vpineブログ

基本的にはストレート、気が向いたら改造も・・・そんな模型ライフを綴ってます。

HG バルバトスルプス その10(完)

13-1 完成(表紙) HG ガンダムバルバトスルプス 完成です。
当初のイメージではもう少し淡い感じの色合いにする予定だったのですが、
実際は少し明るい感じになっちゃいました。残念 。
やっぱり塗装は難しいですねぇ・・・。続きを読む

HG バルバトスルプス その9

12.塗装 塗装はドライブラシと墨入れしてトップコートまで終わっているので、
あとは組付けて完成となります。

HG バルバトスルプス その8

10-1.ランドセル・ソード 

 残りのバックパックとソードの処理が終了しました。




10-2.ランドセル・ソード
 バックパックにソードの柄をはめ込んで固定する仕様ですが、塗装後に取り
 付けると塗装が剝げてしまいます。なので丸印の部分には軸を打ち込み、
 柄の矢印部分に穴をあけて差し込むようにして固定する方法に変更しました。


続きを読む

HG バルバトスルプス その7

09-4.腕 
 
  腕の処理が終わりました。
前腕の後ハメ加工がメインで、あとは表面処理とモールド彫りの作業でした。



09-1.腕
前腕の後ハメ加工ですが、左のパーツに付く部分を右のパーツから切り取って
接着しました。切り取った時に無くなった分の幅を調整する為に、プラ板を接
着して補いました。



09-2.腕
整形後に表面処理してフレームに組み込んで様子をみましたが大丈夫だったの
で、整形の時に削りとばした凸モールドをプラ板で再生しておきました。




09-3.腕   

左右のパーツを組み合わせたところ。
ちょっと隙間が広い感じがしますが塗装されれば目立たないと思います。

HG バルバトスルプス その6

08-1.頭部1  頭部が終わりました。

 先端を削り込んで尖らせ、モールドを追加しました。




08-2頭部2

 顎の延長は当初は2ミリ程度延長の予定でしたが、長すぎる気がしたので
 1ミリで決めました。

HG バルバトスルプス その5

07-1胸部1(襟) 胸と腰の処理と加工が終わりました。


 襟のパーツは後ろ側のツメを切り取って後ハメできるようにしました。



07-2.胸部2


 胸はモールドの増し彫りと追加を少々してます。



07-3胸部3

 腰のサイドアーマーは合わせ目消し、フロントアーマーは真ん中で切断して
あるので左右独立して可動するようにしてあります。

 

HG バルバトスルプス その4

06.胴の延長 胴の延長しました。
左の画像の位置で切断し、3.5ミリの厚さのプラ板を挟み込んで再接着。
シリンダーの長さも変わるので、プラパイプとプラ棒で作り直しました。
シリンダーの取付部分はどっしりした感じにしたかったので、大きめに
してみました。

HG バルバトスルプス その3

05.サイドアーマー サイドアーマーの後ハメ加工ですが、他者がやっていた事を参考にしました。
内側に磁石を仕込んであるので先に左のパーツを本体に取り付けたあと、右の
パーツをはめ込む事が出来るようになりました。

HG バルバトスルプス その2

04.脚部 脚部の処理が終わりました。
表面処理と追加でモールドを入れた以外は大きな変更はありません。
作業していて気になったのが、ふくらはぎのランナーが繋がっていた箇所。
処理しても穴が開いてしまうので、パテで埋めて処理しました。

HG バルパトスルプス その1

01.カカト スローペースではありますが今回からガンダムバルパトスルプスの制作に突入
していきますよ。

 踵の裏側の肉抜き部分にプラ板を貼り付けて塞ぎました。



02.つま先・アンクルガード

 アンクルガードの高さが気になったので、軸の突起を削り込んで1ミリ程度
下に下げてみました。その他にはつま先の先端部分を削って尖らせました。



03.足首完成

 つま先と踵を繋ぐ部分を表面処理し、全体のスジボリしました。

     ※左が処理後、右が処理前になります。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
livedoor プロフィール

vpine

TagCloud
livedoor 天気
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ