11月1日は『M's court』上棟の日

計画地上に建物が実際に建ち上がった際の
ボリューム感やスケール感といった感覚的な
印象というものは、設計図面やイメージパースを
見ているだけでは、なかなかリアルに感じにくい
ものです

果たして、現在建築中である当物件では、それが
どんな感じになるのか自分がイメージしている
通りなのか少しでも早く確認がしたかったので
上棟が完了していそうな時間(夕方17時頃)
に現場へ視察確認に行って来ました

現場に到着。するとそこには長〜いアームを
伸ばして稼働中のクレーン車と、忙しく作業を
されてみえる何人もの作業員の方々の姿が
171101jyoutou (1)
そう、この日、朝から始めた上棟作業が、夕暮れ
近いこの時間になっても、まだ完了していません
でした。現場の皆さん、本当にお疲れ様です。
171101jyoutou (2)
恐らく、当物件の1・2階平面図をご覧になって
頂くと納得して頂けるとは思うのですが

当物件のプラン・間取りは、かなり複雑と言うか
変則的でありまして…とにかく、作り手側から
すると、組み上げるのが相当大変そうな内容の
建物なのであります
171101jyoutou (3)
まあ、それだけ面白い間取りになっている訳では
ありますが…現場の皆さんが苦労している様子
を見ていたら、なんだか、申し訳ない様な気持ち
にもなってしまいました

このまま現場をウロウロしていても、ただ迷惑で
邪魔になるだけの様な気もしたので、翌日出直す
ことにして現場を後にしました
…………………………………………………………
そして、本日11月2日。改めて現場を視察。
無事、上棟が完了しておりました
DSC_0724
躯体が組み上がった状態の建物を見て、まず感じた
のが(2階建てなのに)デッカイな~
いう高さに関するインパクトです。
DSC_0725
やはり、基礎部分の高さが結構あること&道路と
建物までの距離が近いという事もあって、見た目
的には、設計上の建物高さ以上の迫力というもの
を感じます
DSC_0726
入居者用の駐車場スペースは、建物側から見て、
前面道路の向こう側(反対側)に戸数分確保して
あります。

その為、この”建物が建っている敷地上”には、
建物のみが”建ぺい率MAX”に近い面積割合で
建っており、土地の利用効率としては、全く以て
無駄の無い計画プランとなっています
※敷地に対するボリューム感が凄いです。

さあ
建物の骨組み(躯体)は組み上がりました
ここに真っ黒なガルバ鋼板調のサイディングと
コンクリート打ち放し調のサイディングが貼られ
多面的なフォルムの建物が形成されていきます。
乞うご期待
…………………………………………………………
追記

先日の仕様デザイン決定会議を経て、一部、外観
デザインを修正することにした当物件。

修正後の最新イメージパースが出来上がってきた
のでご紹介致します
南西方向からの外観イメージ)
※実際の見た目的には、もう少し黒の外壁部分が
 濃い色目の黒になるかと思います。
1
北西方向からの外観イメージ)
2
南東方向からの外観イメージ)
3