vpineブログ

基本的にはストレート、気が向いたら改造も・・・そんな模型ライフを綴ってます。

イ-401 その7(完)

表紙 遅れましたが完成写真です。
最近は多忙のためにちょっとした時間でも睡魔が・・・ z z z ・・・! 
うまく撮れてはいませんが、こんな感じって分かってもらえれば 幸いです。続きを読む

イ-401 その6

小パーツ取付 機銃を取り付ける時にうっかり落とすアクシデントが発生!! 
手摺が外れて塗装の一部も剥がれてしまい、しばらくの間呆然自失の状態に・・・。
1週間ほど放置してましたが、3日かけて破損箇所の修復に成功。やっと完成です。




飾り台仕上 台座は艦底が見えるようにミラーシートを貼り付けましたが、手頃な大きさの物が
なかったので付け足してます。 

イ-401 その5

エッチング 細部の塗り分けとデカール貼り、エッチングパーツの取り付けが終わりました。

同封のエッチングパーツは手摺・梯子・アンテナを使用しただけで、それ以外はキット
のものを使用(全部ではないのですが、他のエッチングパーツの一部を折ってしまい、
使用不能になってしまった為。) しています。
あとは機銃を塗装して取り付ければ本体は完成します。 

イ-401 その4

艦橋
 艦橋パーツの整形が終わりました。
合いの悪い部分も少々ありましたが、さほど酷くはなくてすり合わせするのも楽でした。




塗装
 上記のパーツを塗装して組み付けました。
細部の塗り分けがまだなので、もう少し乾燥させてからの作業にします。

ズバッカー その10(完)

完成03 やっと完成しました。 v( ̄∇ ̄)v続きを読む

イ-401 その3

電飾 ズバッカーの塗装関係の作業待ちの合間に、こちらの作業を進めちゃいますよ。
艦首の内側にLEDを仕込みました。はじめは艦尾側にも入れようと思っていましたが、
2個入れちゃうと明るすぎるのでやめました。




台座&配線 配線は台座にプラパイプを通して接着したものを本体に差し込み、プラパイプ内を
1本ずつ通して外側に出す方法にしました。プラパイプは台座の底面よりも長めにして
あるので、ケースの台にも穴を開けて差し込むようにして固定する予定です。

ズバッカー その9

シャーシ・足周り 空を飛ぶシーンでは底がフラットになっているシャーシですが、実車では違うような
のでキットのままで組みました。
タイヤはそのままだと細すぎるので、ジャンクから適当なサイズのものを選び、それに
合わせて車高調整も行いました。
仕上がりがかなり悪いですが、組んでしまえば見えないところなので、これで良しとし
ます。

ズバッカー その8

シート シートも資料を見てもよく分からなかったので、こんな感じかなぁ程度で仕上げ
ました。
本体はキットの物にパテを盛り付けて様子を見ながらの整形。中央部分にプラ板を
貼り付けて、表面の凹凸を表現してみました。
へッドレスはキットの物を切り飛ばして、パテブロックからの削り出しで仕上げました。
 

ズバッカー その7

ダッシュボード オープンカーは中が見えてしまうので、内装もある程度はちゃんと設定に近付けて作らないとという事で、ダッシュボードの方も加工をしましたよ。
メーター周りはそのままで、中央とその左隣のセンサーモニター?はプラ板とプラパイプで、いちばん左側の手摺を真鍮線を使って製作してます。
でも手持ち資料が乏しいので、これで合っているかは疑問ですがね。(笑)

イ-401 その2

船体完成 ズバッカーに続き、本日2回目の更新。

 いきなりですが、塗装まで終わってます。
途中経過の画像が逝ってしまいましたので・・・すいません。



 ここまでの内容はというと、
切り抜く前に外側をおゆまるで型をとっておきます。この型はレジンが流れ出ないようにするための蓋の役割に
なりますが、元の船体の形状に合わせて表面が仕上がるようにと考えて型取り方式にしました。
ドリルとナイフで発光させる部分を切り抜いたあと、型を固定して内側に調色したレジン(透明レジンにエナメルの
クリアーブルーを足したもの)を流し込みます。
硬化後に表面処理とマスキングゾルでのレジン箇所のマスキング後、サフ吹きと本塗装しています。

 上記の作業で発光部分を切り抜く作業が本当にしんどかったです。ラインは曲線で細く先端が尖っているの
で、細かい作業の連続で目も腕も疲労で痛くなっちゃいましたよ。でもかなり上手くいった感じなのでよかったぁ。
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
livedoor プロフィール
TagCloud
livedoor 天気
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ