Vocal School, Venus

ボイストレーニング教室/ボイトレスクール/ボーカルレッスン。 横浜市都筑区、センター北 徒歩2分の、ヴォーカル・スクール ヴィーナスの blog です。 スタッフが日々様々なことを書き連ねます。

   声で演じる愉しみをあなたに。声が変わる! 歌が変わる!! 無料体験実施中!!! 申込はこちら → http://vocal.venus.to/blog2query.html



どうしてこういう人がいるのだろう?
どうしてこうなってしまったのだろう?

偶にそう、思うことがある。

良く似た曲に While My Gutar Gently Weeps があると思う。






稀にいらっしゃるんですけれども、外国語の歌を音楽的に音が美しいからと言うだけの理由で、歌詞も理解せずに当然その歌詞の世界観そっちのけで歌われる方、使われる方。
是非共お止め頂いた方が宜しいです。

ちゃんと歌詞の世界観を理解してから使いましょう。

例えばこの曲、ちゃんと英語の歌詞を見れば要するに「不倫」の曲だと分かります。
… Web でちょっと探すと「結婚式で使った」とかいう話が出てたりして…恐ろしい。

じゃあ不倫だからって、全コーラスしみじみ調で謳う方もいらっしゃいますけど、個人的にはそれもちょっと違うかなぁ? と。ま、これは個人の好みや解釈にもよると思うので一概には言えませんが。

私はこれ前半は確かに不倫が切ないというしみじみと力無く切々調だと思いますが、後半は打って変わって明るく力強く晴れやかに歌う、ある意味前半後半のギャップを楽しむ若干コミカルな歌じゃないかと思いますね。だからそこまでロマンチックじゃぁ無いと思うなぁ。

後半はだって、若干下世話に訳せば「今夜は朝迄一晩中、やって、やって、やりまくるのよ。その為に私はずっと我慢してきたんだから(何を??? 笑)」って、そんなニュアンスだと思うのですよね…(笑)



これも園崎 未恵さん。
でも CD 等には収録されていない。

このページのトップヘ