中山1R 1番ベルモントエアロ
前走はさすがに序盤から飛ばしすぎた。
兄はこの条件で内枠から差す競馬を得意にしていたし、限定戦で変わっても
 中山9R 8番ショウワモダン
前走のタイムは前日の古馬1000万戦を1秒凌ぎ、同日の3歳OPと0.3差。
重馬場というのを考えれば絶対値も悪くなく、距離延長でもスムーズなら
 京都9R 9番アシュレイリバー
どうやら芝の時計勝負では対応しきれないようだ。
血統だけ見れば断然ダート向きなので、変わり身があっても
 小倉9R 4番ノーモアクライ
前走はシンガリ負けを喫しているが、不向きな道悪で参考外。
コジーン産駒で開幕週のパンパン馬場はベスト、枠も悪くないので先手取れれば
 小倉11R 6番ヤナギムシ
差す競馬が板についてそう崩れなくなった。
小回り1800はベストの条件、うまく好位で立ち回れれば