2014年09月18日

失敗した“新ルパンスタンダード”(映画るろ剣とか映画ルパン三世とか)

【白銀の意思 アルジェヴォルン 第11話】
昇進するさんとジェイミーさんと、無礼講するススムくんの巻。
ジェイミーさんの魅力? そんなもん言わなくたって分かってるだろうに。(って、MHさんところと同じこと書いちまったぜ)
メガネジェイミーさんとサシで恥ずかしい秘密の暴露合戦。羨ましいですな〜。
もしメガネじゃなかったら、おととい来やがれ状態ですけどね。
後半はススムくんのお姉さんのお話になっていきましがが、これでアルジェヴォルンの中にはお姉さんの身体(もしくは魂)が入っている、とかいうオチなら、ガッカリですけどねえ。それどこのエヴァ、もしくはM3だ?ってかんじですし。
お姉さんが、隊長さんも手に負えないぐらいのマジキチマッドサイエンティストだった、とかだったら、ちと面白いんですけどね。


【東京喰種トーキョーグール 第11話】
金木くん奪還作戦の巻。
真戸さんが亜門さんに残した教えが「狡猾であれ」だったので、二人組のグールにそういう手を使うかと思いきや、フツーに勝っていたのはガッカリでしたね。
んで、拷問を受ける金木くんですが……原作の掲載誌が青年誌なんでジャンプ的王道にならないのは、まあ納得はしているのですが……それでも金木くんはそろそろ覚醒して強キャラになって欲しいところなんですよねえ。
ぶっちゃけ、見ていてストレスばっかり溜まっているので…。


【残響のテロル 第9話】
やっぱり足を引っ張るリサさんの巻。
リサさんを助けたいあまり、核爆弾の所在を白状してしまうツエルブ。
今回の描写でリサさんとくっつくのは二人の内、ツエルブの方であることがほぼほぼ確定したと思いますが、このカップリング(w)はちょっと意外でしたねー。
いや順当な組み合わせなんですが、順当過ぎなので逆にナインとくっつくかと思ったんですけどねー。(彼のあのツンデレが氷解するような感じで)


【アオイホノオ 第9話】
自分の隠された野生に期待して、アニメ作りを始める焔くんの巻。
冒頭、編集者に褒められて天に登る気持ちになった焔くんですが、この時の飛んでる描写はなかなかに凝っていて面白かったです。
ただ、ストーリー向けと言われた焔くんですが、焔くん=島本和彦と考えると、本人も言ってるようにストーリー作品よりギャグ作品向けの人だと思うんですけどねー。
島本センセはストーリー性のある作品も数多く書いてますが、自分で作った設定を自分で茶化したり突っ込んだりする癖があるので、先を踏まえた伏線などを描くことを得意としていない印象なんですよね…。あくまで個人的印象ですが。(勝手な推測ですが、そういった設定を公表した時点で、島本氏の目線は作者視点ではなく、読者視点になってしまっているのではないかと推測)
エンディングで、実際のワンダーマスミを見ることができたのは嬉しかったですね。


【ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第25話(最終回)】
ハイプリエステス戦の後半と、エジプト上陸の巻。
潜水艦脱出直前のサインの確認では、“パン・ツー・丸・見え”で意気投合するポルポルさんと花京院が面白かったですw つか、あのサイン考えついた鳥山明は偉大だなあー。
基本的に原作の流れそのままなので、特に言及するところはないのですが、地上でピクピクしていたミドラーの服装が原作基準だったのは残念。
原作者が考えた格ゲー版の衣装にするぐらいのサービスはしてほしかったところ。(ただ、それをやろうとすると版権的にカプコンが絡んでくるので、許可が難しいのかな)
スージー婆さんとの会話で〆るアニオリ部分は、まあ悪くなかったかな。
作品総評としては…。
デキ自体はまったく悪くない、むしろ上質と言っていい作品でしたが……。
自分としては、視聴前から感じていた不安が現実のものとなっちゃいましたね…。
第3部は原作自体が、襲い掛かってくる敵を倒して進むだけの展開なので、映像化したら冗長になるのではないかと思っていたのですが、まさに、案の定、という感じでした。
第3部連載当時は“スタンド”という概念が新しかったので、それを使ったバトルを見るだけで楽しかったのですが、その後「ジョジョ」の作品としての知名度が上がっていったのと反比例して“スタンド”という存在の新鮮さが薄れていってしまったので、今第3部を見ると展開一つ一つ、ちょっと物足りないように見えてしまいましたね。
加えて、第1部、2部と違ってストーリーに劇的な変化がない、敵が総じて小悪党ばかりで、第2部のワムウのような“立った”キャラがいない、という点もマイナス要因になってる気がしますね。
むろん、これらはアニメスタッフのせいなどではなく、原作自体の欠点なのですが…。(むしろ、アニメスタッフは第1〜2部同様に充分頑張っていたと思います。)
第2期はいよいよディオとの対決なので、もちろん見るつもりではありますけどね…。


【Persona4 the Golden ANIMATION 第10話】
ぼくのマリーの巻。
ぶっちゃけゲームの「Golden」の方はやってないので、マリーさん関連イベントがどういったものなのか分からないのですが、スキー旅行から直でマリー奪還話に行っちゃうと思わなかったですね。
また、主人公らの前に立ちはだかるのはマリーさんではなく、ラスボスであるイザナミだと思ったのんですけどねー。
それとも、この後2話ほど残ってそうなので、マリー説得後、イザナミさんが満を持して登場するのかな?


【ソードアート・オンラインII 第11話】
キリトさんの名推理(w)の巻。
デスガン殺人の種明かし(なんだろうな、アレが)がされた回でしたが、キリトさんの超推理があまりにも突飛&杜撰過ぎて何だかなーという感じでしたね。
推論に推論を重ねて、挙句の果てに聞いているものの不安を煽る手法は、MMRのキバヤシさんを連想してしまいました。
ぶっちゃけ、シノンさんを恐慌に陥れることで、自分にすがらせるさせるという“落とし”のテクニックにも見えてしまいましたよw


【ALDNOAH.ZERO 第11話】
味方本拠地を襲撃してきた敵本拠地を襲撃するお話。
ん〜、何だかあらから様にクライマックスへの“巻き”に入ってますねー。
ぶっちゃけ、終盤への盛り上がりがちゃんと積み重ねられているのなら燃えるんでしょうが、そういう感覚も無かったので、非常に冷めて見ていてしまいました。
個人的には装甲車を運転していた侍女さんのあんよが、ブレーキやアクセルに届いていたのかどうかが非常に気になりましたけどねw


【少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49- 第11話】
仲間割れをするハリウッドさんたちの巻。
言っちゃえば、アイドルやるならスルースキルや煽り耐性は必須、というお話でしたねw
前回までのテレビ出演の後に、こういう話を持ってくるとは思いませんでしたよ。
こういう話自体は、アイドルものとしてはお約束ですが、やるんなら前々回のテレビ営業活動に絡まて展開するもんだとばかり思っていたんですけどねえ。
なので、自分としてはここ1、2話でそういった“鬱のヤマ”は越えたと思って安心していたので、今回のこの展開はちょっと意外でした。


【戦国BASARA 第10話】
天海さんこと明智さんの企み、サクッと終了ーの巻。
うわっ、ショボ! なんだこの尻すぼみな展開は!?
結局、信長復活しないのかよ?
つか、ここまでお膳立てして来たんなら、ちらっとでも、させろよ復活。
もしかして、若本さん呼ぶ予算がなかったとか? 
旧作劇場版との比較という意味で、ちょっとは楽しみにしていたんだけどなあ。なんだかなー、もー。


【るろうに剣心 伝説の最期編(映画)】
前作は視聴済み。もちろん原作漫画も既読。
前作と比べると、アクションの割合がちょっとだけ減った感じですかね?
そのため、(許容範囲内ながらも)全体的に僅かに冗長に感じてしまいましたね。
前作ラストで登場した福山雅治は、予想通りの比古清十郎で、さすがに“生きていた坂本龍馬”では無かったですw
福山雅治の出番を増やすためか、比古清十郎との修行シーンはちょい長め。
一方で、薫殿と弥彦らの出番は前作以上に少なめ。
十本刀に至っては、ネットでの情報通りに一部のキャラ以外は出番はほぼ皆無でしたね。
(ただ、これは尺の都合もあるだろうし、個人的には変に十本刀の出番を増やして、薫や弥彦に倒されるシーンとか入れられるよりはまだマシなので、これはこれで仕方がないかと)
総評としては、前作引き続きアクション映画として上手く原作ストーリーを再現していたと思います。
ただ、あまりにも原作の内容を断片的に散りばめ過ぎていて、原作と切り離して映画単体として見た場合、どうなのかな?と思うシーンも多々ありましたね。
(1作目からストーリーが原作と違えて作られているので、自分としてはこの一連の映画を、原作の“付属作品”ではなく“派生作品”と捉えています)
自分のような原作既読組からしたら、そういった原作再現シーンにどういう意味が込められているのか何となく分かってしまうのですが、原作未読(もしくはそれほど知識がない)の人からしたら、思わせぶりで未消化な描写ばかりが続く映画、という印象を抱くかもしれないなあ、と思ってしまいました。
あと、原作と違い前々作では登場しておらず、前作からのぽっと出の登場である蒼紫の存在は、剣心との因縁の描写が薄いため、最終決戦にまで絡んできた際にちょっとだけウザく感じてしまいました。
…あと、どうでもいいことですが、剣心が指名手配された際、(原作カラーとはいえ)彼にあの目立つ赤い着物を着せた恵さんは、なかなかのドSだと思いましたねw


【ルパン三世(映画)】
金と時間のムダと知りつつも見てきましたよ。(これとマーニーのどちらを見るか迷ったのですが、話題性というところでこっちを選択w)
ネットで散々叩かれていたので、どんなに酷い作品なのかと期待して(w)視聴したのですが……内容自体は思っていたよりも普通のデキでしたね。
イミフな電波な部分、監督の脳内でしか理解できないような説明不足の部分、目に余るようなご都合主義な部分などはそんなになく、フツーにアクションものとして楽しめました。
…ただ、スタッフの“ルパン愛”の無さは、見ていてヒシヒシと感じましたね。
まず、いわゆるルパン以外のシリーズ登場キャラ(次元とか五右ェ門とか)の出番や活躍シーンが思ったよりも少なく、多少性格改変もされているため、“従来のルパンキャラの活躍を見たい!”という欲求を満足させてくれる内容になっていません。
その上、次元や五右ェ門を差し置いて、映画オリジナルキャラの活躍シーンが意外に多く描かれているんですよね。
オリキャラはオリキャラでべつに構わないんですが、そっちばかり前面に押し出されても、こっちはイラッとしかこないんですよね。だって、こっちとしては「ルパン三世」を見に来ているわけですから。
………勝手な推測ですが、おそらくは監督さんは、アニメとは別軸の、実写映画シリーズ化に向けての、新たな“ルパンスタンダード”を作りたかったんじゃないかと思うんですよね。
だから、従来のルパンキャラよりも、今後シリーズ化する際にレギュラーとなりうる映画オリキャラを多く登場させ、重点的に描いちゃったと思うわけですよ。
べつに、自分としても“未来永劫ルパン三世はこうでなければならない!”とか言うつもりはないですし、時代の経過によりシリーズ内容がどんどん変化していくのはやむなしだと思ってますよ。
それでも、そういった変化は、従来のルパン作品への敬意の上で行われなきゃいけないと思うわけですよ。
敬意が無く、変化のみ押し付けられても、こっちとしては“んなもん、他の作品でやれ!”としか思わないわけですよ。
そしてこの作品には、その従来作品への敬意というものが、まったく欠けていました。
なので、従来のルパン作品にそれなりに愛着を抱いている自分にとっては、制作側が打ち出している(であろう)“新ルパンスタンダード”が、非常に不快なものにしか映りませんでしたね。
…現在、ぼろっクソに酷評されているこの映画ですが、先に記したように内容自体はマトモなので(面白いとは言いませんが)、「ルパン三世」としてではなく、普通に“小栗旬のアクション映画”として作ったほうが、世間からもっと正当な評価を受けたんじゃないかと思うんですよね。
まあ、それだとこの映画へ足を運ぶ観客は大幅に減っちゃうでしょうけどね。自分も見に行かなかったと思いますし。


【LUCY/ルーシー(映画)】
人間の脳を100%を使ったらどうなるか?ということを描いたアクション映画ってことでいいのかな?
中盤までは、覚醒した女主人公さんがマフィア(でいいのかな?)をバッタバッタとなぎ倒すシーンが続いてなかなかに爽快でした。
ただ、中盤から終盤に向けて話が哲学的な方向に向かい始めてからは、その哲学描写とマフィアとの銃撃アクションとの間にアンバランスさを感じてしまいましたね。
ぶっちゃけ、終盤のアクションなんて、とりあえずルーシーさんがマフィアらを皆殺しにした後、学者さんらに協力すればいいじゃね?と思ってしまいましたし。
制作者側が描きたいこと(哲学描写)と、エンターテイメント性(銃撃アクション)を両立して描いたが、その両方がうまく融合していなかった、という印象でしたね。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 23:30│Comments(0)TrackBack(21)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

見据えるべきは現実。
2. 雨上がりの満月 観覧車にて  [ マイ・シークレット・ガーデン vol.2 ]   2014年09月19日 08:02
Gremzキーワード:リサイクル 今週のスーパームーン見ましたか〜? 『残響のテロル』 #9 HIGHS & LOWS 柴崎と羽村は「アテネ計画」の真相を知る人物 青木宗太を訪ねます。 命が惜しければ黙って帰った方が良いと言う青木ですが、 ふたりは引き下がらずボイスレコ...
3. 劇場鑑賞「るろうに剣心伝説の最期編」  [ 日々“是”精進! ]   2014年09月19日 16:48
「るろうに剣心伝説の最期編」を鑑賞してきました和月伸宏の人気コミックスを佐藤健主演で実写映画化し大ヒットした「るろうに剣心」の続編にして完結編を、前後編2部作で描く時代...
4. るろうに剣心 伝説の最期編  [ Akira's VOICE ]   2014年09月19日 16:54
魂の消耗戦。圧巻!  
5. るろうに剣心 伝説の最期編/佐藤健  [ カノンな日々 ]   2014年09月19日 17:14
和月伸宏さんの人気コミックスを佐藤健さんの主演で実写映画化し前後編2部作で描く時代劇アクション大作映画の後編でありかつ待望の完結編。最凶の敵である志々雄真実との最終決着 ...
6. 『るろうに剣心 伝説の最期編』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年09月19日 17:17
□作品オフィシャルサイト 「るろうに剣心 伝説の最期編」□監督 大友啓史□脚本 藤井清美、大友啓史□原作 和月伸宏□キャスト 佐藤 健、武井 咲、青木崇高、蒼井 優、大八木凱斗■鑑賞日 9月13日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★
7. るろうに剣心 伝説の最期編  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2014年09月19日 22:47
まさかのオールスター・ゾンビ・バトルロワイアル 公式サイト。和月伸宏原作、大友啓史監督。佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、土屋太鳳、田中泯、宮 ...
8. 『るろうに剣心 伝説の最期編』  [ こねたみっくす ]   2014年09月19日 23:06
進化するアクション、劣化する脚本。 まさか前作を超えるチャンバラアクションが見れるとは思いもしませんでした。そしてまさか前作以上に原作へのリスペクトなど微塵もなしにス ...
9. LUCY ルーシー  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年09月20日 09:19
 『LUCY ルーシー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)スカーレット・ヨハンソンとモーガン・フリーマンが共演するというので、映画館に行ってきました(注1)。  本作(注2)は、類人猿が水辺で水を飲んでいるシーンから始まります(注3)。  そして、10億年前に...
10. 「るろうに剣心 伝説の最後編」☆迫力の船内バトル  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2014年09月20日 09:41
「伝説の最後編」が始まる前に、なんとか「京都大火編」を観ておいて良かった!!(現在、両方上映中) 豪華キャストが勢ぞろいで、どの役もとにかくカッコイイ♪(ん?京都大火編と同じ感想だわ〜笑)
11. 『るろうに剣心 伝説の最期編』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2014年09月20日 11:15
後半戦。 前半で話が全然進まなかったけどどうするのかと思ったら、かなり大胆なアレンジに。 十本刀は他と衣装が違うだけの雑魚キャラに。 まあ時間がないから仕方ないわな。 ...
12. るろうに剣心 伝説の最期編  [ だらだら無気力ブログ! ]   2014年09月21日 17:55
相変わらずアクションシーンは圧巻。
13. ルパン三世  [ だらだら無気力ブログ! ]   2014年09月21日 17:55
なんか薄っぺらい感じでイマイチやったな、これなら宝塚歌劇団の『ルパン三世−王妃の首飾りを追え!−』の方が面白そう。
14. LUCY/ルーシー  [ だらだら無気力ブログ! ]   2014年09月21日 17:55
何か思っていたのと違う内容だった。
15. [映画][☆☆☆★★]「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2014年09月21日 18:56
 「ハゲタカ」「竜馬伝」の大友啓史監督、「仮面ライダー電王」の佐藤健主演。和月伸宏の人気コミック「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」を原作とする、実写映画化第2弾、及び第3弾にして完結編。日本政府転覆を企てる志々雄真実一派と、剣心の宿命の戦いを描く。 いき
16. るろうに剣心 伝説の最期編  [ にきログ ]   2014年09月21日 21:52
さて、京都編後編も見てきたので感想を 原作既読うろおぼえな人の感想です あらすじ 海を漂流し流れ着いたところを、剣術の師匠である比古清十郎(福山雅治)に助けられた緋村剣心(佐藤健)。その後剣心は、山中で居を構え陶器作りに励む師匠に対し、飛天御剣流の奥義
17. るろうに剣心 伝説の最期編 : ありがとう、剣心!  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2014年09月22日 20:33
 広島カープ、今日の負けで奇跡の逆転優勝はなくなりましたね。でも、このリベンジはCSできっちり果たしてほしいものです。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。
18. 『るろうに剣心 伝説の最期編』 最期を迎える伝説とは?  [ 映画のブログ ]   2014年09月23日 07:31
 【ネタバレ注意】  アクションシーンになると寝てしまう私にとって、アクション映画は鬼門である。  それでも好きだから観に行くけれど、登場人物がただ銃を撃ってばかりの映画や、殴り合いが単調に続く映画や、カットが短すぎて何をしているかよく判らない映画だと
19. るろうに剣心 伝説の最期編  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年09月25日 21:15
 『るろうに剣心 伝説の最後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)前編の『京都大火編』の出来栄えが素晴らしかったので、後編もと期待して映画館に行ってきました。  前編の最後で、志々雄(藤原竜也)の一味が操る軍艦から突き落とされた薫(武井咲)を追って海...
20. 「るろうに剣心〜伝説の最期篇〜」  [ ここなつ映画レビュー ]   2014年12月18日 12:42
「カッコいい…」そう思って思わず涙がこぼれてしまった。後にも先にも、役者のカッコ良さに本当に涙がこぼれたのはこの作品だけだ。「心の中で涙がこぼれた」とか「身悶えした」とかは数あれど…。多くは語りません。でも本当にカッコ良かったです。涙がこぼれたのは、京か
21. るろうに剣心 伝説の最期編  [ のほほん便り ]   2015年07月07日 08:02
和月伸宏の人気コミック「るろうに剣心」シリーズの完結編。原作でも人気の高いエピソード「京都編」を映画化し、「京都大火編」「伝説の最期編」として連続公開する2部作の後編。日本征服を狙う志々雄真実(藤原竜也)を止めようと戦う緋村剣心(佐藤健)だが、志々雄配下の

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング