2013年08月30日

長距離移動

苫小牧発の深夜便に乗らないといけないので、そろそろ一気に移動です。
日勝峠を一気に通過し、夕張を越えたところで夕飯を意識して少し北へ。
17時半近くなってしまいましたがギリギリ間に合いました。
いつもの東千歳バーベキュー。
店内、少しきれいに直したようです。
image

18時ラストオーダーなので、余裕があると思いきや、
入店したらシャッターを閉めていたので、危ないところでした。
ビールが飲めないのが残念ですが、いつもの注文で。
そして深夜便までは半端に時間があるので、久々の鶴の湯温泉へ。

なんか超きれいに建て替えられているんですけど。
常連風のおじさんに話を聞くと、オーナーが変わって立て替えたとのこと。
お湯もろ過するようになったから、少し効果が落ちたんじゃないかと。
入り口の砂利もほそうされて、庭先でキャンプもさせてもらえなそう。
バイク乗りにはちょっと寂しいリニューアルかも。

そしてまた降り始めた雨の中、無事に苫小牧から大洗へ出港です。  

Posted by vw68 at 16:21Comments(0)2013,北海道ツーリング 

共同学舎交流センターミンタル

中札内辺りまで戻り、道道55号で帯広をパスしつつ
新得の共同学舎ミンタルへ。
image

55号は交通量少なく快走ルート。
ミンタルでは新得生そばパスタの冷製・ジェノーゼがお目当てでしたが
まだどうにも満腹なのと、また夕飯にも影響しそうなので
今回はフロマージュブラン&ホエイジャムとホットミルクにしました。
image

ホエイジャムっていうのはなんですか?とたずねると
「甘いやつです」という回答。
いや、それくらい想像つくんだけれどと思いながらちょっとがっかり気分。
そんな気分だからか特別美味しいという感覚もなくとっとと次の目的地へ。  

Posted by vw68 at 12:00Comments(0)2013,北海道ツーリング 

2013年08月29日

ピョウタンの滝

少し進路が逸れますが、ダムが決壊してできたという滝を見に行くことに。
image

今年は北海道も雨が多いせいか、水量も多くてまずまずでした。
でも、もっと秘境の滝みたいなものに憧れるよなぁ。  

Posted by vw68 at 13:33Comments(0)2013,北海道ツーリング 

帯広「植えるCAFE」

この旅の食事で一番のお目当てがここ。
畑の中にポツンとあるような素敵なたたずまい。
image

店の脇の景色も抜群。
image

以下のランチコースを頼みました。
image

image

image

image

image

メインはもちろん、前菜の野菜の素材感がすごく美味しい。
ハーブティーも自家製でいい香り。

今日乗船なのにこんなに優雅にしていていいのだろうか。。
またぜひゆっくり来たい。  

Posted by vw68 at 12:02Comments(0)2013,北海道ツーリング 

快晴の出発

最終日に快晴で気持ちのいいスタートです。
金曜日の深夜便に間に合えばいいとはいえちょっと遠い。。image
  

Posted by vw68 at 07:36Comments(0)2013,北海道ツーリング 

2013年08月28日

岩保木水門

陽がある内からキャンプ場にいるつもりもなく、
また釧路湿原に逆戻り。
というか昨日のリベンジで、湿原の夕焼けを狙っていたのです。
場所もいい雰囲気の水門のバックにと思い、岩保木水門に決めていました。
image

そして夕焼け
image

写真だと逆光で微妙なので、水門なしの湿原に落ちる夕日。
image

なかなか思うように写りませんが、実際に見るのがやっぱり最高ですね。  

Posted by vw68 at 21:26Comments(0)2013,北海道ツーリング 

早めにキャンプ場へ

昨日の雨でテントがずぶ濡れのままなので、早めにキャンプ場へ。
陽があるうちに一気に乾かします。
image

ついでに寝袋もカラッと。
image

ちなみによく利用する鶴居キャンプ場です。  

Posted by vw68 at 21:20Comments(0)2013,北海道ツーリング 

釧路湿原

弟子屈を越えた辺りから、雨もパラッと降る程度で、
体感気温も少しあがってきました。

今回のメインの目的地のひとつ、釧路湿原探索。
塘路湖近辺でカヌーに乗っている映像を見てから気になっていました。
塘路湖の反対側にある通りに入ると、すぐに川沿いのいい景色。
image

そしてまたダートですが、ギャップさえ避ければ走りやすい。
image

そしてコッタロ湿原展望台。例によってこれですが
ここは人も多く一安心。
image

駐車場から5分程度の展望からの眺めは抜群です。
image

  

Posted by vw68 at 21:04Comments(0)2013,北海道ツーリング 

美幌峠

網走から南下して、恒例の美幌峠へ。
雨は降ったりやんだりでしたが、屈斜路湖の眺望バッチリでした。
image

ただ今までにないくらい強風で、すごい寒さです。  

Posted by vw68 at 20:57Comments(0)2013,北海道ツーリング 

網走刑務所

以前訪問したときは、早朝過ぎて博物館もまだ開いておらず
そのまましばらくノーマークでしたが、この雨なので
走り続けるよりもいいだろうと思い訪問。

まずは博物館でなく、本物の刑務所へ。
image

想像通りの作りでびっくり。
目の前が刑務所作業製品の売店というのが微妙ですが有名な刑務所ならではでしょうか。

そして目の前の川がいいポイントなのか、釣り人が大勢でした。

そして博物館へ。
博物館といったって、そんなにネタがあるもんかとなめていたらとんでもない。
移設、復元のした建物やらなんやらと見所満載で
急いでまわったつもりが、結局1時間半近く見てしまいました。
image

image

image

期待より断然面白い。

  

Posted by vw68 at 20:35Comments(0)2013,北海道ツーリング 

網走方面へ

さて、いざ走り始めると結構ひどい雨です。
ルートも煮詰まらないままとりあえず網走方面に戻ります。
初っぱなの目的地は「遠音別PA」秋に鮭の遡上が見られるというので
時期的に微妙ですが、行ってみると・・
image

また朝からこんな調子ですが、先に進みます。

ところが昨日、コンビニにも寄らずに飲んでしまったので、朝飯がまだでした。
ということで斜里の街に入ったところでセイコマに寄り道。
image

超寒いと思ったら、たかだか20km程度で服の中まで濡れはじめました。。  

Posted by vw68 at 20:16Comments(0)2013,北海道ツーリング 

さすがに雨

北海道のなかではましな方みたいだけどさすがに結構降っています。
こんなキャンプ場でした。うるさいバカどもがいなければ結構いいところだったのに残念。image
  

Posted by vw68 at 08:00Comments(0)2013,北海道ツーリング 

2013年08月27日

知床峠

せっかく天気がいいので知床峠を走るついでにマッカウス洞窟をめざす。
快晴で気持ちよかったのも束の間、数分後には濃霧。。
知床峠のパーキングはこんな調子。
image

そしてマッカウス洞窟のヒカリゴケも光ってるんだかなんだか。。
image

とか言いながら、オホーツクの夕焼けを見るために知床峠を逆戻り。
そしてウトロの国設知床キャンプ場(\400)に宿泊することに決定。
キャンプ場の奥が夕日の見える展望スペースになっています。
image

ちょっと雲が厚くて残念ですが、それでもこんなきれい。
そして夕食、たまにはうまいもん食べないとね!
image


  

Posted by vw68 at 18:55Comments(0)2013,北海道ツーリング 

そして知床へ

これは予定になかったのですが、昨日キャンプ場で会ったライダーから
「25日に環境規制解除されたから、カムイワッカにバイクで行けるよ」
という話を聞き、急遽メインイベントに昇格。
以前、バスで行ったあのルートを自分のバイクで行けるなんて素敵。
そしてまたダート10kmちょい、交通量も多いのでしまっているけど
景色がよすぎて、気が散ってしまって意外と危ない。
(ずっとダートなので写真が撮りづらい)
image

そして到着後、前回同様靴下で滝をのぼる。
image

image

image

一の滝から先は落石により進入禁止。。
ちょっと先までみてみましたが落石ごろごろでした。
以前のように滝壺に入っている人もおらず、ちょっと残念。
とはいえ、やはり北海道でしか体感できない自然を満喫できてよかった。  

Posted by vw68 at 14:38Comments(0)2013,北海道ツーリング 

能取湖

林道を無事に抜けてすぐの北勝水産のホタテバーガーで腹ごしらえ。
image

毎度ながらうまい。持ち帰りも頼めばよかった。
そして店で会った、稚内から下りてきたライダーから北も天気がひどかったことを聞く。
結局東に来て正解だったみたい。
そして進路は東、能取湖のサンゴ草が9月頃から色付くとのことで
時期的には微妙ですがさてどうでしょう?
image

image

近くでよく見ると若干色づき始めたくらいでちょっと残念。。  

Posted by vw68 at 12:04Comments(0)2013,北海道ツーリング 

また北上、サロマ湖へ

昨日は雨を避けるのに南下しましたが、あらためて北上します。
(おかげでテントも乾くほど雨を避けられました)
天気もよいのでペースも上がり、一気にサロマ湖へ。
ツーリングマップルによるとサロマ湖の展望台まで10kmダート。
展望まで行くかどうか悩みましたが、いざ行ってみると
展望までは5km、そして展望から反対のルートで5kmちょい。
林道の総延長が10kmちょいで、結構しまったダートです。
それならばと展望まで意気揚々と向かうと、得意の看板が。
image

他に駐車している車両もおらず、実際の目撃情報となるとちょっと怖い。
とはいえ展望も階段上れば近そうだし、クラクション鳴らして
ラジオ鳴らしながら行けばすぐでしょ。
ということで震えながら階段を上る。
image

そして展望台のてっぺんに上ろうとすると、頭上から「こんにちは!」と声が!
すげえビックリした上、クラクションの件とか恥ずかしかった。
登山道もあって1時間ほどで登れるようです。
雲は多めながら、無事にサロマ湖を見渡せました。
image

置いてある記録ノートの昨日の記載を見ると
「360度どころか360cmしか見えませんでした」とか
「熊は出ませんが霧が出ました」といったものばかり。
昨日無理しないでよかった。  

Posted by vw68 at 10:37Comments(0)2013,北海道ツーリング 

山の水族館

前にも休憩で立ち寄ったことのある道の駅おんねゆ温泉。
この施設の奥にある水族館が気になり、朝一番に立ち寄り。
一番乗りで開館待ちです。image

そして時間ぴったりに開館。
入ってすぐの見上げるような水槽や
image

冬に凍る水槽
image

イトウの水槽
image

そして遡上のようすを観察できる水槽など
image

思ったよりも凝った水槽が多く、別の季節に来ても楽しめそう。
  

Posted by vw68 at 08:53Comments(0)2013,北海道ツーリング 

2013年08月26日

一気に東へ

明日以降のことを考えると、なるべく東寄りにいた方が便利かと思い
高速道路の無料区間も利用し、一気に東へ。
途中で気がつきましたが、今日は道東の天気がいまいちなのでした。
途中からずっと雨。
重装備の甲斐なく、冷えきりました。。
そして遠軽で瞰望岩に登りたかったのですが、
雨の上、時間も厳しくなってしまったので下から見るだけで我慢。image

この雨でキャンプもきついので、南下してみたら
少しでもましなことを願いつつおんねゆ温泉、つつじ公園へ。
ギリギリ陽が落ちる前にテントも設営完了。
広くて明るいイメージのなかなかよさげなキャンプ場。image

おんねゆ温泉もつるつるで気持ちいい温泉。
久々に長湯です。  

Posted by vw68 at 17:59Comments(0)2013,北海道ツーリング 

進路について悩む

地図上の予定では中頓別鍾乳洞に行こうかと思っていましたが
久々の北海道のペースがつかめてきたら、どうにも遠い気が。。
遠いのはいいとして、途中に興味のある場所が無さすぎて
(前に色々行ったからですが)
鍾乳洞のためだけに片道200kmコースはちょっと無いかということで
とりあえず東に進路をとることに決定。
何気なく通る新城峠が美瑛っぽかったりimage


戸外炉峠もいい景色。image
  

Posted by vw68 at 13:25Comments(0)2013,北海道ツーリング 

悲別ロマン座〜スタープラザ芦別

この辺りの炭鉱のことをネットで下調べしているときに見つけた
ドラマの舞台にもなった旧映画館。image

今は喫茶できるようになっているとのことで、
朝からコーヒーでも飲もうと思って来ましたが、残念ながらお休み。
仕方ないのでちょっと先の道の駅でお昼。
ガタタンラーメンというのが名物らしいのでそれに決定。
とろみのついた海鮮タンメンといった感じ。image

後から入れる調味料を足すと、コショウ系スパイシーになりパンチはあるかも。
もっと野菜たっぷりなら美味しいのかも。
そして道の駅手前からずっと見えている巨大な観音様は一体なに?image

  

Posted by vw68 at 12:12Comments(0)2013,北海道ツーリング 

旧急赤間炭鉱ズリ山階段

滝川を越えて赤平駅辺りで、まったく予定にないけれど気になる看板を発見。
日本一のズリ山階段777段とのこと。image

この先に住友の鉱山跡もあり、関連スポットとして寄り道。
777段、標高は197.65m、どれくらいで登れるかまったく見当がつきません。
しかも熊出没注意。image

とはいえ、これくらい整備されたところ、登れないわけがありません。image

一気に行きます。
と思ったら一気は無理でした。。
400段辺りのベンチで一休みして、結局15分程度で頂上へ。
カッパを来ていたから汗だくですが、見張らしは最高。image

ちなみにすぐ先の鉱山跡もいい雰囲気。image
  

Posted by vw68 at 11:03Comments(0)2013,北海道ツーリング 

北上

ラジオ体操も済ませ、とっとと出発。
それにしてもセキュリティバッチリの宿でした。image

クラーク像でも見に行ってみようかと思たら
バイクは駐輪するなと注意され、
近所でどこに停車できるかわからないとのこと。
たかだか止められたところから100m程度、
ちらっと見せてくれてもいいのにねぇ。
見る気をなくしてそのまま北上です。   

Posted by vw68 at 07:29Comments(0)2013,北海道ツーリング 

2013年08月25日

藻岩山

地下鉄に乗り、まずはすすきのへ。
そこから初めての路面電車、バス、ロープウェイと乗り継いで夜の藻岩山へ。
(男一人で夜景ってのもなかなか微妙ですが、せっかくなので)
途中から豪雨だったので、夜景どころじゃないかと思いましたが
とりあえず頂上まで行ってみると、数分ではありますが
ちょうど街の方向だけ雲が晴れました。image

その帰り雨の中、久々に履いた靴が分解。。
雨の札幌の街を半分裸足で歩いている感覚でした。
image

  

Posted by vw68 at 21:47Comments(0)2013,北海道ツーリング 

今日の宿

今日は夜も雨予報。
初日からテントやらなんやらびたびたも厳しいので
シャッター付きでバイクも安心の札幌国際ユースホステルに宿泊。
下手なビジネスホテルよりよっぽどきれいで個室利用で3800円。
飲みに出るのも駅直近だしすごく便利です。image
  

Posted by vw68 at 17:36Comments(0)2013,北海道ツーリング 

真駒内滝野霊園

霊園なのになぜかモアイがずらり。
大仏様やストーンヘンジまで!image
  

Posted by vw68 at 16:01Comments(0)2013,北海道ツーリング 

支笏湖

ようやく雨も落ち着いてきました。
北海道らしい景色でテンションも上がります。image
  

Posted by vw68 at 15:17Comments(0)2013,北海道ツーリング 

丸山遠見望楼

雨は降ったりやんだりしながらですが、第一目的地の丸山遠見望楼へ。
支笏湖の手前、林道5km位ですかね。
今回は無茶は無しですが、これくらいならねぇ。
なんて思っていたら、砂利よりも雨でダートが泥々でずるずるです。
登りきってもそんなに見張らしはよくありませんが、
元々は山火事の見張り台だったみたいです。
支笏湖くらいは見えるかと思ったのに残念。image
  

Posted by vw68 at 14:48Comments(0)

下船

さあフェリーから駆け下りて出発だ!
と思いきやざんざん降り。。
カッパ着て気を取り直して出発。image
  

Posted by vw68 at 14:00Comments(0)2013,北海道ツーリング 

着岸

ほぼ定刻で北海道に到着。
雲行きが怪しいなんてもんじゃないんですけど。。

下船順はトラック、普通車、バイク、自転車の順。
様子を見ながらのんびりいきますか。image
  

Posted by vw68 at 13:29Comments(0)2013,北海道ツーリング 

船上の朝

今日の北海道の天気はくもり〜雨といまいちの予報ですが
船上の朝の天気は雲は多めながら意外と気持ちよい感じ。
昨日の大洗までの走行中の気温は31〜34℃位でしたが
さて北海道の気温はどんなもんでしょうか?image
  

Posted by vw68 at 07:46Comments(0)2013,北海道ツーリング