2014年03月04日

色気がなくなった…?(WUGとか劇場版モーレツ宇宙海賊とか)

【東京レイヴンズ 第20話】
夏目さんが北斗さんの正体を明かそうと思った矢先、春虎くんの方の正体が明かされちゃったお話。
ラブ方向に行くかと思った矢先、とんでもないおじゃま虫さんが現れてしまいましたね。
ラスト、夏目さんはお亡くなりになったみたいですが、受けたのは羽っぽい攻撃でまったく致命傷には見えなかったので、もうちょっと“あ、こりゃ死んだわ”的な攻撃にしておいたほうが分かりやすかったですね。


【うーさーのその日暮らし 覚醒編 第8話】
アイマスコラボ回の巻。
ただ単にアイマスキャラ出すんじゃなくて、ちゃんと千早さんの誕生日に合わせたネタだったのが素晴らしい!
そういや宮野真守さんと今井麻美さんはシュタゲのコンビだったなあ。
シュタゲネタは1期の時にやってたけど、1期は声優ネタ無かったからな…。


【中二病でも恋がしたい!戀 第8話】
モリサマーの成り済ましが現れるお話。
結局のところ、丹生谷さんと凸守さんはラブラブってことでいいのかな?
百合属性がない自分としては、ふーん、程度の感想しか抱きませんでしたけどね…。
つか、中二病はなんだか特殊能力っぽい扱いになってましたが、中二病的イメージ映像だけを見せるんではなく、1期の時みたいに“実際はこうなってます”的な描写を入れて欲しかったですね。
中二病は客観的視点が入ってこぞギャグになるんであって、中二病的世界をそのまま見せても意味も無いと思うんでけどね。
ただ、六花さんと七宮さんがクルッと回ってチェンジするシーンは可愛らしかったですね。 


【いなり、こんこん、恋いろは。 第7話】
劇で丹波橋くんの相手役を引き当てた(と思っていた)いなりさんの巻。
冒頭でお姫様役を引き当てたいなりさんですが、トントン拍子に事が運びすぎていると思っていたら案の定…という感じでしたね。
ただ、精神的に落ち込んで役を降りかけるが、持ち直して役を成り遂げる、というパターンかと思っていたので、ホントに役を降りてしまっていたのは意外でした。


【凪のあすから 第21話】
目覚めたまなかさんと、周囲の反応の巻。
ついに目覚めたラスボス、ということで、まなかさん本人のことがどっぷり描かれる(時を経て目覚めてしまったことへの戸惑い等々)と期待していたのですが、今回もこれまで同様にまなかさん本人ではなくその周囲の人々の反応がメインに描かれてましたね。
その点はちょっと肩透かしを食らった感じかも。
ただ、ぬくみ雪にはしゃぐまなかさんは、なんとなく無理しているような感があったので、彼女メインのお話は今後あるんでしょうね。
シュークリームの件は象徴的…というにはあからさますぎでしたねw
やっぱり、頭数から外れたちさきさんと紡くんはくっついちゃうんだろうなあ。
ちさきさんにショタ属性でもあれば、中学生の姿の要くんにもまだ勝ち目はあるんでしょうがw


【のうりん 第8話】
熟女嬲りのお話。
ベッキーさんの容姿は(アニメ的美化が多分に入っているものの)フツーに見たら充分二十代といっても通用する外見ですよね。
ただ、今回のお話に限り要所要所で美化を取っ払った年齢を感じさせる外見になっていたのが、良くも悪くも印象的でしたねw
ちなみに一連のベッキーの描写で一番エロいと思ったのは、練乳ちゅうちゅう吸っていたところでした。
教室で小学生とか貧乳とか足とか言っていたシーンでは、もっと大事なもの(メガネ)があるだろうに…と思ってました。


【Wake Up, Girls! 第8話】
アイドルに対しての意識の違いからギクシャクし始めるWUGの巻。
早坂さんが悪いやつじゃないのは前々から薄々分かっていましたが、I-1のプロデューサーさんの方もそれほど悪いやつじゃない(つか“まともな大人”)っぽいですね。
I-1プロデューサーは厳しさだけを強調した描き方をされていたので、“悪役”をやっちゃうのかとも思っていたんですけどね〜。
レッスン中に「頑張ってるのに…」と呟いた夏夜さんを早坂さんは叱っていましたが、この流れ、描写は悪くなかったです。むしろ良かったです。
ただ、その直後に練習時間が少ないと続けて叱っていましたが……え、それをアイドル本人に言っちゃうのは筋違いなんでないかい?
レッスンも含めてアイドルのスケジュール管理って、普通はマネージャーやらプロデューサーやらがするもんだと思うんですが…。いやまあ、アイドルのお仕事事情なんてよく知りませんけどね。
個人的には、トップアイドル経験者である真夢さんと素人同然の他のメンバーとで、能力的にも精神的にも差が生じ始めていたのは悪くない展開でしたね。


【キルラキル 第20話】
敵の只中、純潔を着せられる流子さんと脱出する皐月様の巻。
やさぐれて暴走している流子さんが、羅暁さんらにいいようにあしらわれるってのは予想出来ていました。
ただ、純潔着て悪堕ちしちゃったのは予想外でしたね。
羅暁さんが着たり流子さんを悪堕ちさせたりと悪いイメージが定着しつつある純潔ですが、かつては皐月様の一張羅だっただけに、もっと格が高く、鮮血と同等格の存在であってほしいんですけどねー。
なんかこの流れだと純潔の存在自体が“悪”となってしまいそうで、ちょっと心配。


【ホビット 竜に奪われた王国(映画)】
原作未読。前作も未視聴。
ぶっちゃけ、事前情報まったく調べていなかったので、この作品が指輪物語関連のものだとも、前作があるとも知らずに見てしまいました。
ただまあ指輪物語の大枠はある程度知っていたので、何とかなりましたけどね。
ストーリーはうだうだやってる感じであまり好きではないですし、何よりも非常に切りの悪いところで終わっているので、ちょっと評価できないところでした。
ただ、エルフの村でのオークらとの戦闘や、終盤のドラゴンの圧倒的な存在感などは見応えがありましたね。
特にドラゴンに関しては、D&Dなんかをやっていた身としては、あの尊大さ、大迫力のブレスなど「そうそう、これこそがドラゴンだよ!」と唸ってしまいそうな純ファンタジー的なもので、かなりテンション上がってしまいましたよ。


【ゲームセンターCX THE MOVIE(映画)】
“なんでこんな地雷確定の映画見に行ったの?気でも狂ったの?”とか言われたら、一言も反論できないところですね、ハイw
ケーブルテレビで通常放送はちょくちょく見ていたのですが、この劇場版のマイティボンジャック攻略のくだりが、ほぼまんま通常放送の映像を編集したものだったのは頂けませんでしたね〜。
ぶっちゃけ、この映画で有野出演の新規映像ってほとんどなかったんじゃなかろうか…。
で、新たに付け加えられた過去の中学生パートですが、すべてが台無しになってる酷いラストは、いかにもファミコン少年の物語って感じでしたねw(褒めてますよ、一応w)
過去パートで登場している様々な懐かしい映像、モノなどは、ちゃんと当時を再現しようとこだわって作られているのが分かり、それらのことを知っている世代としては嬉しかったですね。


【モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE −亜空の深淵−(映画)】
原作は未読。TVシリーズは視聴済み。
う〜ん、思ってたよりあまり面白くなかったなあ。
内容が茉莉香さんやら弁天号クルーやらヨット部メンバーやらのお話というわけではなく、基本、ゲストキャラである無限彼方くんの物語で、茉莉香さんらはあくまで彼に手を貸している、というポジションだったので、茉莉香さんらの活劇を期待していた自分としては物足りないものでした。
また、話の中心人物である無限彼方くんが魅力的なキャラならまだ楽しめたのかもしれませんが、正直、彼のキャラもドラマもテンプレ的なものでしかなくあまり見応えを感じませんでしたね。
あと、ヨット部のメンバーが結構活躍していたのですが、自分としてはこれもちょっと頂けないところなんですよね〜。
今に始まった話ではなくTVシリーズ後半あたりから感じ始めていたことなのですが、たかだか学生でしかない彼女らが百戦錬磨の海賊である(はずの)弁元号クルーを差し置いて活躍するって状況にどうにも違和感を抱かずにはいられないんですよ。
逆に、一介の学生に見せ場を奪われるって、弁天号クルーはどんなに無能なんだよ?って思っちゃったりしますし…。
ヨット部の方が女性キャラばかりなので出せば視聴者に喜ばれるのは分かりますが、あくまで能力的には、弁天号クルー>>>>>>>ヨット部メンバー、という風に描いて欲しかったですね。能力がなくてもキャラ立てや見せ場を作ることなんて、いくらでも可能だと思いますしねえ。
あ、あとキャラデザの微妙な変更は、やはりちょっと気になりましたね。
なんというか…TVシリーズでは、女性キャラの言動にそこはかとない色気(悪く言えば“媚び”)があったように感じられていたのですが、それがまったくなくなったという感じ…かな?
まあガッカリ変更だったのは確かでした。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 23:30│Comments(0)TrackBack(26)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. のうりん 第8限 クッキングババ チワチワ感想  [ アニメガネ ]   2014年03月05日 05:57
熟れたてフレッシュ(大嘘)
2. 『キルラキル』#20「とおく群衆を離れて」  [ ジャスタウェイの日記☆ ]   2014年03月05日 09:33
「仲間殺しのために作られた戦争兵器は鮮血じゃねぇ。 この私だったんだ」 鮮血を二度と着ないと突き放す流子。 そのかたくなな態度はマコが間に入っても崩れず… そこに針目縫&羅暁っぽい者が現れ、流子を挑発し本能字学園に導く。 明らかに罠と分かるものだったが
3. のうりん TokyoMX(2/28)#08  [ ぬる〜くまったりと ]   2014年03月05日 10:52
第8話 クッキングババ 継の夏休みの予定を知りたい良田。帰省はしないと聞いて、皆で海に行こうよ。そんな良田の乙女心に反応して現われたのは、 一人神だった。リア充はいねぇか・・・。立ち向かう継、ヤックルじゃないけれど山羊が乗れと言う。見事に一人神を討ち果たし
4. ホビット 竜に奪われた王国  [ Akira's VOICE ]   2014年03月05日 11:54
開幕してすぐピーター・ジャクソンがニンジンかじってるよ!w  
5. ホビット 竜に奪われた王国  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2014年03月05日 11:59
ここは佐渡島かよ 公式サイト。原題:The Hobbit:The Desolation of Smaug。J・R・R・トールキン原作、ピーター・ジャクソン監督。マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・ア ...
6. 映画「ホビット 竜に奪われた王国」@よみうりホール  [ 新・辛口映画館 ]   2014年03月05日 12:54
 今回私はYahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれた。客入りは大混雑の満席。3D字幕版で映画は上映された。
7. 「中二病でも恋がしたい!戀」第8話  [ 日々“是”精進! ]   2014年03月05日 13:05
  EpisodeVIII「偽りの…精霊聖母」修学旅行から帰ってきた二年生達。しかし、学校に来てみると緊急事態が発生していた。なんと凸守が本物のモリサマーと会ったというのだ。それを聞...
8. 劇場鑑賞「ホビット竜に奪われた王国」  [ 日々“是”精進! ]   2014年03月05日 13:06
「ホビット竜に奪われた王国」を鑑賞してきました2D字幕版を。「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督が、その前日譚を描いたJ・R・R・トールキンの児...
9. のうりん 第8話「クッキングババ」  [ のらりんすけっち ]   2014年03月05日 14:30
何だこの馬鹿回はwww 先週との落差がありすぎ^^; これぞのうりんクオリティなんでしょうね。 パロというかパクリ?も絶好調。 ついに小学生は最高だぜ!にも手を出してきたか^^; ばいんばいん好きVSちっぱい好き! そして耕作は足フェチだった^^;^^; ベッキーの
10. ホビット 竜に奪われた王国 IMAX-HFR3D/イアン・マッケラン  [ カノンな日々 ]   2014年03月05日 15:32
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台に描かれたJ.R.R.トールキンの冒険小説「ホビットの冒険」をピーター・ジャクソン監督が実写映画化した『ホビット』シリーズ3部 ...
11. 中二病でも恋がしたい!戀第8話『偽りの・・・ 精霊聖母』の感想レビュー  [ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]   2014年03月05日 19:42
およ、偽物のモリサマーって新キャラなのかよw回でした。 というか、男だったら完全に警察沙汰だった気がしますが、実害無しの百合ストーカーだからギリギリセーフぐらいかしら。 美人さんなのに、残念な性格してますのうw 常識的に考えれば、早苗が本当に森夏の事をモ...
中二病でも恋がしたい!戀 第8話「偽りの…精霊聖母(モリサマー)」 六花たちが修学旅行に行ってる間に こっちはこっちで変化があったと。
13. ホビット 竜に奪われた王国  [ だらだら無気力ブログ! ]   2014年03月05日 20:40
相変わらずドワーフ達13人の区別がつかねぇ!
ついに本物のモリサマーが降臨・・・って丹生谷の立場は?結局丹生谷と凸守が最高のナイスカップリング!ということだったわけで。
15. 『ゲームセンター CX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』 2014年2月14日 アキバシアター  [ 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) ]   2014年03月05日 21:02
『ゲームセンター CX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』 を試写会で鑑賞しました。 本日の映画マラソン3本目!(これで終了) 【ストーリー】  1986年、ゲームをこよなく愛する少年ダイスケ(吉井一肇)は、クラスメ−トのクミコ(平祐奈)にひそかに思いを
16. のうりん 第8話 「クッキングババ」 感想  [ ひえんきゃく ]   2014年03月05日 22:12
今回はベッキー回でしたが、これは酷い(笑) 見た目は可愛いのに中身が残念すぎる! 今日も元気な耕作達2年A組担任教師ベッキー(アラフォー)。 物の怪化して生徒達を追い回したり、調理実習で傍若無人な授業をしたりと いつも通りのやりたい放題。 地元で開かれる
17. 苦い涙 と 反逆の牙  [ マイ・シークレット・ガーデン vol.2 ]   2014年03月05日 22:39
砂漠化! 皐月さま、何を着てもカッコイイ! 『キルラキル』 第二十話 とおく群衆を離れて 私は人間じゃない 生命戦維のバケモノだ!! 流子の叫びに「おかしいよ いつもの流子ちゃんじゃないよ!」と訴えるマコ。 しかし、 いつもと違ってマコは流子を言いくるめ...
18. アニメ感想 14/02/27(木) 凪のあすから #21  [ ニコパクブログ7号館 ]   2014年03月06日 02:37
凪のあすから 第21話『水底よりの使い』ついに目を覚ましたまなかですが・・・なんか元気過ぎます。今まで心配してたのがアホらしいくらい元気です。成長したちさきを見ても、な ...
19. あの星を目指すのか?【アニメ Wake Up, Girls! #8】  [ 腐った蜜柑は二次元に沈む ]   2014年03月06日 14:42
劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD](2014/02/28)不明商品詳細を見る アニメ Wake Up, Girls! 第8話 波乱 見つめる先はそれぞれにあって―
20. その他アニメの感想(各8話中心)  [ 刹那的虹色世界 ]   2014年03月06日 22:36
その他アニメの感想(各8話中心) 個別に記事化しなかったアニメの感想です。 ・ノブナガン 第8話 ・となりの関くん 第8話 ・ディーふらぐ! 第8話 ・うーさーのその日暮らし 覚醒編 第8話 ・未確認で進行形 第8話 ・サムライフラメンコ 第18話 ・のうりん
21. [映画『『ホビット 竜に奪われた王国』を観た(もはやメモ書き)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2014年03月07日 16:25
☆安定した面白さ。  世界大戦の「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズに比べ、それでもスケールが大きいと言える竜退治の物語は、中つ国の描写を丹念にしていて、世界観が広がる。  主人公のビルボは、優等生のフロドに比べ、今風の三枚目で、現代にあっている。  ...
22. [映画『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2014年03月07日 16:25
☆面白かった。  私、この映画で題材にされていゲーム『マイティ・ボンジャック』には、アクションゲーム下手なれど、かなりのイイ線まで進めたこともあり、思い入れが深い(いまだに持っています)。        この副題「1986 マイティ・ボンジャック」と言う..
23. Wake Up, Girls! #8  [ 桜詩〜SAKURAUTA〜 ]   2014年03月08日 03:37
【波乱】 Wake Up, Girls! 5 初回生産限定版 [Blu-ray]エイベックス・マーケティング(2014-07-25)販売元:Amazon.co.jp いつも感謝!ですね〜♪ 
マコの自前エコーも届かず。COVERSを倒しはするものの新生ヌーディストビーチとは交わらない。自分はバケモノだ!完全に流子グレてしまいましたね。 単騎で鬼龍院羅暁および針目縫を倒しに向かいます。盗んだバイクで走りだす〜。しかも思いっきり族車です。まあ悪趣味なのは
25. 中二病でも恋がしたい!戀 Episode VIII 「偽りの…精霊聖母(モリサマー)」  [ バカとヲタクと妄想獣 ]   2014年03月09日 01:54
大門ダヨ 修学旅行から帰ってくると・・・ 凸守の様子がおかしい
26. ホビット 竜に奪われた王国(2D 字幕版)  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2014年03月09日 15:07
監督:ピーター・ジャクソン 出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ 、ベネディクト・カンバーバッチ、オーランド・ブルーム、エヴァンジェリン・リリー 【解説】 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にしたJ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング