トップ読書感想文ネタ>ファイティング寿限無

2005年10月02日

ファイティング寿限無3



ファイティング寿限無

さすが落語家つかみが巧い(?)結構一気に読んじゃいました。
印象的なタイトルだし、落語家でボクサーって設定も面白いと思いま。
ただ、世界タイトル戦以降は、チョット間延びした感じかねぇ。

ワタクシ、落語は詳しくないので『三方一両損』ってどんな話?
って一応調べてみました。ふむふむ。
一応ってか、コレ知らないと、落ちが決まらんのか?
ひょっとして。
知らなくても、面白かったけどね。

けっこ映像向きな気がするんだけど、映画化とかドラマ化とかされてない・・・
ですよね?

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 立川談四楼「ファイティング寿限無」  [ たつパパ★南北線 ]   2005年11月10日 23:26
橘家小龍は,現代に生きる加藤文太郎だ。 落語と機械設計,ボクシングと単独登山。分野は違えど,本業に対する情熱と,究極の形まで余技(もちろん極めた時点でそれは余技ではないが)を追い求めるストイックさ。元の職場にいるときの厳しいながらも和やかな雰囲気と,頂点...

この記事へのコメント

1. Posted by たつパパ   2005年11月10日 23:31
はじめまして。TBさせていただきました。
映像化のイメージは,中盤以降からワタシの頭の中にも出てきたのですが,小龍に似合う役者が居るかどうかが問題かと。20歳そこそこで,筋肉の整ったスリムな体つきで,かつ弁が立たなきゃいけない。。
10年前のなべやかんだったら務まったかもしれませんが(^_^;)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔