2階のシャワールームのドアは見ていただいた通り、ドアそのものに問題があります。ドアにノブを取り付ける既存のタイプだと片側には大穴が開いているので取り付けられません。なので中を貫通するシャフトの両端のドアノブが固定されるタイプを探す必要があります。
そこで今現在、一階玄関横のクローゼットのドアに使われているものを使いたいと思います。
片側はこんなデザイン20170618_113606_resized

そしてもう片側はこう。
20170618_113611_resized

ドアノブをシャフトから外しました’。シャフトに固定されているタイプなのでシャフトから外すとフリーになるため簡単に抜けます。2階のシャワールームのドアノブは4か所のスクリューでドアに留めていたタイプです。
20170618_113705_resized

余談ですが築70年のわが家は直角、直線、水平といったたぐいの個所は既にありません。
今回のドナーとなるノブのついていたドアを撮りました。隙間ありすぎです。ドアがロックされません。後日直す必要があります。
20170618_114832_resized

プレートを外します。
20170618_114908_resized

もう片側も外します。
20170618_115112_resized

メカニズムも外します。
20170618_115225_resized

右が2階シャワールームのドアから外したもの、左が一階クローゼットドアノブからのモノ。
20170618_115812_resized

外したプレート、何か小さなツマミのようなものがついています。
20170618_115820_resized

裏から見ると、四角柱のシャフトを固定するもののようです。
20170618_115831_resized

1階クローゼットドアに着いていたメカニズム。壊れています。シャフトを固定するための目的でしか使えません。
20170618_120031_resized

仮組みです。こんな感じで着くことになります。大穴が開いているのでウッドフィラーで埋める必要があります。
20170618_122936_resized


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


私の空冷ビートルのこと