今回はメールやコメントでタレコミをいただいたネタの紹介をさせていただきます。
ありがたやありがたや。

中国の中央美術学院の実験芸術学科の卒業制作のジオラマがかなりスゴイようです。
こちらの17173.comの記事で紹介されています。
ソースになったのはコチラのブログのようですね。
画像はブログの方が見やすいかと思います。

で、まぁ内容なんですが見ての通り
中国のアニメキャラと日本のアニメキャラを使った日中戦争のジオラマになっています。
日本からだけでなく、中国国内でも怒られそうなテーマの作品ですが、
こんな感じのパロディが中国でも出るようになったのですな。
ちなみに、このジオラマは中国のネットでかなりウケているようですが

これはとても優秀な卒業制作ですね

中国の孫悟空一人で日本全滅できるな

日本のスーパーサイヤ人に勝てるかどうか不安だ。あっちは星壊せるし・・・・・・

中国のキャラって猫とか犬とか動物ばかりだったんだな。人間のキャラが少ない。

中国のアニメも、昔は良かったんだよなぁ。

とっとと日本のクソアニメをぶった切るべし。中国のアニメは世界一のレベルだったんだぜ。昔は・・・・・・

何でもかんでも並べりゃ良いってわけじゃないだろ。ドラえもんをこんな所に置くなよ

最初笑ったが、段々と悲しくなってきたよ。中国のアニメって20数年前から進歩してねぇ。

アートとか芸術とかそんなの狙ってるのかな?でも憤青っぽい作品でもあるなぁ。中国に縛られすぎ

日本のアニメって無国籍なのが強みなんだが、中国の有名キャラって民族主義的なのばかりだよな。悪くはないんだが、それだけでは困るよ。

すまん、日本のは大体分かるんだが中国のは分からんのが多いorz

作者は抗議したいのか妄想したいのか、どっちなんだ?まだ若いからそこまで考えてないのかもしれないけど。

戦争がテーマなのにガンダムが無いのはどういうことだ。

あれ入れたら数で負けるからだろ。あと星矢もないね。それにしても日本のアニメはV作戦以降どんどん進歩しているな。

中国は昔のままの戦力か・・・・・・確かZZにそういう話有ったよねorz

俺は正直日本嫌いだけど、中国の国産アニメみたいに国を強調してないから日本のアニメは楽しめるんだよな。国産アニメは中国の特色有るアニメというのを意識しすぎじゃないかね。

と、こんな感じの微妙な感想も。
個人的には中国側のキャラが古いアニメ作品ばかりなのがちょっと残念ですね。
最近ぼちぼち人気作品も出てはいるのですが、
アニメファンにとってはまだ昔作品や日本の作品に対しては役者不足と思われているのか、はたまたこの作品の作者世代に根本的に認識されていなったりするのか、うーむ。

それから、「戦争」というものに対する日本と中国の感覚の違いも見受けられますかね。
日本の感覚だと戦争モノによる名作アニメのパロディは人によってはドン引きとなるのではないかという気もしますな。
三国志のパロディなんかもそうですが、こういった所でも日本と中国の感覚の違いが出てくるもんだなーと感じました。

ただまぁ、
「偉大なる歴史」の一つである日中戦争をパロディに、
それもアニメを使ってのパロディが出てくるというのは、
昔では考えられない話です。
中国の若い世代とその感覚もイロイロと変わってきているのでしょうね。