ゴーバスターズ

2013年02月17日

何度も見てるから(ゴーバスターズとかたまこまーけっととか)

【聖闘士星矢Ω 第42話】
闇のコスモを発動させた光牙さんを、ユナさんが鎮めて先に行かせるお話。
闇のコスモにより四天王の一人を一撃で屠った光牙くん。
それで自我を保てるんだったら、もうあいつ一人でいいんじゃないか、状態になるんではないかと思いきや、アモールさんによってあっさり暴走状態にされてしまいましたね。
その光牙くんを救ったのはユナさんの不思議パワーですが、この展開は彼女がまるでヒロインのようですねw
つか、その不思議パワーはちゃんと後付で説明があるんでしょうかね…?


【特命戦隊ゴーバスターズ 第50話(最終話)】
亜空間においてのエンターさんとの最終決戦。
陣さんの本体がヒロムくんの身代わりになるのは予想通りですが、本当にあのまま死んじゃうとは予想外でしたね。
何からの救済措置はあるかと思っていたのですが…。
ただ、以前Jが言った「この世界は面白い」という言葉を活かしていたのは見事でした。
エンターさんの最終決戦については悪くはなかったですが、一度目の亜空間決戦、クリスマス決戦と比べると、ちょっと盛り上がりに欠けた気がしましたね(おそらくは亜空間がちょっと空に異常があるだけで、基本的に普通の廃工場とほとんど変わらないせいでもあった気がします)。
また、エンターさんはエスケイプさん絡みで人間性が僅かに出ていたので、それに則して最後に何かしら行動するんじゃないかと期待していたのですが、普通に倒されちゃたのはちょっと拍子抜けでしたね。
作品総評としては…。
テーマやモチーフに限って見れば、これまでの戦隊シリーズの中でそれほど特色ある作品だとは思いません。
…が、すんごく面白かったです。
ぶっちゃけ、これまで見た戦隊シリーズの中では1、2を争う面白さでした。
何よりも、伏線の張り方、拾い方、活かし方がめちゃくちゃ上手かったですね。
上記した最終話でのJの言葉なんかもそうですが、作品の根底設定を活かしたクリスマス決戦なんかは特に熱かったです。
これまでの戦隊もののパターンであった、怪人戦→ロボ戦、というパターンをうまい具合に崩していたのも良かったですし、全体の構成としても、物語半ばで敵本拠地に乗り込み、敵ボスを倒してしまうという展開も新鮮でしたね。
(それだけに、上記にも書きましたが、エンターさんの最後の扱いをもうちょっと凝ってくれたら、言うことなしだったんですけどね)
あと、近年の戦隊ロボは合体に合体を重ねすぎて、巨大化した怪人よりも大きくなっていることが多くなっていましたが、この作品では上記のパターン崩しのこともあり、ロボの合体が比較的抑えられていたところも評価したいところですね。
次の戦隊は恐竜がモチーフのようですが……戦隊もので恐竜って何度目だ?
千葉繁さんの「こんな奴らは見たことない」というナレーションを聞くごとに、「いや、この時間帯で何度も見てるから」とツッコミを入れてしまうのは自分だけでしょうか?w


【ラブライブ! 第6話】
リーダーは誰だ?の巻。
何をやっても安定のにこさんオチでしたねw
いやでも、“天然キャラを演じているが素はお淑やかかな純情少女”というキャラを演じようとしたにこさんには、ちょっとプロ魂を感じないでもなかったですw
ラストのライブシーンは、ちゃんと以前よりレベルアップしている感じがしていて、なかなか良かったです。


【琴浦さん 第5話】
これまでの鬱憤を晴らすかのように森谷さんイジりのお話。
いや、上で「イジり」って書きましたが、半分イジメに近かったような…。
個人的には、これまで自分の能力とそれに伴う他者からの偏見(?)で悩んできた琴浦さんが、森谷さんの家のことを笑いものにするのは、ものすごくデリカシーがない描写だと思うんですけどね…。
“森谷さんの家は笑ってしかるべきところなんだよ、笑っても偏見とかじゃないよ”っていう描写をしっかりした後ならまだしも、それ抜きであんな描写を見せられちゃったら“琴浦さんは他者を出自や家のことで笑いものにする人間”(もっと言ってしまえば、琴浦さんを拒絶した人たちと同レベル)としか思えませんぜ…。


【キューティクル探偵因幡 第6話】
因幡父の登場と、誕生日を迎える荻野さんの巻。
因幡父さんについては、よくある定番のセクハラキャラでしたが、この作品内では珍しく女性に対して積極的な男性キャラなので、今後も夏輝さんにおさわりしてほしいところですw
つか、器のキャラが杉田智和さんで、中身キャラが子安武人さん、というキャスティングは、絶妙なのか分かりにくいのか判別つかないところでしたw


【たまこまーけっと 第6話】
商店街を盛り上げるため、お化け屋敷を企画するたまこさんの巻。
人魂と血まみれのサラリーマンは何らかの見間違えかと思っていたのですが、意図して行われたものだったのは意外でしたね。
ちなみに、お化け屋敷が有料だったのか無料だったのか、ちょっと気になりましたw(まあ普通なら、商店街で買い物をしたら入場券が貰えて…みたいなパターンなんでしょうが、ここでは無料っぽいですね)
また、地蔵がオチに何らかの形で絡んでくるかと思ったのですが、まったくのスルーだったのも意外でした。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月11日

ハッピーエンドが嫌いという訳ではないのだが…(琴浦さんとかキューティクル探偵因幡とか)

【聖闘士星矢Ω 第41話】
魚座アモールさん登場の巻。
余裕綽々なアモールさんはなんつーか、まさにザ・石田彰キャラって感じでしたね!
冗談なんだかマジなんだか分からない感じでユナさんに迫っていたのも、なかなかいい味を出していました。
でも、マルス四天王とか安っぽい敵を出すのは、さすがになんとかしてほしかったかな〜。


【特命戦隊ゴーバスターズ 第49話】
エンターさんを亜空間に引きずり込むお話。
エンターさんのバスタースーツ形態は、予想通り格好良かったですね〜(古くはジャンパーソンに対するビルゴルディなど、こういうのは後発の方が格好良いってのは定番ですからね)。
エンターさんを亜空間に引きずり込むため、基地の格納庫に押しこむくだりはエヴァっぽかったですね〜。
ただ、人間サイズの時は無敵な強さを誇ったエンターさんが、ロボ戦であっさり力負けしちゃっていたのは、ちょっと拍子抜けでしたが…。


【仮面ライダーウィザード 第21話】
吹っ切れるフェニックスさんの巻。
凛子さんとのくだりは、退場フラグではなく、恋愛フラグだったか〜!
凛子さんは凛子さんで、相手がフェニックスだったことに驚いていましたが…基本ファントムなのは知っていて接したのですから、そんなに驚くようなことじゃない気もしましたが…。
一方、ベルゼバブにボロ負けしたことから、新たな力を得る晴人くん。
新しいギミックを得たことから、また新フォームか?と期待していたのですが、単なる全フォーム分身だったのにはガッカリでしたね。


【ラブライブ! 第5話】
新メンバーとしてロリキャラが加入、ついでに部室もゲット!なお話。
筋金入りのロリキャラアイドルのにこさんは、穂乃果さんらにアイドルのなんたるかを語る彼女でしたが、逆に年上の人が演じるロリキャラっぷりを見せつけられた穂乃果さんらの心情はいかばかりのものか?…という感じでしたねw
メンバーのキャラ付けについて言及したのは、リアルな感じで面白かったです。
でも全員で「にっこにっこにー」の練習をしても意味が無いような…w


【イクシオンサーガ DT 第17話】
イクシオン研究所で、いろいろ実験台にされる紺くんの巻。
研究所の所長は小山力也キャラか…と思わせておいて、コナンネタだったのは笑いましたw
それを抜きにしても、質問の受け答えシーンはなかなか面白かったので、ショタ所長さんは今後も出てほしいキャラでしたね〜。


【琴浦さん 第4話】
琴浦さんを追いかける真鍋くんと、謝罪に現れる森谷さんの巻。
う〜ん、この作品は琴浦さんを貶める(追い詰める)描写はリアルで丁寧なんですが、反面、彼女を救い上げる描写は大雑把で乱暴で、ご都合主義的展開ばかりなんですよねえ。
なので、今回の展開もあんまり楽しんで見ることができなかったです。
…鬱な話が好きだとか、ハッピーエンドが嫌いだとではないんですよ、一応。
ただ、琴浦さんの過去、設定をあんな重いものしちゃったんにしたんだから、彼女が救われる展開についてもちゃんと丁寧に描いて欲しいんですよね。
例えば今回のお話で言うならば、森谷さんの和解については、いきなり森谷さんが現れて謝るんではなく、森谷さんが謝りに向かうまでの葛藤をきっちり描くべきだったと思うんですけどね…。(でないと、先に述べたようにご都合主義すぎる)
また、それに「相手に考えが筒抜け」というシチュエーションについても、主役陣内では軽く扱われ過ぎ、主人公陣外では重く扱われすぎ、な気もするんですけどねえ…。
真鍋くんが琴浦さんを受け入れるのはまあ当然だとしても(でないとお話が成り立ちませんからねw)、琴浦さんの能力を拒絶するでもなく、全面的に受け入れるわけでもない、冷静な視線を持ったキャラが一人ぐらい欲しい感じですね。
この作品の感想はとりあえずは今回まででいいかな。視聴は続けるので、気が向いたら感想は書きますが。


【キューティクル探偵因幡 第6話】
美少女天才博士の登場と、慰安旅行のお話。
前半はキメラと見せかけて、外見まんまヤギの登場ってのは笑いましたw
最後、優太くんとのメールを同僚らに冷やかされていたノアさんでしたが、優太くんは一応男扱いなのか…w
後半は、温泉旅館でヴァレンティーノファミリーと因幡探偵事務所の面々が温泉や卓球勝負などで和気あいあいと過ごすという内容。
旅館に着いた早々、ヴァレンティーノファミリー女性陣はいわゆる“ガールズトーク”を始めましたが、この作品でこういうシーンを拝めるとは思いもよりませんでたよ。
個人的には、温泉でのロレンツォさんのタオルと、身体は文句ナシなのに肝心の顔が残念状態のガブリエラさんとかが面白かったですねw


【たまこまーけっと 第5話】
臨海学校と二人に想われるたまこさんの巻。
みどりさんの想い人がたまこさんだったのには、ちょっと驚きでしたね(それを匂わせる描写は以前にもありましたが、作品の雰囲気からこういう風に明確に百合なスタンスを出してくるとは思わなかったので)。
途中までは、もしかして想い人はもち蔵くんの方かも…とか思っていたんですけどねw
どちらにしろ、もち蔵くんとみどりさんが全面戦争にならず(一応の?)の和解をして終わったので、まあ一安心でした。
個人的には、今回はもち蔵くんの妄想を聞いていたデラさんによる再現寸劇とかが面白かったですw


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(20)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月03日

メガネスキーに喧嘩売ってんのか?(ラブライブ!とかキューティクル探偵因幡とか)

【聖闘士星矢Ω 第40話】
実は沙織さんのストーカー狂信者だった山羊座イオニアさんとの対決。
イオニアさんが沙織さんのことを盲信しているのは、まあ良いでしょう。
沙織さんに言われてパライストラを設立したっていうのもOK。
マルス側についた理由も、彼の価値観が、沙織さん>>世界、というなら理解できないことはないです。
でも、幼少のころに一目惚れして、ずっと見守っていた、という設定はどうなのよ?
こんな設定おっ立てちゃったら、サガの乱やポセイドン編、ハーデス編の時、このオッサンは何やってたのよ?って話にしかならないと思うんですが…。
ちなみに、弟子を鍛えていたが、厳しくしすぎて反乱を起こされちゃったことを「悲劇」とか言ってますが、自業自得以外の何ものでもないような…w


【特命戦隊ゴーバスターズ 第48話】
エンターさんとサシで決着を付けに向かうヒロムくんと、暴走エスケイプさんの退場の巻。
ヒロムくんがエンターさんとの相打ちを狙っているかと思いきや、自身の命をも盾にしてカードを抜くよう迫る駆け引きを行う展開は良かったですね。
そのまま素直にカードを抜くエンターさんではないとは思っていましたが、ヒロムくんの中のカードが自衛行動をとり、自爆すらできない状況になっていたのは、ちょっと予想外の展開でした。
エスケイプさんについては、どんどん壊れていく描写が前回辺りから上手く描かれていたと思います。
ただ、その最後についてはクリスマス決戦ですでに一回派手に倒されているので、残念ながらそれほど感慨は無かったですね…。
ラストの、エンターさんの「レッツモーフィン」の引きは上手かったと思います。


【仮面ライダーウィザード 第20話】
ファントム化する前のフェニックスさんの正体を探る凛子さんと、ベルゼバブに苦戦する晴人くんの巻。
暴力沙汰を起こしたことから凛子さんに目を付けられるフェニックスさん。
ファントム化前の人となりが判明するってことは、彼の退場フラグでしょうか…?
今回登場したベルゼバブさんは、キャラ的にも、名前の“格”的もフェニックスさんに引けを取っていないので、もしかしたら幹部交代劇あるかもしれませんね…。
終盤の、ベルゼバブ「私のせいだって証拠は?」晴人「お前のせいじゃないって証拠は?」ベルゼバブ「フフッ、確かにないな」という一連のやり取りは、シャレていて良かったです。


【ラブライブ! 第4話】
新メンバーが一気に3人増えるお話。
唯一(?)のファンである気弱メガネっ娘の主役回で、彼女が同級生2人を引き連れて加入するお話でしたね…。
まあそれはいいんですが……ラスト、メガネっ娘さんがメガネ取るってどういうことよ!?
いやもう、はがないの理科さんもそうですが、今期のアニメはメガネスキーに喧嘩売ってんのか?
ストーリーについては特に書くことがないのですが、以前から深くμ'sに関わっていた真姫さんが加入する際は、ちゃんと独立したエピソードを設けるかと思っていたのですが、こんな“ついで”みたいな感じで加入しちゃったのはちょっと予想外でした。
ただ、会話の中で「スクールアイドルは、実際のアイドルとは違う」とか言ってましたが、この作品内での明確な線引きはどうなっているんでしょうかね…?(まあ、現実的に考えるならプロとアマの違いになってしまいますが…)
あと、相変わらず海未さんのエア特訓は面白かったです。ダンスだけならまだしも、観客の声援に応えるところまでやっちゃうとは…w


イクシオンサーガ DT 第16話】
飛行船に乗り込むバリアシオンの巻。
またまた純粋なギャグ回かと思いきや、ヒメさんの心情が描かれた意外にもいいお話でしたね。
つうか、ここに来てバリアシオンがあんなにナイスガイに描かれるとは思いもよりませんでしたよ(まあ悪い奴とは思ってませんでしたけどね)。


【琴浦さん 第3話】
真鍋くんにお弁当を作ってあげようとした矢先に…の巻。
個人的には、森谷さんが部下(?)を、琴浦さんではなく真鍋くんに向けた理由がちょっと分からなかったですね…。
琴浦さんとイチャイチャする真鍋くんにイラついて行動なんでしょうか…?
それにしては直情的で意味のない行為のような…。
陰で琴浦さんに嫌がらせをやってたので、良くも悪くももうちょっと計算高い人物だと思っていたんですけどねえ…。


【キューティクル探偵因幡 第5話】
因幡さんの弟・遥くんがテロリストの首領になって登場するお話。
遥くんの登場により、お話は一気にシリアスに……ならなかったので一安心でしたw
後半では犬好きに洗脳されてしまった圭くんでしたが、遥くんらが可愛がられ過ぎてゲッソリしていたのはちょっと笑いましたw(ああでも、猫は構い過ぎるとストレスになるって話は聞きますが、犬はどうなんだろう?)
遥くんの部下の夏輝さんは今回唯一の女っ気でしたが、日本刀を振りかざす際にちゃんと身体のラインがわかるように描かれていたのはナイスでしたね。
つか、この作品は全体的にBL臭がしている割に、女性キャラが登場した際はそれなりに目立たせており、ちゃんとバランスを取っているのは上手いなぁ〜と思うところですね。


【新世界より 第17話】
26歳になった早季さんの巻。
いや〜、ビックリしましたね。
何がビックリしたかって、早季さんの声が遠藤綾さんじゃなかったことに。
てっきり声優変更しているもんだとばかり思っていたのですが、遠藤さんはナレーションオンリーなんでしょうかね?
冒頭からいきなり覚くんと喧嘩していた様ですが、12年後のお話でいきなりそんなシチュエーション見せられても…という感じでしたが。


【たまこまーけっと 第4話】
お祭りとあんこさんの小さな恋の巻。
お祭りの描写は特筆すべきようなところは見受けられず、デラさんもたまこさんの描写も控えめ、主役であるあんこさんの恋物語も悪くはないもののそれほど良くもなかったので、全体としてちょっとイマイチでしたね。
ただ、アバンと本編の絡め方は、お約束ながらも押さえるところはちゃんと押さえる…という感じで悪くなかったです。
格好良い男子とメガネ男子の二人いるなら、格好良い方がミスリードなのはバレバレなので、もうちょっとそこはいろいろ凝った仕掛けを施して欲しかったろころでした。
ちなみに、あんこさんは結局博物館に行けませんでしたが、行けないなら行けないで連絡入れるべきだろ…とか思ってしまったのは自分だけでしょうかね?w


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 15:44|PermalinkComments(0)TrackBack(19)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月27日

楽しみ方は“環境映像”(ゴーバスターズとかたまこまーけっととか)

【聖闘士星矢Ω 第39話】
水瓶座時貞さんと栄斗くん&龍峰くんの戦いと、魚座アモールさんの登場の巻。
時貞さんがしぶとく再登場&再戦するとは思いませんでしたよ。
時貞さんと栄斗くんのお兄さんとは、何らかのドラマ、確執があった的なことを匂わせていましたが、結局描かれていないんじゃなあ…。
メディアさんに襲い掛かろうとして魚座アモールさんに返り討ちになったミケーネさんですが、黄金聖闘士のくせにあっさりやられ過ぎですね…。
しかし、これでメディアさんは事件の黒幕決定かな?


【特命戦隊ゴーバスターズ 第47話】
エンターさんにヒロムくんのウィークポイントがバレるお話。
ヒロムくんのニワトリ特訓の描写はそれほどおもしろくは無かったですが、“固まる前に自身を仲間に攻撃させる”という対処方法はおもしろい発想だったと思います。
今回のお話では、個人的にはエンターさんの感情の動きに注目していました。変質したエスケプさんへの対応とか、ヒロムくんの言葉に対して怒りを露わにする反応とか、彼の感情の動きはラストに繋がりそうな描写だったので見応えがありました。
リュウジさん、ヒロムくんと、2回続けてウィークポイントにスポットを当てたお話だったので、次はヨーコさん…かと思いきや、ラストでとんでもない事実が明らかにされてしまいましたね。
う〜ん、エンターさんのバックアップは陣さんの方だと思っていたんですけどねえ〜。


【ラブライブ! 第3話】
ついに初ライブを迎える穂乃果さんたちだが…の巻。
頑なにアイドル衣装を拒む海未さんですが、スカートの丈自体は制服とそう違わないような…w
個人的には、羞恥な表情の海未さんだけでお腹いっぱいでしたが(w)、ラストの観客一人(二人?)のライブもお約束な流れながらも悪くなかったですね。
「いつかこの客席を満員にしてみせます!」と宣言した穂乃果さんですが、最終目標としてはちょっとショボイと思ってしまったのは自分だけでしょうかね?(いや、当面の目標はそれでいいと思うんですが、そこを最終目標みたいな感じで宣言しちゃったらダメだろ…って気がするんですが)


【琴浦さん 第2話】
ESP研究会に入部するハメになる琴浦さんの巻。
部長さんの「御舟」という苗字から千里眼事件を絡めてくるだろうと思っていましたが、案の定でしたね。
ただ、御舟さんは琴浦さんを利用する気はあっても、悪意があるわけではない、というキャラ設定は良かったと思います。
一方で……やはり真鍋くんについては、エロ以外にもうすこく特徴(精神的美点)が欲しいところ。
現状での彼の性格設定は「エロいことを考えている」しかないので、琴浦さんをかばってカッコイイことを言えば言うほど、どうしても取って付けた感(もしくは彼が言ってるのではなく、彼が作者に言わされている感)がにじみ出てしまうんですよねえ…。


【閃乱カグラ 第3話】
斑鳩さんの家庭の事情の巻。
斑鳩さんとお兄さんの確執は、もっと尺を割いてドロドロと展開してくれることを期待したんですが…あっさり終わってしまったのは残念。
ただ、二人が対峙した際、格の違いを見せつけるように斑鳩さんが圧倒的に強く描かれていたのは良かったです。
しかし、斑鳩さんは堅物っぽい性格なのに、家服はえらく大胆なんですね…。


【キューティクル探偵因幡 第4話】
バレンタインデーな騒動と、おフランスから来た警察犬・ステラさん登場の巻。
荻野さんが因幡さんの頭を押さえつけた時、因幡さんの身体が地面にめり込んでいたのはちょっと笑いましたw
あと、優太くんから送られたチョコが髪の毛入だったのは、ちょっと引きましたねえ(因幡さんさん的には、そっちの方が良いのかもしれませんが)
後半のステラさんはキャラとしては弱いですが、それでもBL臭を消す役割としては充分なロリキャラでしたね。
個人的には、ガブリエラさんが自らメガネを外し、33状態になったのにはちょっとビックリしました(その後サングラスをかけたので、まあ納得しましたが)。


【たまこまーけっと 第3話】
たまこさんと史織さんが仲良くなるお話。
前回ラスト、射影機と化したデラさんが映した映像が、まったくの総スルーされているとは思いませんでよw
まあそれはともかく、今作の眼鏡枠の一人である史織さんに目をつけるとは、デラさんはなかなか良い選択眼をお持ちだと思いましたw
特にコレといって大きな事件がないお話でしたが、史織さんに関して、引っ込み思案な性格と、好意をちゃんと伝えたいと思う気持ちが丁寧に描かれていたので心地よく25分見ることができました。
つか、デラさんはこれまでは“自分が相手(たまこさん等)に惚れられている”と思って相手に接近することはあっても、自ら相手に惚れて接近することはなかったと思うので、そういった意味では史織さんは結構特殊(?)なキャラでしたね。
史織さんから「ありがとうと伝えて」と言われたデラさんが「それは自分で伝えたほうがいいな」と切り返したのは、なかなか格好良かったです。
このままデラさんが大人(?)な立場から二人の仲を取り持つのかと思いきや、そうじゃなかったのはこの作品らしいところでしたねw
う〜ん、今回でこの作品の楽しみ方が大体分かった気がします。
この作品で期待すべきは、爆笑なギャグでも刺激あるストーリー展開でもなく、“心地良い空間(雰囲気)”なんじゃないかと思っています。
極端に言ってしまえば、東京MXとかで深夜よく流している「環境映像」(猫の映像とか京都の風景の映像とか)に近いものなんじゃないかと…。(まあ、まだ3話なので、その楽しみ方で合っているかどうかはわかりませんが)



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



voler at 23:30|PermalinkComments(1)TrackBack(18)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「今期終了アニメを評価してみないかい?」
企画参加記事


月別履歴
記事検索
Recent Comments
pixiv blogparts - Daily Ranking
書籍とか個人的オススメとか(エロいの含む)
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング