ヴォクシーの電動スライドドアが開かない!修理代は?

開かなくしまったヴォクシースライドドアを動かすにはどうすれば良いの?やっぱり修理が必要?自分で修理は難しい?

ヴォクシーは主に通勤目的で購入。

正直、見た目が派手で品がなく、
マナーの悪い若者やおっさんにヴォクシー乗りが多い印象があったので、
最初は敬遠していたんですが、営業マンの一押しに負けました。

ノアSiを買おうと心が傾いていたところ、
納得のいく値段を出してきたので即決。


CVTの出来が良くない気はするものの、
エンジンは静かでパワフルなうえに、
ミニバンにしては燃費も素晴らしい。


出足はちょっともたつく感もありますが、
走り出してしまえば全く気になりません。

高速道路でも目線が高いからスイスイ。


「少しの段差でもガタピシ突き上げが多い」
という口コミも見ていたんですが、
車にそこまで質を求めていない自分にとっては、
納得できる走行感があります。


そんなヴォクシーに、
いつものように乗り込もうとしたところ、
後部座席の方から「スライドドアが開かない!」
という苦情が。。


この時に良い経験をさせてもらったので、
ブログに記事をまとめておくことにしました。


スライドドアの修理でぼったくられたくない人は要チェックです!





■スイッチのON・OFF確認!

なにはともあれ、まずは電動スライドドアのスイッチが
OFFになっていないか、確かめてみましょう。


何かの拍子でスイッチを触っている可能性もあります。


スイッチのON・OFFを何度か切り替えてみて、
それでもスライドドアが動かない場合、
いよいよ修理の必要な故障が生じていると考えられます。




■スライドドアが動かなくなる原因



・ヒューズ切れ

ヒューズとは簡単に説明すると、
家庭にあるブレーカーと同じです。

車の中にある電気部品に対して、
過剰な電流が流れそうになった時、
ヒューズが物理的に切れるようにして、
電気部品が壊れないようにしています。


ヒューズボックスの場所がどこかわかれば、
素人でも比較的簡単に修理ができます。



・ゴムパッキンの劣化

スライドドアの周りにつけられている
ゴム部品が劣化してしまい、
車体に食い込むような状態になっている
可能性もあります。

ゴム部品を新しいものに変えるだけなので、
比較的、修理コストは安上がりです。




・ワイヤー切れorモーターの故障

パワースライドドアの構造は、
モーターでワイヤーを引っ張って動かす
単純な仕組みになっています。

このワイヤーが切れてしまっていたり、
モーターが故障してしまった場合には、
スライドドアが動かなくなります。

いずれにしても部品交換を
する必要があります。




■スライドドアを修理するには?

ヒューズ切れやゴムパッキンの劣化の場合、
ディーラーに修理を依頼しても、
2万円もかかりません。


しかしモーターやワイヤーに異常があった場合、
基本的に部品を丸ごと交換することになります。

モーターとワイヤーはワンセットになっていて、
どちらか片方だけ交換することができない
仕組みになっているからです。

気になる部品代はというと
4万円~7万円程度。

ここに工賃が加わるので、
10万円は見たほうが良いです。


決して高くはないので、
いっそのこと修理をしないで
手動に切り替えて開け閉めするのも、
一つの乗り方です。


ただその前に一つ確認をしてもらいたいのが、
愛車の価格は今いくらなのか?です。




■車の現在価値を知ろう

スライドドアが壊れても見た目は変わらないですから、
しぶしぶ乗り続けても良いものの、
新しい車に乗りかえるという選択肢もあります。

車をもっとも高く買取してくれる業者を探してみると、
意外と高値で買い取ってくれるものなんです。


10年落ちで20万キロ近く走行していても、
買取業者によっては良い値段を提示してくれる
可能性があるんです。


僕の車もすでに11年目になっていて12万キロ走行。
試しに近くの買取業者に見てもらったら
「廃車にするのにお金がかかるよ」と
言われてしまいました。汗

けれども一括見積サイトを使って、
違う業者にも査定額を聞いたところ、
何と【12.3万円】もの値段を
つけてもらうことができました。

10万円払って修理をして乗り続けるくらいなら、
買取金額をそのまま、新車の購入資金にしたほうが良いですね。


■スマホで1分で入力完了!

一括見積サイトでは、
下記の4項目と連絡先を簡単に入力すればOK。

1.メーカー
2.車種
3.年式(アバウトでOK)
4.走行距離(アバウトでOK)

フォームが良くできているので、
パソコンじゃなくてもスマホからでも、
楽々入力できました。
↓↓↓














車好きの人ならば、新しいいい性能の車が発売されたりすると、「わぁいいなぁ♪」と是非購入して運転して見たくなったりすると思います。
しかし、今乗っている車をどうにかしないと、新しい車を買うのは大変です。
今まででしたら、車を買うお店(ディーラー)で、下取りしてもらったりすることが、大半だったのではないでしょうか?しかも、下取りどころか 「この車はもう古くて、廃棄処分代がかかります」なんていわれてしまうと、「げぇぇ!」と思い、お店で言われるがままに、「廃棄処分代を取られるくらいなら、もう無料で下取りしてください」、とただで廃棄をお願いしてしまった、なんて大失敗をしたことがあるかたも、いらっしゃるのではないでしょうか?私のお勧めはディーラーに下取りしてもらうよりもまえに、まず今乗っている車は下取りではなくて、買取に出したほうがいいと思うのです。
ディーラーでは、貴方が苦労して買いそろえたオプションや加工はあまり、評価されないと思うのです。
そして「こういうのがついてると、反って売れないんですよ」ともっともらしい顔で、説明されると、 「そ、そうですかぁ」と、ションボリモードになってしまったりするわけです。
しかし、買取専門店だと、貴方のセンスで買い揃えたオプションや加工は、他のマニアの人にとっても貴重なアップグレードとして評価してもらえる事があるので、これが高く買ってもらえるポイントになったりすることもあります。
さらに、びっくりなのがディーラーに比べると、10万円ほど、ざっとした、見積もり金額が高かったりもするんです。
10万円違ったら、かなり違いますよね!買取店はそれぞれの買取専門店の店舗によって、顧客のニーズが違うので、適材適所にもっていかないと、評価がさがってしまったり、高く売れるはずの愛車が、二束三文に成ってしまったりする事がありますが、少しでもお世話になった愛車を高く買取してもらうためには、まずは相場を知ることが大切なので、中古車一括見積もりなどで、一気に今お手持ちの愛車の、大体の買取値段を把握しておく事が大切です。
その査定金額を持って、買取屋さんと交渉を進めると、案外 相場がわかったかんじがするので、買取屋さんからも「ん!このお客さんは通かも!」と一目置かれるかもしれないですね。
自分が大切に乗った愛車を、少しでも高く買取ってもらおうと思ったら、ディーラーさんよりも、車買取業者さんにお願いしましょう!

↑このページのトップヘ