2007年10月18日

ベンチャー就職・転職支援ならこのサイト!

当ブログを発見して頂き有難う御座います!

更新が止まってから時間が経ってしまったこのブログですが、カウントを見ていると今でもご覧頂いている方がたくさんいらっしゃって嬉しく思います。

立ち上げ当時は、ベンチャーに就職が決まった僕らが、これからベンチャーに就職しようとしている人の何か力になれれば!と思って毎週書き綴っていました。今では入社して1.5年が経過。当時が懐かしいです。

さて、このブログを見に来て頂いたという事は、ベンチャーへの就職をお考えなのでしょうか?興味がある・・・ぐらいでしょうか?

そんな皆様には是非こちらのサイトをご覧頂ければと思います。当時の想いはこんなカタチで新しいサイトになりました。

エクセレントベンチャーを探せ!!

転職支援ならエクセレントベンチャーを探せ!!


皆様のベンチャー就職のお役に立てれば幸いです。
それでは。


P.S.
こんなサイトも立ち上がりました。
ベンチャー社長のインタビュー満載です。

成長ベンチャーTOPが語る!!

2006年03月31日

ベンチャー良し悪し/土屋


こんにちはー!


きっと今頃は楽しい(?)新人研修中。。。

どんな気持ちで受けてるんだろうと
不安半分、楽しみ半分。

いよいよ社会人生活が始まります!!


気づけばこのブログも最後の週。

タイムイズフライング!!!!


このブログのおかげで、
自分の中での社会人への心の準備や整理ができたなぁと
本当に感謝しています。

初心忘れべからずで、数ヵ月後、数年後に
是非また読み返したいです。


ということで、最後のテーマは「ベンチャー良し悪し」

インターンで感じた限りなので、
入社してからまた全然考えが変わると思うのですが、


良し!なのは

もうワクワクが止まらないという事。

やろうと思った事をすぐにできるフィールド。
特にPDBは社員が少ないので、夢を描き一致団結して臨む雰囲気。
リスクを恐れることよりも、
どんなメリットが生まれるか、
どうやってメリットにしていくかという考え方。

超ポジティブな生き方を、自然にできる場所だなーと思います。


で、悪し!なのは

プライベートはほとんど無くなってしまうかも。。という事。

大好きなクラブや旅行なども、
しばしお預けだなと覚悟しています。

でもきっとそれは、仕事にのめり込んでるからであって、
楽しい事が、仕事へと変わっていくことなんだと思うのですが、

仕事もして、趣味も充実させて、っていうのは、
なかなか難しいのかなーと。

でも、それを覚悟で決めたんですから!

早く笑って仕事が趣味です!と言いたい!

精一杯やってみて、それから初めて
自分にとっての良し悪しが見つけれるはず。

それまでは決めたことをとことんやるのみです!


。。と最後は何だか暑苦しくなっちゃいましたが(笑)

これからどんな毎日が待っていようと
スイッチオンでいっぱいいっぱいエンジョイしようと思います♪


言葉足らずで、読みにくい文章も多々ありましたが
最後まで読んで頂きありがとうございました!!!


お互いに素敵な社会人目指して、
日々エンジョイしましょうー♪♪







2006年03月30日

ベンチャー良し悪し/水野

最後のブログテーマとなりました。
この記事が表示されている頃には、僕らは新人研修の真っ最中です。

さあて。どうなっていることやら。


総まとめ。で、ベンチャーってどーなんでしょうね。

まずベンチャーって言葉の定義自体が難しいんですよね。
とりあえず僕の中では「規模は小さいけれども、大きい志やアイデアを持って前進している会社」
って感じでしょうか。こういう会社に感じる良し悪しを自分なりにまとめてみると。



悪い:

・規模が小さいので企業としての体力が無い

・無名なため、他社からの信頼が小さい

・福利厚生が悪かったりする

・組織が未完成なことが多く、仕事量が多すぎたり、教育制度が確立されていないことも


良い

・大変だがやりがいのある環境で勉強ができる

・会社を自分達で作り上げられていける

・社員一人一人の顔が見えるので、団結しやすい

・実力次第で出世も早いかもしれない


まあこんな感じですかね。

色々と上げて、最後に台無しにするようなことを言いますが
結局、見る方向によるんじゃないでしょうか。

人にとってこの「良い点」が悪く感じられたり、「悪い点」が良く感じられたり。

人数が少ないからこそ一人一人の顔が見えて、団結して働けるという考えができますし、
組織として完成していないからこそ、作り上げていく楽しみがある。


何が良いか悪いかではなく、何が良く感じられて、何を良いと思うようにできるか。

こんな結論になってしまいました。



私がベンチャー(特にPDB)に感じるものは

小さいから危なっかしい所もあるけど、得るものは大きいんじゃないだろうか。
まあー最悪、若いから失敗してもいいや。
せっかく面白そうなベンチャーに出会えたから、勿体無いのでやってみよう。

ってな感じですね。

2006年03月27日

ベンチャー良し悪し/田中偉嗣

ついに感動の最終回!!

・・・・でもないですかね。

だって就活中の方々は、まだ真っ最中ですもんね。

早々と終わらせてしまって申し訳ないです。。。

なんとか今回も(?)勉強不足ではありますが、就活中の方々に少しでも有意義な
情報を提供したいと思います!


今回のテーマは、『ベンチャー良し悪し』です。

私なんかが語っていいのか!?って感じですね。
でも元一就活生としての意見を書こうかなと思います。

このテーマは実はけっこう就活中もその後も考えたことです。

僕の周りは多くの人がいわゆる大企業に内定をもらっていました。
そういうのを見るとやはり思います。

“俺も大企業がよかったのかも”

なーんてですよ。完全に流されてるんですけどね。

そこで自分なりにベンチャーの良さを見出して、やはりベンチャーでよかったなと
思いました。


そのベンチャーの良さとは、“スピードの速さ”です。

スキルアップ・会社としての成長・個人での成長などなど、あらゆる面でです。

ベンチャーでは大企業より、一人当たりにかかる仕事量・種類が多いと思います。
逆に言えばその分、成長は早いです。

それに大企業のように体力が豊富ではありませんから、現在の変化の早い社会状況
に素早く反応しなければ生き残れません。
そのため組織としての反応速度も、大企業よりはるかに速いのではないかと思います。


ただ、これがすなわちベンチャーの悪いところでもあると思います。

つまり、一人当たりの仕事量・種類の多さや体力の貧弱さは、ビジネスをする上での
プラットフォームが整ってないと言うことを意味します。

個人が活躍するだけの環境が揃ってないということです。
ベンチャーの場合は、その環境を揃えるところから仕事になると思うんです。


ベンチャーも大手も良いところはあります。
ただ大手が10から50や100にする仕事なのに対して、ベンチャーは0を1や10
にする仕事だという違いがあるんだと思います。

こうなるともうどっちが合うか、どっちが目標や夢に近づける仕事かって感じです。

ただ現在IT革命やらなにやら言われていますよね。
どうやら後々歴史の教科書に載るような転換期にあるようです。まだわからないですが。

仮にそういう時代だとすると、ベンチャーでの仕事は非常に今の時代にマッチしてると
思うんです。
つまり新しい“0”という時代が起こりつつある今、0から1を生み出す仕事や
そのためのスキルって絶対に求められてくるものだからです。


長々と生意気言ってすいません。。。
最後なんでちょっと力入りました。


では就活生の方々、就活頑張ってください!!
これを読んだ方に将来会えたら、いいっすね〜。

なんて滅多にねぇか、実際。

ではでは失礼します。

2006年03月24日

就活を終えて/土屋

こんにちはー!

ついに今日!水戸から完全撤退しました!

休学含めて5年間、縁もゆかりも無かった水戸で
こんなにエンジョイできるとは思わなかったです。

たくさんの人に出会って、お世話になって、
幸せすぎて、ちょっとこれからが不安になるくらい。

ラブ水戸です。

今度水戸を訪れるときは、
みんなに自慢話のひとつやふたつできるよう
頑張らなくちゃなー!!


で、今週は「就活を終えて」。


PDBに内定を決めて、就職活動が終わったとき、
わたしの中の気持ちは2つあって、

「終わったー!」っていう開放感と
社会人としての新しいスタートを先取った気持ちで、

最後にめいっぱい遊ぶぞーっていう気持ちと
ぼちぼちしっかりしなくっちゃというプレッシャーとの狭間で
ウロウロしていました。


で、何をやってたかというと、

とにかく飲んで遊んで、
NYで気持ちの整理をして、
念願のインドに行って、
のんびり芸術館に行って、
学生最後に卒論でやっと勉強らしいことをして、

学生であることのステータスをぜーんぶ堪能してました。


そして、夏まではPDBでインターン。
東京で友人宅を借りて会社に通って、
来年はこんな生活なんだなーとシュミレーションしてみたり。


何だか振り返ると混沌としていて、
でももうお腹一杯ってくらいエンジョイしたなーと思います。

でも月日が経つにつれてだんだんと
この日常が窮屈になってきた自分がいて、

「明日仕事だよー」

って朝まで一緒に飲んでた社会人の友達が言うのを見て、

「大変そうだけど楽しそうー♪」

と社会人に対する変な憧れを抱いたりしながら(笑)
4月からの生活が本当に楽しみでした。


今までもとっても楽しかったけど
数ヶ月後、数年後に振り返ってあの頃に戻りたいなんて言えないくらい
これからもエンジョイし続けようと思ってます。


ということで、また来週ー!

2006年03月21日

就活を終えて/高橋

もうすぐ桜が咲きそうですね。

学生時代は(今もだけど)外堀沿いの遊歩道で毎年お花見をしたなぁ。

ちょっと遠いスーパーに買出しに行って〜
100均でシート買って〜
トイレだけ大学のを借りて〜

なんだか懐かしいです。


さてさて、今回は『就活を終えて』ってことで。

わたしは、就活が5月くらいに終わって、
そのままPDBで週2位のペースでインターンしていました。

インターンしつつ、ゼミやって、フジロック行って、四国・直島行ったりしたのかな。

11月の内定式を境にインターンはしばらく休み、
学生のうちに、『行きたいと思った場所には行っておこう!!』と思い
チュニジアとインドと浅草花やしきに行きました。

あと、『やりたいと思ったことはやっておこう!!』と思い、
陶芸始めて、小学生の図画工作教室のお手伝いやって。

振り返ってみると、PDBでのインターンもできたし、
学生生活を満喫することもできたので
なかなかいい時間の使い方だったなと思います。

もう満足です。

これだけ自由にやらせてもらったので、
そろそろ働く時期だなって最近思います。

今週末は卒業式。
きっと武道館の桜は満開だなぁ

そしてそのまま研修に突入です!!


最終決断の時/松田

丸2週遅れでの投稿をお許し下さい。
松田の「最終決断の時」、お送りします。


最終決断の時!…なーんてカッコイイ
タイトルを設けたのは僕なんですが、
それに見合う話がありません。

「決断も何もなく、気づいたら働いていました。」

という表現が一番適しているかな。


11月中旬から就活は飛ばし気味で頑張ってきました。
業種業界問わずにたっくさんの会社を見た。
どの企業にも良いトコ、悪いトコがある。

「IT分野で強みを伸ばすか・・・」
「営業になって弱みを克服するか・・・」
「SEってその中間点だよなぁ・・・」

なんて悩み悩みを繰り返している時に、
PDBの採用過程のインターンシップがやってきました。

面白い面白いと思っているうちに悩みも消え、
なんとなく自分が必要とされている事も感じ、

トントンと、

気づいたら内定インターン生として働いていました。
かなり吉岡君と近いかな。

人事担当の先輩から言わせると
「最も採用に金と時間のかからなかったヤツ」の1人です(笑)


そんなわけで会社説明会や採用系イベントで、学生さんから
「なぜPDBへの入社を決意したのですか?」
と質問された時に困ってしまうわけでございます。

でもこの僕の「直感セレクト」は
大学も、サークルも、バイトも…今まで外した事ありません!

ベンチャー企業へ、ベンチャー(冒険)入社。
まぁ分かりやすくていいんじゃないでしょうか(笑)


最後に・・・
肌に合うなぁという感覚は是非大事にして下さい!!
中身の見えない会社を簡単に信用しないで下さい!!

僕からは以上でございます。でわ!

2006年03月20日

就活を終えて/田中偉嗣

続けて投稿です!

そして悲しいお知らせです。
てか勝手に俺が悲しがっているだけですが・・・。

かねてより決めていた卒業試合(キックボクシング)ができなくなりました。
出ようと思っていた月一のアマチュア大会がなぜか三月だけ開かれません。

どーなってんだ!!

サボりか!?サボりなのか!?

とりあえず、へこんでます。。。。


今回のお題は『就活を終えて』です。

インターンもしましたし、勉強もしたし、遊びもしました。
ただやはり一番力を入れたことは“キックボクシング”です。

そうです、僕のへこんでる理由です。

ただへんこんでるにまかせて個人的な悲しみをぶちまけてたわけではないんですよ。
ちゃんと計算してるんですよ、ええ。


キックボクシングは去年の九月ごろから始めました。
その頃PDBでインターンしてましたが、それを休ませていただきました。

前々から格闘技が好きで、やりたいなぁと思っていました。
そしてそれ以上に思っていたのが、“男だったら生涯一度はKO勝ち”です。

正直あんまり他の人には理解されませんが(笑)

とにもかくにも学生時代に悔いは絶対に残したくなかったんです。
入社まで半年でしたが、思い切って始めました。

現在まで始めてから約半年経ちますが、やって本当に良かったと思います。
全く未知の世界への挑戦で、色々な刺激を受け、学ぶものを大きかったです。

この経験がビジネスの世界で活きるかというわけではないと思います。

ただ学生時代への悔いとか未練はきれいさっぱり無くなりました。
「これからやってやるぞ!!」っていう気持ちでいっぱいです。


ここまで書いて思いましたが、吉岡とそっくりっすね。

ただ僕のほうは蹴りが上手くなりましたが(笑)

目標・ビジョン/田中偉嗣

一週飛ばしてしまった大馬鹿者の田中偉嗣(たけつぐ)です!

皆様、申し訳ございませんっっ!!

バリ島から何とかして投稿しようと思いましたが、無理でした・・・。


そういえば荻野さんも今頃バリですかねぇ。
バリはいいところですよ。ご飯もうまいですし。


と、うまく話を誤魔化したところで本題へ。


『目標・ビジョン』

です。


僕のPDBでの目標・ビジョンは、「行けるところまで行く」です。

そうです。行けるとこまで行っちゃいます。


つまりどういうことかというと、PDBで成長できるところまで成長するっていうことです。
もちろん、ビジネスという世界は前提ですが、人間としてという意味もあります。


目標・ビジョンは何か?という話になると、どうしても何故PDBに入社することに
決めたかということによると思います。

僕の場合は、僕個人の夢に近づくには今よりとてつもなく成長することが必要で、
そのためにとてつもなく成長できそうなPDBを選びました。

それ以外にもPDBを選んだ理由はたくさんありますが、一番の理由はこれだと
思います。

う〜ん、あんまり具体的になってませんね。
多分自分としても、本当の意味で固まってないのかもしれません。

ただ実際に飛び込んでみないとわからないだろうなっていうのもあります。

なんでPDBで働きながら、本当の意味での目標・ビジョンを固めていけたらと思います。


ではでは。


2006年03月19日

就活を終えて/吉岡

今日はうれしいうれしい韓国戦の勝利を胸に
ウキウキしてました。吉岡です。

就活やって、まぁまぁ自分のことも見つめる事ができるわけで。

とりあえず、旅行たくさんしました。
富士登山にアメリカ横断、ヨーロッパ周遊は特にやってやった。

PDBでインターンしてたら、もしかしたら結構それなりに0.8人前位にはなれてたかも知れないけどさ。

要するに見識が広がったって言えばいいのかな。
色んな人がいて、暮らし方があって。
こんな楽しそうに仕事後に飲めたらいいな。
こんな仲良い老夫婦になりたいなっていうイメージが色々浮かんできて。

だからこそ逆に『自分は自分で良いんだ』と思えるわけです。
必死に目指す所に向かえばいいんだと信じれるように改めてなった感じです。

ロジックも取りとめも無い文章なんですが、
PDBでやってやろうっていう向上心みたいな感情が湧いてきてるんですよ。

就活後楽しい事ばっかやった結果この心境に至るって
人って本当に不思議な生き物ですね★(水野晴朗風に(>_<)
何気にすごいなおれって勝手に思っちゃってます。

とにかく来週の今頃は楽しい楽しい研修旅行です!!
応援ヨロシク!
人気ブログランキング[就職]


このブログ何?
以下の2テーマを隔週ごとに用意して7人全員がコメントしていくリレー形式ブログです。

☆:就活振り返り編
★:PDBインターン編
PDB
プレジデンツ・データ・バンク(株)

京橋ではたらく社長のブログ

転職支援ならエクセレントベンチャーを探せ!!転職支援ならエクセレントベンチャーを探せ!!

Thanks☆
アクセス解析「忍 -Shinobi-」
注目企業ニュースリリース