華さに望みをかけて様子見かなあ。一向に面白くならなかったら切っちゃいますが。


【ノラガミ 第1話(新番組)】
人気漫画のアニメ化作品。原作は未読。
主人公の言動やら設定やらの稚拙さはちょっと鼻につきましたが、ヒロインさんの“一見、純ヒロインタイプでお淑やかそうだけど、実は武闘派”というキャラは結構好きでしたね。
パンチラのさせ方も「夜桜四重奏」的(いわゆる、コマ送りで探すタイプ)で自分好みでしたしね。
ただ、冒頭で手切れとなっちゃったおカッパの和服美女(中の人が今井麻美さんのキャラ)さんは結構好みだったんですが、早々にいなくなっちゃったのは残念な限り。再登場とかしないんでしょうかねえ?
第1話を見た限りだと、主人公の言動の稚拙さというマイナス部分を、ヒロインのキャラというプラス部分が相殺している感じですかね。
今後の視聴は継続でいいかな。


【ノブナガ・ザ・フール 第1話(新番組)】
河森正治監督が手がけるSF戦国プロジェクトのアニメ作品(ただ、監督は河森氏ではない模様)。
ノブナガさんとミツヒデさんとヒデヨシさんが桃園の誓いみたいなことをやり出した時は、ホントにもうどうしようかと思いましたよw
ジャンヌ・ダルクさんを宇宙船に乗せた後、円卓の同志二人が速攻で仲違い始めていたのは笑いましたw
戦国モノにメカ持ち込む世界観も今となってはそれほど目新しいものではないし、キャラも目を引くような人物はいなかったので、この作品は視聴を打ち切っちゃってもいいかな。


【となりの関くん 第1話(新番組)】
人気コメディ漫画のアニメ化。原作はちょっとだけ既読。
横井さんの独り語りがメインな内容なだけに、彼女に花澤香菜さんを起用したことが大きく成功していますね。
おかげで横井さんが原作よりもずっとキュートなキャラに感じられました。
ただ、キャラデザは原作通りですが、原作通り過ぎてアニメ風なアレンジがまったくされていないのは意図してやってることなんでしょうかね?
一昔前の“漫画アニメ”のような、レトロな印象を受けてしまいましたよ。
尺の短い割に作画が不調だったことがちょっと気になりましたが、まあ動きで魅せる作品ではないので許容範囲内かな。
今後の視聴は継続。ただ感想は書かない方向で。


【ガンダムビルドファイターズ 第13話】
ガンプラで野球勝負の巻。
相変わらず作画も良好で、野球描写はそれなりに熱かったですが…。
前々から強豪と描かれていた相手とのサシでの勝負だっただけに、こんな変則的な試合ではなく純粋なバトルを見たかったなあ…。
というか、ガンプラバトルの大会なのに野球で負けて敗退しちゃった対戦相手さんですが、それで納得なのか…?
いやまあ納得しちゃってましたけど、それならガンプラじゃなくてずっと野球やってろよ、つー感じなんですけどねえ。
まあ、試合前に握手しなかった対戦相手さんとレイジくんが、試合後にちゃんと握手していたのは良い描写でしたけどね。
で、次回はレースですか? う〜ん、なんだか超人オリンピックみたいな感じになってますね。
純然たるバトル一本槍だと飽きがきてしまうのであの手この手でテコ入れしているってのは分かるんですが、自分がこの作品で見たいのはこういうもんじゃないんだけどなあ…。


【とある飛空士への恋歌 第1話(新番組)】
人気ラノベのアニメ化。原作は未読。「追憶」の劇場アニメは視聴済み(ただこちらも原作小説は未読)。
飛行機の形が、何かと話題のオスプレイみたいな形でしたね。いやまあ、あの可変翼自体は別に嫌いじゃないんですけどね。
ん〜、この作品も方向性見えてこないなあ。空戦冒険モノならそれなりに面白くなりそうな感じですが、学園モノになったら一気につまらなくなりそうな予感。
ちなみに、今回出会った自転車の彼女はヒロインさんなんでしょうか? だとしたらオーラ無いなあ…。
今後の視聴は様子見かな。視聴継続しても毎回の感想は書かないかも。


【そにアニ 第1話(新番組)】
ニトロプラスのイメージキャラクターが主人公のアニメ作品。関連ゲーム、音楽などはすべて未プレイ、未聴。
これも方向性が分からない作品ですねえ。
そに子さんに萌え萌えする作品なんでしょうが…現状ではそこまで萌え萌えさせるような要素は見当たらないですしねえ。
そに子さんがきょぬーでオツムがちょっとゆるいキャラだってのは分かりましたけどねw
バンド活動が物語のメインになればそれなりに面白くなる…かもしれませんが、そうはならないんだろうなあ(ライブとか楽器弾いてるシーンは、作画的にカロリー高いって言われてますしね)。
今後の視聴は未定。他アニメの視聴本数と鑑みて決めることにします。ただ、どちらにしろ毎回の感想は書かないと思いますが。


【弱虫ペダル 第13話】
合宿中の総北と、インタビューを受ける箱学の巻。
今回は箱学キャラの本格顔見せの回でもありましたね。
とはいえ、原作既読なんでそれほど注目するようなところはなかったんですけどね。
大胸筋に名前を付けている泉田くんは、原作読んだ時は“ちょっと変なキャラだな”程度でしたが、映像化すると変態度倍増になりますなw
合宿中の総北サイドについては、鳴子くんが今泉くんの給水ボトルを投げ捨てるあたりはやっぱり良いですね。
慣れ合うのではなく、とことんまで張り合う、という二人の関係が良く示されていたと思います。
また、練習中にインターバル取った小野田くんに、杉元くんが携帯食料渡していたシーンも印象的でした。
そうなんですよね。杉元くんは自慢しぃーですが、スネオ的な意地悪なヤツじゃないんですよねえ。


【ティーふらぐ! 第1話(新番組)】
人気コミックのアニメ化作品。原作は未読。
主人公が無駄に不良だったりする設定やら部員たちが属性とか言い出すセリフ回しやら、ところどころ稚拙さが鼻につきましたが、ギャグ作品としてのテンポは悪くなかったです。
個人的には、オチ担当で“土属性”とか言い出すんだったら、レンガでぶっ叩くぐらいやって欲しかったなあw
つか“属性”云々は今となっては別に目新しい言葉じゃないですし、それを今更ギャグとしても使っているのは“痛い”感じでした。それだけにその“痛さ”を吹っ飛ばすインパクトが欲しかったですね。
「弱虫ペダル」からの流れで、この作品の視聴は継続でいいかな。ただ毎回の感想は書かないと思います。


【東京レイヴンズ 第13話】
嵐の前の静けさ、という感じのお話。
今回のメインは春虎くんの迷いと十二神将全員の顔見せ、といったところでしょうかね。
今後の展開に備えて伏線張っている状態っぽいので特に記すべき感想はないのですが、黒バックに文字が出る演出は何なんでしょうかね…?
後半戦はああいうホラーっぽい演出でいくつもりなんでしょうか? 個人的には、いきなりあんなことやられてもなあ、という感じなのですが…。


【うーさーのその日暮らし 覚醒編 第1話(新番組)】
人気ウェブコミックのアニメ化作品第2期。原作コミックは未読。アニメ第1期は視聴済み。
りんさんとれんさんがリアル頭身になったのに合わせて、うーさーも着ぐるみ的なリアル体型になっていましたねw 一回目見た時は気づかなかったですよ。
つか、次回からはちゃんと従来通りの頭身に戻るってことでいいんだよな…?
今後の視聴は継続。感想は書かない方向で。


【ハマトラ 第1話(新番組)】
メディアミックス作品のアニメ版。コミックス版は未読。
岸誠二監督作品ということで、地味に期待していた作品だったりします(とはいえ、岸監督作品だと「DEVIL SURVIVOR 2」などの(自分的には)失敗作もあるので、過大には期待してませんけどね)。
作品の感じとしては、ライトな雰囲気の「Darker Than Black」といった感じですかね。主人公陣がチャラい感じでもあることから「ゲットバッカーズ」な感じもちょっとするかな。
“特定条件下で異能力を発揮できる”という設定はまんま「Darker Than Black」ですが、自分としてはこういう設定はツボだったりするので個人的には“アリ”ですね。
主人公の能力は明かされませんでしたが、ヘッドフォンして能力を発動したことから“音を遮断すると、超高速で動ける”あたりでしょうかね。
主人公二人はコンビの探偵らしいですが一緒に行動しているほとんどシーンはなかったので、作品としては“コンビ”であることは強調せず、様々なキャラを入り乱れさせる群像劇な方向性なのかな?
第1話の内容としてはそれほど目を惹かれるような要素はありませんでしたが、エピソードとしては小ぢんまりとしながらも綺麗にまとまっていたので悪くなかったです。
ただまあ、オチはそれほど面白いものではなかったですし、清純そうなゲスト女性キャラが裏で富豪の愛人やっていたというエグい設定なんかも評価分かれそうなところでしたね(自分としては許容範囲内でしたが)。
そういや事件としては連続女子大生誘拐事件だったはずですが、誘拐された他の女子大生はどうなったんでしょうかね?
パターンとしては、ハズレだとわかった瞬間に開放されるか殺害されるかのどちらかになるかと思うのですが…どちらになるかでこの作品の“色”が明確に分かるんじゃないかと期待したのですが、描かれていなくて残念。
今後の視聴は継続でいいかな。眼鏡キャラ枠のコネコさん目当てで見続けようと思います。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 12:14│Comments(0)TrackBack(17)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. あなたは何属性?^^  [ マイ・シークレット・ガーデン vol.2 ]   2014年01月09日 12:43
食物連鎖! 久々雨が降りました〜 *新番組*『ディーふらぐ!』 第1話 風間一派だ! 自称不良の風間堅次。 どこが不良なんだ?好いヤツじゃん^^ そんな主人公が廃部寸前のゲーム製作部に無理矢理入部させられる第1話。 絵柄はそんなに好みじゃないなぁ〜なんて...
2. 「東京レイヴンズ」第13話  [ 日々“是”精進! ]   2014年01月09日 15:01
  第13話「BlackShamanASSAULT-法師-」「さて…始めるかの」角行鬼は道満のところへ。動くのか?と訊ねる。春虎は北斗と夏目の夢を見て、目を覚まし…夏目のことが気になり、講義に身...
3. 新大河ドラマ「軍師官兵衛」第1回  [ 日々“是”精進! ]   2014年01月09日 15:02
  第一回「生き残りの掟」1590(天正18)年、小田原。天下統一を目前にした豊臣秀吉の大軍が、最後の敵、小田原城を包囲していた。死を覚悟で抵抗する敵を降伏に導いたのは、軍師・黒...
4. ハマトラ TokyoMX(1/07)#01新  [ ぬる〜くまったりと ]   2014年01月09日 17:27
File-01 コロンブスの卵 公式サイトから“ミニマム”−−それは、「小さな奇跡」とも呼ばれるごく限られた人間にのみ先天的に発現する特殊能力。 その能力を身に付けた者は“ミニマムホルダー”と呼ばれる…。2014年横浜。ナイスとムラサキのコンビ探偵“ハマトラ”は、事務
5. ディーふらぐ! 第01話 「風間一派だ!」  [ バカとヲタクと妄想獣 ]   2014年01月09日 17:54
花澤声あわねええええええええええええええええ 闇のとこの演技も迫力不足すぎだし… まぁ慣れるだろうけど
6. ハマトラ #1  [ 桜詩〜SAKURAUTA〜 ]   2014年01月09日 18:23
【コロンブスの卵】 今期8作品目です! 
7. とある飛空士への恋歌 第一話「旅立ちの島」感想!  [ くろくろDictionary ]   2014年01月09日 20:14
とある飛空士への恋歌 第一話「旅立ちの島」 なんだか面白そうだったので。 イスラと聞いて「はたらく魔王さま」のエンテ・イスラを思い出した…。
8. [新]ノラガミ 第1話  [ 刹那的虹色世界 ]   2014年01月09日 20:43
[新]ノラガミ 第1話 『家猫と野良神と尻尾』 ≪あらすじ≫ 黒いジャージにスカーフ姿の“夜ト”は、祀られる社の一つもない貧乏でマイナーな神様。自分の社を築くべく、自分の携帯番号を街なかやトイレの壁に書き込み、賽銭〈5円〉で人助けをする、自称“デリバリーゴ
9. 『ハマトラ』#1「コロンブスの卵」  [ ジャスタウェイの日記☆ ]   2014年01月09日 21:19
「2つじゃない。もともと1つだったんだよ、この事件」 白衣に眼帯してるキャラが気になって視聴☆ ふむふむ、レシオというのか〜しかも声がゆうきゃん。 って、そのほかも声優さんが豪華なんだが、 どうやら主人公格はOPを見てもナイスとムラサキのコンビ探偵“ハ
10. 弱虫ペダル RIDE.13 今泉と鳴子の1000km 目標感想  [ アニメガネ ]   2014年01月09日 22:12
頼れる背中になるために。
11. 東京レイヴンズ #13「Black Shaman ASSAULT -法師-」  [ MAGI☆の日記 ]   2014年01月09日 22:14
東京レイヴンズの第13話を見ました。 #13 Black Shaman ASSAULT -法師- 合宿の帰りのバスから夏目が北斗だったのではないかという疑念を抱く春虎だが、夏目本人に尋ねることができずにいた。 「私、嫌われちゃったんでしょうか?」 「もし本気でそう思ってるなら
12. ガンダムビルドファイターズ 第13話 「バトルウェポン」 感想  [ ひえんきゃく ]   2014年01月09日 23:11
まさかの野球回(笑) 面白かったけど、これってどうなの!? 世界大会は第3ピリオドに突入。 その内容は、大会主催者側が用意したオリジナルウェポンのみを使用し、 1対1で戦うというものであった。 用意された武器がなにかは、バトルが始まるまでわからない。
13. ハマトラ 第1話 感想 - 面白くなりそうかなという予感はした第1話  [ ひそか日記 ]   2014年01月10日 07:02
ハマトラ 第1話 「コロンブスの卵」の感想です。 第1話ということで簡単に。 何人の女と寝てんだよ !? ってのが一番気になったところだったり。 誘拐された女性と,今回護衛対象になったアズサを合わせ,大富豪の黒崎氏は最低でも8人の女性と関係があったってことか
14. そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- 第1話 「がんばりまうsよ〜♪」  [ 破滅の闇日記 ]   2014年01月10日 22:14
SONICONICOROCK Tribute To VOCALOID(通常盤)(2012/02/08)すーぱーそに子商品詳細を見る  ボーカロイドの仲間かと思っていました。ニトロプラスのマスコット・ガールのようです。常時装着しているヘッドホンが、トレードマークでしょうか。WIKIで調べてみると、触れな
15. 東京レイヴンズ第13話の感想レビュー  [ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]   2014年01月11日 11:22
北斗が夏目かも?とドキドキしてしまう春虎が可愛い、嵐の前の静けさ回でした。 後半戦突入でOPとか変わるのかな?と思っていたけど、そうでもなくてちょっと寂しい(´・ω・`) 北斗に惚れてましたカミングアウト→夏目の事が好きと言っているようなものなわけで、異様に意
16. 東京レイヴンズ 第13話「BLACK SHAMAN ASSAULT-法師-」  [ 空 と 夏 の 間 ... ]   2014年01月11日 20:40
夏目が北斗なのではと気づいてしまった春虎。 夏目も春虎に本当のことを告白するか悩んで、二人はぎくしゃくする… そんな中、蘆屋道満が、鴉羽を狙って動き出す!  
17. パンツに釣られたんじゃないから「ノラガミ」  [ Anime in my life 1号店 ]   2014年01月20日 21:24
今期は筆者の好物のロリキャラが大豊作で、録画メモリの整頓が追い付かず嬉しい悲鳴をあげています。 しかし、それはあくまで私事のお話。純粋に作品の完成度という見地に立つとオススメはコレでしょう。 毎季二三作は存在する玉石混交の「神様モノ」で、久々に世界に

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング