2014年02月03日

サボれなかった…(中二病でも恋がしたい!戀とかキルラキルとか)

【東京レイヴンズ 第16話】
陰陽庁による双角会掃討作戦の巻。
今回の目玉であるジャッキーさんと石田さんの対決は、攻守が二転三転してそれなりに面白かったですね(ただ、相変わらず戦いのロジックがいまいち把握しきれていないので、その“面白さ”は目が離せないってほどじゃないんですよねえ…)。
一方、鏡さんは大友先生と道満さんの戦いの様子を春虎くんから聞き出していましたが、あんなに熱心に問いただしていたのは意外でしたね。
彼のキャラなら意趣返しのため大友先生が弱っているかどうかは気になっても、その戦い内容なんかには無頓着だと思っていたんですけどね。


【ハマトラ 第4話】
拳銃密輸事件(?)と似ている二人の巻。
乙女のトイレを勝手に掃除するって、えらくハイレベルなプレイだなおいw そのセンスはちょっと気に入ったわw
つか、最後にコネコさんをお姫様抱っこしているキグルミ、ちょっとそこ代われ!w
本編の話内容としては、それほど書くことはないです。
ただでさえ内容が薄味だってのに、これ以上キャラ増やしてどうすんの?って気がしましたけどね。
しかし、この作品の犠牲者って決まって少年少女ばっかだなあ…。


【中二病でも恋がしたい!戀 第4話】
生徒会長選挙に立候補する丹生谷さんの巻。
第1期から含めて、1、2を争うほど面白かったお話でしたね。
ちゃんと起承転結できてましたし、お話に絡んでいたキャラたちもちゃんと必然性あって関わっていましたしね。
ラスト、モリサマーさんが映し出された大スクリーンをバックに、凸守さんが電波な演説はじめた絵面は、カルト教団のそれを連想してしまい、ある意味ぞっとしてしまいましたよw
…しかし、今回の話が面白ければ面白かっただけに、この作品のある弱点が浮き彫りになっていたように感じられました。
まあ弱点つっても個人的に勝手に思っていることではあるんですが、六花さんと勇太くん以外のサブキャラとの関係性の薄さはこの作品のウィークポイントだと思ってるんですよね。
例えば、今回のお話なんか六花さんはまったく出番無かったですよね。
六花さんメインのお話だと勇太くん以外の他キャラは必要なくなり(むしろ邪魔)、逆に他キャラの主役回だと今度は六花さんの方がまったく必要なくなっちゃうんですよね。
いまさらですが、六花さんを勇太くんだけでなく(勇太くん抜きで)他のキャラともっと絡ませるべきだと思うんですよね。
(凸守さんとはいつもつるんでますが、あくまで中二設定上の関係がメインで、素の“小鳥遊六花”として付き合っているという感じでは無いですしね)


【いなり、こんこん、恋いろは。 第3話】
うかさんの兄が現れたり、うかさまがいなりさんの兄とフラグを立てたりするお話。
前回ラストの引きから、今回はもっとシリアスな展開になるんじゃないかと思っていたのですが、シリアスになり過ぎない寸前でギャグを入れたりと、非常にバランスよく構成された回だったと思います。
しかし、前回あたりから薄々は感じてましたが、うかさんはもっと落ち着いた大人な女性だと思っていたのですが、見かけや物腰よりも心はずっと乙女なキャラですなw
乙女ゲームをやってしまったことから、地上の男性を誤解してしまった(のかな?)彼女ですが、渡されたものがBL系のものじゃなくてヨカッタヨカッタw


【凪のあすから 第17話】
要くん復活の巻。
1クール目の時はそれほど感情移入できなかったキャラの要くんですが、今回の彼はちょっと同情しちゃいますな。
目が覚めたら、想い人は成長していて、地上の友人と内縁同然の関係ですからね…。
まあ一方で、さゆさんに対しては1クール時から変わらずの女性の扱いの上手さを発揮してましたけどね。
なんだよ、同情して損したよ。死ねイケメン!……とか思いませんでしたよ。ホントですよ。
しかし、お茶の用意をする際、紡くんとちひろさんの行動で二人の親密さを表現していたのは見事でしたね。
この作品、テーマがテーマだけにこういう描写は抜かりなく上手いよな〜。


【のうりん 第4話】
害獣対策と林檎さんの笑顔の巻。
上記のように、話は害獣との戦い(?)から林檎さんの笑顔に内容が変わっていきましたが、前半と後半の関連性がなかったことにちとビックリでした。
てっきり前半で捕らえた猿を、後半、林檎さんを笑わせることに使ってくると思っていたんですけどね。
まあそれはともかく、前半の害獣対策のくだりは一応農業ものっぽかったかな。


【Wake Up, Girls! 第4話】
元I-1クラブ所属の真夢さんの主役回。
徐々に仕事が増えていくWUGさんらでしたが、悪徳記者(?)さんが注目していたのは真夢さんのみ(正確にはI-1クラブ脱退時の真相)で、社長に追い出されていましたね。
でもまあ、フツーに考えればぽっと出の新人アイドルグループよりも、国民的アイドルグールプのスキャンダルの方に世間の関心が行くのは当然の流れですよね。
新曲をオーダーする際の会話内容から察するにWUGメンバーは歌も踊りも素人レベルっぽいですし、夢とヤル気だけはあっても、そんなもん赤の他人にはまったく価値の無いものですしね。
つか、社長さんは真夢さんに向けられている“世間の関心”を逆手に取り、それを話題作りのため利用するぐらいのアコギさを発揮するんじゃないかと思ったんですけどね〜。
金持ち逃げした前科があるので責任感なんてゼロでしょうし、所属アイドル一人一人を大事にしている様子もそれほどないですしね。


【キルラキル 第16話】
総集編かと思ったら、まったくそんなことはなかったお話。
やれやれ総集編か、これで一週感想サボれるな…とか思っていたんですが、まったくそんなことはなかったですねw
つか、ほんとにアバンで終わらせるとは思いませんでしたよ。しかしこれで作画スケジュールによる総集編の時間稼ぎが使えなくなっちゃいましたが…大丈夫なんでしょうかね? まあ残り話数から考えると大丈夫なのかな。
あと、新OPEDへの差し替わりましたが、ずっとこのままで行くと思っていたので嬉しいサプライズでした。
OPは対立する流子さんと皐月様がやがて共闘することを期待させるもので(交わることはできなくても、並び立つことはできる、みたいな感じで)、EDの方はどう見てもうーさーのその日暮らしなテイストでしたねw
んでもって本編内容としては生命繊維の設定バラしの回でしたが、こういう大風呂敷の広げ方は嫌いじゃなかったですね。ただまあ、説明聞いていて、いの一番で連想したのはゲッター線でしたがw
「鮮血は仲間殺しのために作られたのか!?」と憤慨する流子さんでしたが、鮮血以外で意思を持った極制服(または神衣)は登場していなかったので、そういう発想になっちゃうとは意外でしたね…。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 23:30│Comments(0)TrackBack(10)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 生命戦維の秘密  [ マイ・シークレット・ガーデン vol.2 ]   2014年02月04日 09:20
省エネ! 帰宅するまでが修学旅行だ!w 『キルラキル』 第十六話 女はそれを我慢できない いきなり総集編!?今?@@; と思ったらアバンだけでした〜^^; 鮮血と心が繋がり共闘関係にある流子と違って、 皐月は純潔を着こなすのに大きく消耗していました。 流...
2. 「中二病でも恋がしたい!戀」第4話  [ 日々“是”精進! ]   2014年02月04日 15:31
  EpisodeIV「無垢なる…生徒会長選挙」生徒会選挙にでることになった丹生谷を邪魔する凸守。そんな凸守を大人しくさせようと丹生谷は色々画策する。そこへやってきた七宮から丹生谷...
3. のうりん 第4限 君が見せた笑顔 再生感想  [ アニメガネ ]   2014年02月04日 20:07
リスタート。
4. Wake Up, Girls! テレ東(1/31)#04  [ ぬる〜くまったりと ]   2014年02月04日 20:24
第4話 スキャンダル 公式サイトからテレビに続いて短い放送時間ながらもラジオの冠番組も決定。更には2曲目の制作にも取り掛かることになり、一歩ずつ順調にアイドルとしての道を歩み始めた WUG。だが、その活動の様子が徐々に世間に広まっていくにつれ、アイドルとして復
5. Wake Up, Girls! 第4話「スキャンダル」  [ 空 と 夏 の 間 ... ]   2014年02月04日 20:29
真夢がI-1を辞めた過去に迫る第4話。 スキャンダルの真実を確認しようと取材が来る。 WUGは、元I-1の真夢で話題性になるって酷いね… もう一度アイドルを目指そうとした真夢 真夢が引きずる過去の事件が気になりますね。  
6. 『キルラキル』#16「女はそれを我慢できない」  [ ジャスタウェイの日記☆ ]   2014年02月04日 21:52
「我々人類が、服に!選ばれたんだよ」 いきなり鮮血の声で総集編が始まったと思ったら、アバンでまとめてしまったぜ; 1クールをたった1、2分でまとめるだなんて、早口だったしすごい力技(苦笑) 『キルラキル』も後半に入ったということで、OP&EDが変わりました
7. のうりん 第4話 「君が見せた笑顔」 感想  [ ひえんきゃく ]   2014年02月04日 23:23
林檎と死んだ土を絡めたエピソードは良かったですね。 ギャグもいいけど、こういう真面目な話も見たかったのでよかったです。 ある日、大切に育てていた畑を何者かに荒らされる事案が発生! 目撃証言から犯人を割り出したところ、どうやら猿が侵入していることが わか
8. アニメ感想 14/01/30(木) 凪のあすから #17  [ ニコパクブログ7号館 ]   2014年02月05日 02:34
凪のあすから 第17話『ビョーキなふたり』今回は・・・要が帰ってきました。なんも変わってないですね。そら、本人は寝てただけだもんな。ちさきのこと好きなのも変わってないよ ...
「がんばれ森夏、ドリームズカムトゥルーだぞ!」また丹生谷の病気が始まったか!生徒会長選立候補。しかも凸ちゃんが丹生谷を慕って付き従う!やっぱりこの二人のドタバタがあってこその「中二病」デース。
10. 中二病でも恋がしたい!戀第4話『無垢なる・・・ 生徒会長選挙』の感想レビュー  [ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]   2014年02月06日 11:09
真のモリサマー回キマシタワー!!(;゚∀゚)=3ムッハーな、生徒会選挙回でした。 個人的に天使モードな森夏もアリだな…!と思えてしまった自分のセンスにツッコミを入れたい所ですが、全校生徒の前で中二病カミングアウトとか、ヘタしたらマジ泣きして登校拒否レベルかもしれませ.

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング