vpineブログ

基本的にはストレート、気が向いたら改造も・・・そんな模型ライフを綴ってます。

ウイングマン その4(完)

04-1.完成 頭部とウイングを接着して完成です。

台座ですがバランスが少々悪いためにこれが無いと転倒してしまうので、
家にあった板を適当な大きさでカットして固定しています。
仮止めしているだけなので交換する際は簡単に出来るようになってますよ。続きを読む

ウイングマン その3

03.塗装

 塗装が終わりました。




ほぼ一体成形みたいな感じなのでマスキングが大変。本体だけでも2時間半位かかりました。塗装色は
オーダー通りに黒がメタルブラック、白がパールホワイトです。青はブルメタではなくキャラクター
ブルー+ホワイトを下地にブルーパール、黄は明るい色にしたかったので、シルバーを下地にクリアー
イエローにしてみましたよ。あとトップコートは半光沢で仕上げてます。
画像ではパールの感じがうまく出せません。ごめんね。

 ちなみにパール塗装を失敗して表面にクラック入っちゃったので、削り落して再度サフからやり直
しているのでこれが2回目です。

ウイングマン その2

02.結合 腕と足を取り付けて、合わせ目消しまでの作業が終わりました。
バラした腕と足を瞬間接着剤で固定してからパテ盛りしましたが、パテの方が
やわらかいので先に削れてしまって失敗。3回程やり直しましたよ。
合わせ目にサフを筆塗りして確認しましたが問題なさそうなので、塗装に移る
事にします。

ウイングマン その1

01.処理 姫路城の製作はここで一旦お休みして、頼まれたウイングマンのリペイント
を先に終わらせようかと思います。
パーティングラインがちょっと目立つので、分解できるところはすべてバラし
てからペーパーではなくリューターで処理しましたよ。というのもペーパーだ
と全然削れないからだけどどうしてだろう? 謎です。

姫路城 その6

08.櫓・土掘 屋根はまだ無いですが櫓と土掘です。
石垣に石を貼り付けた為に寸法が変わったので、長さを調整しながらの作業
でしたよ。櫓のほうはそのままで大丈夫ですが、土掘はほとんどの物が長さ
変更になったので、屋根も調整しなければならずにちょっと大変です。

姫路城 その5

 壁・門・屋根 城壁と屋根の工作ですが、パーツの合いが悪いのでその調整と修正が大変。
特に屋根は長さが微妙に足りない部分や長い部分が多いので、切り詰めや延長
作業が多めです。
 赤丸の城門上部の屋根はキットでは再現されていないので、プラ板と伸ばし
ランナーで追加工作しました。

姫路城 その4

 塗装(石垣) 土台の塗装をしました。
石垣の下層はニュトラルグレーの上からホワイトを加えた物、上層をサンド
イエローをドライブラシしました。土の部分はサンドイエローにタンを加え
た物にしてみましたよ。

姫路城 その3

石垣(整形) 接着剤が完全に硬化したので、リューターを使って表面の凹凸を削りました。
 深く削りすぎるとせっかくできた目地が無くなってしまうので、そのあたりを
 注意しながらの作業でしたよ。




池 左上のスペースに池を新設しました。 
 池の部分を切り抜いたあとに裏からプラ板を接着、周りに石を少しだけ高低差
 をつけながら貼り付けました。


姫路城 その2

石垣(2段目) 全ての石垣部分の貼り付けが終わりました。
2段目以降は遠近感を出すため、1段目よりも小さい粒の石を選別して貼り付
けてます。作業が終わって思ったのが、粒が小さすぎたかなぁって感じ。もう
少し大きめの粒でもよかった気が・・・。

姫路城 その1

石垣(1段目)






 なぜか急に城のプラモデルが作りたくなって始めたのが姫路城ですが、大きいサイズは出来上がった
時に飾るのも大変なので、小さい「joyjoyコレクション」にしましたよ。

 城の模型と言ったらやっぱり石垣も大事な要素だと思うんです。だから今回は石垣に力を入れようと
考えて思いついたのが、観葉植物で使う「ゼオライト」を使って貼り石する方法。軽石みたいな感じな
ので貼り終わったあとで削るのも簡単だし、何より出来上がった時のリアル感が出て良くなると思うん
ですよね。

 作業の方法はゼリー状の瞬間接着剤を塗布した上に石を貼り付けるだけなので簡単でしょ。大変なの
は石の選別で、袋の中には色々な大きさの物が入っているので、作業前に同じような大きさの物を選ぶ
のが一苦労しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
livedoor プロフィール

vpine

TagCloud
livedoor 天気
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ