一般家庭では関係ないものですが、
なんでも住居以外で建物や建物の一部をこれから使用し始める時などで、
建物を使用する者(オーナー、テナント等)が使用する前に消防署に
「防火対象物の使用(変更)届出書」 を届け出なければいけないそうです。


防火対象物使用開始届を必要とする場合は次のような場合です。
 
・建物や建物の一部を新たに使用し始める場合(工事を伴わない場合も含む)
 
・間仕切りや内装などを変更する場合
 
・使用形態を変える場合
(たとえば事務所だったものを飲食店に変更する。銀行から病院に変更する。
住宅であったものを物販店舗に変更する等などが該当します。)   

 
これらの申請に必要な届出の用紙は各消防署、出張所で受け取るか、
東京消防庁のホームページからもダウンロードすることができるそうです。
 
そして届出書に必要事項を記載し、案内図(付近の地図)、
平面図、立面図、断面図、仕上表を添付して提出する必要があります。
 
防火対象物の一部分を使用する場合や、
一時的に使用する場合も必要になるそうです。
 
一部分を使用する場合は、
必要図面は該当部分の図面だけでかまわないそうです。
 
ですが、詳細については各消防署まで問合せて下さい。
 
きちんと忘れず防火対象物使用開始届、申請しましょうね。