2016年05月07日

キャプチャ8

日本で有名な飲む日焼け止め薬といえばヘリオケアとNOUVの2種類です。

違いは何かを簡単に調べてみました。

生産国
ヘリオケアは飲む日焼け止めの元祖スペイン生まれ。
NOUVは日本生まれ。

効果時間
ヘリオケアは4時間~6時間
NOUVは2時間

成分などほとんど同じなのでどちらを選ぶかはあなた次第です。


noUV 1箱10錠入り1,944円

ヘリオケアウルトラD1箱30錠入り4900円

飲む日焼け止めが初めてという方はnoUVで試めしてみるのも良いのではないでしょうか。

時間、1粒単位のコスパは断然ヘリオスケアですね!




アトピーの私は日焼けをすると皮がメクレやすく、その後がとくに痒くて大変です。

ひどい時は膿がでるときもあり紫外線が嫌いです。

日焼け止めも肌に合わないとアレルギー反応が出てしまうので、飲む日焼け止めのヘリオケアに期待しています。

ヘリオケアは海外の皮膚科で広く使われており、主成分は中央アメリカに生息するシダ植物から抽出される「Fem Block」と言われている成分。熱帯のシダ植物はアトピー性の皮膚炎に25年以上前から使用されているのですが、いまの所の報告では副作用はないそうです。

ヘリオケアを飲むだけでなく、もちろん長袖や帽子など日焼け対策をすることが重要ですがアトピーの私にとってヘリオケアは神様のようなサプリメントです。
 


⇒飲む日焼け止めヘリオケアウルトラDカプセルを激安で購入するならこちら!




飲む日焼け止めヘリオケアウルトラDはホンマでっかTVで紹介され爆発的に売れている商品です。

子供のスポーツの応援で1日外にいたりすると、日焼け止めを塗ったつもりでもなぜか日焼けしてしまっている経験はないでしょうか?

日焼けはシミやシワなど老化の原因なので体の中から日焼け対策が可能なヘリオケアウルトラDは飛ぶように売れています。


⇒飲む日焼け止めヘリオケアウルトラDカプセルを激安で購入するならこちら!

↑このページのトップヘ