voiceの、だってMC長いんだもん

谷藤勝彦である。 Voice Works Sapporoの校長である。 Recallってバンドのヴォーカルだ。 ほかでもあれこれと歌っている。人生はRockだ。

サッポロシティジャズ@Brooklyn Parlor Sapporo ラスト!

さあ、怒涛の現場もこれにて終了。

今年からサッポロシティジャズの現場となりましたこちら。

昨日は2アーティスト、今日は3アーティストです。

しかも、素直な弾き語りとか1組だけだしっ!!


先ずは江別市出身、戎谷聖一郎さんの登場。

2年前までは東京都内のホールクラスの各有名会場で活躍し、テレビ出演もこなしサマソニにも出演、北海道に戻られてからは、クロスロードライブなどにも出演、現在は北海道を拠点に活躍中の方です。

なんと、アコギを横に弾く方で。

「ラップ奏法」ってんだそうです。

俺には横と言えば、大正琴か小樽のチャーリー佐々木のドブロしか思い出せないが。

36

              そして、このギターは「オールカーボン」なんだそうです!

道理で「鳴り」が妙にピーキーだったわけだ。

アコギにしては何だか「音」の立ち上がりと減衰が淀みなく、ハッキリしておりました。

これで「ディズニー」や「ポップス」を、4発のスピーカーからインストで奏でておりました。

このスタイルの方には初めてお目に掛かりましたね。

興味津々な俺。


元々はV系ロックバンドのギターヴォーカルだったと言う「強者」。

急に親近感沸きましたね。www

またやりましょう!と意気投合してお別れしました。

01

              さてお次は今度は大阪からのデュオ「Rio & Syuga」

お父さんがマネジメントされていて。

23

              俺も大学が大阪なので、すっかり意気投合。

もうなくなっちゃったけど、「八尾西武」の話で盛り上がりました。www

01

              最初は姉弟かと思ってましたら、違うそうでして。

2007年に当時、高校生だったピアニストと小学生だったバイオリニストの2人が世代差を越えてユニットを結成。

以来、様々な現場で活躍して来られたとの事。

サッポロシティジャズのパークジャズライブコンテストのファイナリストになった為に初来道だったそうです。

そう言えば戎谷さんもファイナリストだったな。

07

              Syuga君、「題名のない音楽会」にも出た事あるのね、、、、。

経歴が華々し過ぎる。

詳しくはH.Pを。

http://comeland.jp/riosyu/

35-1

              この日のヴァイオリンは「ワイヤレス」でしたのでSyuga君、客席に飛び込んで練り歩き。

良いエンタメでした。

お父さん、大阪で一番大きい音響会社の社長さんだし。

良い音楽一家で御座いました。

46

              またお会いしましょう!と約束してお別れしました。

ジャンル問わず、素晴らしい若い才能と巡り合えるのも、この仕事ならではの事だと感謝。

19

              そして、このステージのラストを飾って下さるのは、なんと愛弟子の松本彩ちゃんでした。

コレは俺の仕込みでは無い、本当の偶然です!

なのでタイムテーブルを知った時は軽く驚きました。

23

              松本彩ちゃんは洋楽に拘って、その世界観を披露してくれます。

オリジナル含めて、大事にしている歌唱スタイルにも磨きが掛かって来ました。

47

              ソレは昨年からの2度にわたる渡米、洋楽カバー、オリジナル曲を中心に札幌拠点とした数々のLIVE活動、アメリカオーディション番組THE VOICEオーディションにアジア人特別枠に選抜され、さらにアポロシアターアマチュアナイトオーディション予選通過中、来年3度目の渡米を視野に入れて活躍中なのを見ていれば分かりますよね。

心震わせる様なソウルフルな歌声が身上。

50

              ニューヨークで受けたボイトレも良い影響を与えてくれたと思います。

行動力の強さが、彩ちゃんの様々な世界観の見識を広めて、懐の深さを形成している気もしました。

歌は人柄だからね。(^_-)-☆

03

              なんと、初の「サイン」を!

嬉しいよね、ポスターにサインとか。

12

              お疲れさまでした!!

宮本店長と彩ちゃん、記念に一枚。


あ〜、これで怒涛の4日連続、合計9現場事故も無く無事に終了!

様々な楽器と環境の音響を担当させて頂き、本当に勉強になった4日間でした。

機会を与えて下さった皆様、誠に有難う御座いました。

疲れもピークで、夜、足がつって寝れませんでした。涙

また次回も宜しくお願い致します。

出演者、演者の皆さま、またご一緒しましょう!

また明日。

06

サッポロシティジャズ パークジャズライブにメロウデュ&大和田慧、登場。

さて、怒涛の土曜日が明けていよいよ、今年もサッポロシティジャズのステージにメロウデュが登場。

更に今回は、昨年【SAPPORO MUSIC TENT LIVE】に出演、Special guestに佐藤竹善さんを迎えてライブを行った東京出身の新進気鋭のSSW、大和田慧ちゃんをお迎えしてのライブとなり。

より豪華なステージとなりました。

59

              正直、今だから言いますけど、昨年MUSIC TENTに出た様なメジャーのアーティストに、一般の出演者の会場で演奏して頂く事には、この4日間の大和田さんのライブスケジュールを組んだ際にも悩みました。

そんな事していいのかな?と。

初動の段階では多少の抵抗感が俺には在りました。

悪い事してるんじゃないか?とも。

06

              だけど、MUSIC TENTには観に行っていない札幌の数多くのお客様の皆さまに、慧ちゃんの歌声を聞いて頂きたい欲求の方が勝りました。

歌える「場」は、無いよりも有った方が良いハズだ、と。


それが「考え方」の根拠にありましたので、決定に至りました。

また大和田さんも快く引き受けて下さいましたので、短い時間ではありましたが素敵な時間を作る事が出来ました。

慧ちゃん、ありがとう。


そして、それを受けて素晴らしいサポートをしてくれたメロウデュの2人にも勿論感謝。

世界最高峰のピアノ、スタインウェイとかおり。

34

              八木ちゃんは本日も通常運行です。www

45

              出番前、先に演奏しているメロウデュの演奏を聴く慧ちゃん。

31

              流石に遠くてちゃんと撮れないなぁ。

51

              かおりが時々、頭しか見えない。涙

23

ありがとうございました。

16

              STVホールはやっぱり大きいねぇ。

23

              そして、大和田慧、登場。

13

              毎日一緒にライブやってるので、当たり前に息がピッタリ。

14

              やっぱり、ここで歌ってもらえて良かった。

素直にそう思いました。

15

              また札幌に来て下さいね。

そして、一人でも多くのお客様にその歌声が届きますように。

願っております。

15-1

              終演後、ファンの皆さまと。

いつもいつも、応援有難う御座います。

本当に感謝しております。

32

で、俺はここからまたシティジャズの音響のお仕事でBrooklyn Parlorさんへ。

なのでSTV向かいのハンバーガーキッチンにて打ち上げ。

乾杯!お疲れ様でした!

57

              プレイヤーのこの笑顔を見る為にも頑張ってるところが俺には沢山あります。

なら、ブッキングして、アーティストマネジメントして良かった。

45

              でっかいハンバーガーを平らげて、俺はここで皆とお別れ。

一路、Brooklyn Parlor Sapporoさんへ。

メロウデュ、ご苦労様でした。

慧ちゃんまたね。

ホントにありがとう。


続きはまた明日。

51

で、土曜日のラストは、、、。

この日はDAY&NIGHTさんで、マネジメントしているメロウデュと、東京から来られたSSWの大和田慧ちゃんのツーマンライブも同じ時間に開催しておりましたが、俺は当たり前に時間がもろ被りで行けず。涙

Brooklyn Parlorさんの片付けを終えてから向かいましたが、もうお客様も引けて会場も後片付けをしているところでした。

でも、その時にメロウデュのかおりちゃんが、著名なジャズ歌手でフリューゲルホルン奏者のTOKUさんと2人でセッションした演奏が、FM North Waveの自分の番組から流れていたのをその場の皆で聴いていて。

何だかとても幸せなひと時でした。

15

              ライブも大入り満員で終えられた様で俺も一安心。

で、その後に翌日のSTVホールのサッポロシティジャズの打ち合わせと、ライブの打ち上げを兼ねて遅い食事に。

15

              ま、例によってメロウデュメンズはスイーツ男子ですが、何か!www

21

              で、家に帰ったのが深夜3時。www

翌日も頑張ります!

また明日。

28

そして土曜日の2、3現場目に突入。

さて、爆走でアリオ札幌からBrooklyn Parlor へ。

今年からこちらBrooklyn Parlor Sapporoさんがサッポロシティジャズの会場にもなったんですね〜。

必然、音響担当はワタクシ。(;´・ω・)


先ずはSSWのRIHOさんのPAを。

古い知り合いの事務所がらみでもあったので、緊張せずにお相手させて頂きました。

お名前は色んなところで拝見しておりましたので、良い機会にも恵まれました。

有難う御座いました。

00

              さて、色んな意味で自分の成長に繋がった「出会い」でした、東京から来られた「VOLTA MASTERS」の皆さん。

D.Jセットに鍵盤、サックスにヴォーカル、と言う編成で。

実はここBrooklyn ParlorさんのD.Jセットは音の出力方式がかな〜り変わったスタイルになってまして、通常のPAセットからミキサーを介して出て無いんです。

つまりは、他の楽器とのバランスがミキサー上で取れないことになるわけで、、、、!!

56

短時間でしたが無茶苦茶、頭使いました。

どうしようもないバランスの悪さの音環境で、プレーヤーの皆さんがまともに演奏出来ない状態になり。

うん、あれは無理。

リズムが当たり前にD.Jから来てるのに、モニターから帰って来て無いんだから、合わせられるワケも無い。

普段お会い出来ていれば、事前に打ち合わせやら解決方法の模索も出来たんですが、当たり前に東京と札幌。

なので、シュミレーションするしか無かったんですが、ここまで酷いことになるとは思わなかった。

プレーヤーの皆さんも唖然としてるし、、、、。



何とかしましょう。

本当に追い詰められた感じで、脂汗かいて考えてたのは恐らく3分ぐらい。

42

解決しました。(;´・ω・)

リーダーの市川さんにも随分と気苦労かけちゃいました。

メンバーの皆さんも嫌な顔ひとつせずに俺の仕込みに付き合って下さいました。

感謝しております、有難う御座いました。

51

              1st終えて、ほぼ放心状態の俺に宮本店長から、新作の冷静パスタを差し入れ頂きました。

メッチャ美味い。しみる。

17

              え〜、この素晴らしい音楽集団「VOLTA MASTERS」の皆さんは、良い歳こいて不勉強な俺には本当に未知の方々でして。

知れば知るほど、とんでもない経歴でした。

ご紹介を。


2005年インディーズ活動を開始、数々の伝説的な実績を残しつつVOLTA MASTERSは活動の舞台をメジャーフィールドへと移し、2010年2月ジェネオンユニバーサルより「Piece」を発表。

同年avexとメジャー契約を結ぶ。

土屋アンナRemixアルバムへの参加を皮切りに、SPEED 再結成ツアーにて楽曲アレンジを担当、島谷ひとみへの楽曲提供等を経て、3月に「Lovers」を発表。

VOLTA MASTERS史上、最もキャッチーなアルバムとして、多方面から高い評価を得て、韓国チャートでも1位を記録。

同年12月新木場STUDIO COASTで行われた土屋アンナのワンマンライブにゲストとして出演と共に、映画「バトルロワイヤル 3D」の主題歌を作曲、プロデュース。

更に、ウォルトディズニー制作の人気コンピレーションアルバム「Urban Pop」にJUJUや三浦大知等と共に参加。
2011年3月には事実上の7枚目のアルバムとなる「Suite」が発売される。

このアルバムには、国内からDOUBLE、土屋アンナ、MONKEY MAJIK、MAY'S、Monday満ちる等、国外からはNaughty By Nature、SADAT X、Camp Lo、Lords Of The Underground、Elisha La'Verne、Steph Pockets等、過去最多のフィーチャリングアーティストが参加した。

同年6月株式会社バンダイナムコより発売されたSony PSPソフト「ガンダムメモリーズ〜戦いの記憶〜」のサウンドプロデュースを行なう。

2012年、自身の大ヒットシリーズの続編である「Volta Masters At Work 3」をリリース。

自身のルーツに立ち返った本作では、A.G、EdO.G、Keith Murray、Sadat X、Jaz-OといったHipHop黄金期のアーティストと共演し各方面からの評価を受けた。

At Work 3のアナログレコードがマンハッタンレコードからリリースされる。

同年2月に、ニコファーレで行われた「ルパン三世大感謝祭」にて大トリと務め、「Lupin The 3rd Remix feat. Steph Pockets & Michael」などを披露し、視聴者数は15万人以上を記録した。またムラサキスポーツサーフィンCMに「Be Strong feat. Mariko Gale」が起用される。

2013年1月よりレディオ湘南で自身の番組「UP LINK」がスタート。

同年4月、世界的に著名なレゲエアーティストJohnny Osbourne、Kilimanjaro Soundの来日ツアーを主催。
5月には日本屈指のジャズピアニスト板橋文夫 feat.VOLTA MASTERSの公演を実施。

また、TRIBECAとのニュープロジェクトTHE PRESIDENTSのアルバム「WE ARE THE PRESIDENTS」をリリース。「The Peace Sign (2Fingers)」がテレビ神奈川の番組テーマ曲に決定した。

7月にMBS、TBS、CBC等でOn AirされたTVアニメ ダンガンロンパ THE ANIMATION 主題歌「Never Say Never」のトータルディレクション。

8月には自身の「VOLTA MASTERS BAND」でビルボード東京、ブルーノート等といった会場にてElisha La'Verneとツアーの実施。岩手県宮古市での復興支援コンサートも成功を収める。

10月、湘南で行なわれたフェス「One California Day」にVOLTA MASTERSフィーチャリングSteph Pocketsとして出演、更に、SONY世界初で話題の9.1ch対応のデジタルサラウンドヘッドホンシステムのCM楽曲を提供。

11月にリリースされたManhattan Records Presents "Vinyl Hits" Vol.2 に「1773-Mr. Lawrence / Heart Music VOLTA MASTERS Remix」が収録され、同アルバムはiTunes HipHopチャート1位を記録した。

その他ジャマイカやニューヨークにてダンスDVDの製作など多方面での活動の場を広げており、ますます目が離せない。

そして、あのプリンスにも作品をリミックスしてもらってたり、、、、。

http://ameblo.jp/voltamasters-revolution/

素性、知らなくて良かった。www

14

              2ndステージの途中、何かお知り合いのお子さんなのかな?トランペットの若干15歳の少年が飛び入り!

何だ、おい。ひどく上手いんでないか!

世間広すぎ、俺の知らない事は当たり前に巷に転がってるよ。

54

              そして、7月に待望のニューシングル「PLACE IN THE SUN」がリリース。

今回はそのリリースツアーでもあったんですね。

バンドメンバーは、「VOLTA MASTERS」D.J市川さん、ヴォーカルに横浜の歌姫「Sierra」、サックスに「豊村綾香」、鍵盤に「丘乃聖子」、と言う布陣で来道。



ここが一番言いたい。

メッチャ歌も演奏も良かった。

いや〜、久しぶりに揺るぎない歌を歌われる方と出会いました。

「Sierra」さんね、隙が無い。

全く。

演奏スキル高いし、これは素晴らしい。

市川さんのミックスも本当にカッコよかった!

また会いしましょうね。

さて、次はこの現場からDAY&NIGHT行って来ます!

もう22時過ぎてましたが、まだまだ終わらないんです。

また明日。

そして土曜日は4現場だった。涙

え〜、この日は今年最も「テンパリ」ました。涙

先ずは朝一でアリオ札幌に集合。

愛弟子HALの月一イベント「アリオスペシャルサタデー」の音響。

毎回、子供達のダンスや、大道芸のパフォーマンス、アーティストのライブ、クイズ大会、などなどファミリー向けの楽しい企画イベントです。

今回は2度目の登場のバトンダンスの子たちです。

よくバトン落とさないでやれるもんだ。

大したもんです。

55

              やっぱりHALは3人組になりました。www

12

              2人組の「原点」に戻ってのライブ。

22

              俺的には、このスタイルが何年も見慣れているので、分かり易い。

24

              思えばHALは来年で10周年なのである。

今まで4回程のスタイルチェンジして来た彼等だけれど。

そのアーティスト性みたいなものは結局何も変わってはいないんだ。

28

              お客様をいじりに行くたぁ〜坊。

30

意外とアッサリ帰って来た。

33

              北海道のファンの皆さまを大切に。

昨年は道外に出る機会の多かったHALですが、やはりやって見たからこその、目の前の皆さんを大事にしたスタンスの再確認が出来た様です。

俺は良い事なんじゃないかな?と思ってただ側で見ております。

47

              ShowTA、黒過ぎだから。

57

              さて、朝9時から昼の15時まで、この会場で音響のお仕事をこなして。

終了と同時に赤れんがテラスに出動!

ここから怒涛の「サッポロシティジャズ」のPAしに行きます。

お次は今年からシティジャスの会場になった、Brooklyn Parlor Sapporoさんに向かいます。

そして、同時にメロウデュ&大和田慧ちゃんのツーマンライブもっ!



続きはまた明日!!

暑くてマジ死にそうだった!

メロウデュ&大和田慧 Live At Brooklyn Parlor Sapporo !

さて、これから週末に向けた怒涛のライブ連荘のこの日は、慧ちゃんにしてみたらライブ2日目、メロウデュにしてみたら「初日」。

場所はお馴染み、Brooklyn Parlor Sapporoさんです。

翌日にツーマンライブを控えておりましたので、この日は2度目の「公開リハーサル」と称してライブ。

36

              もうなんでしょうね、このユニット、うん3人のユニットみたいな雰囲気もあるくらいで。

札幌と東京で離れてるし、合わせの練習なんか一度もしてないし。

38

              それでもここまで「違和感」が無い演奏になる辺り、それぞれのスキルとフィーリングのレベルの高さが物語ってますよね。

13

              この日はメロウデュの曲は演らずに。

カバー含めて、慧ちゃんのヴォーカルをフィーチャー。

54-1

          演奏前に、二言、三言交わしただけで。

かな〜り、ソウルフルな展開となりましたね。

56

           PAもやり易かったですね。

まあ、このメンバーなら当たり前か。

57

          終わって全員でディナー。

ご苦労様でした。

34

              慧ちゃんのマネージャーさん、RUNの田渕さんも交えて乾杯!

明日も頑張るぞ!

25

              Brooklyn Parlor Sapporo宮本店長と記念に一枚。

いつもありがとうございます!!

続きはまた明日。

46

大和田慧、北海道ライブツアー初日の模様。

先週の木曜日の事になりますが、昨年からご縁が出来ました東京のシンガーソングライターの大和田慧ちゃんの北海道ライブツアーのブッキングなどお世話させて頂きました。


サッポロファクトリーアトリウムにて、インストアライブを開催。

大和田さんは初めての場所でしたけど、よく似合う場所だと感じました。

35

              リハーサルから伸びやかな歌声で。

段々とお客様も集まって来ました。

慧ちゃんのファンの方も来て下さったり。

20

              本番スタート!

20

              (H.Pより)ソウルミュージックとキャロル・キングらに影響を受けた楽曲、深い共感を呼ぶ言葉で、その世界へと静かに引き込んでいく。透明で繊細な歌声はやさしく、時に力強く言葉を響かせる。

正にその通りで。

50

              ツアーのこけら落としとして良いライブになったと思いました。

東京から入って、会場直行で直ぐライブで本当にお疲れ様でした。

20

              物販も好調で、良かった。

そして、ここから連日4連荘のライブとなります。

続きはまた明日。

46

Spinout! vol3もありました。

さて、V.F.Oの次の日は我がVoiceWorksSapporoのスクールイベントのシリーズの一つ「Spinout」の3回目を開催。

俺、ここが「本業」なので当たり前に集中。

最近のこのブログ見てたらさ、何が俺の本業なのか?分かんないかも知れませんが、ヴォーカルスクールの代表なんです。

プロダクションでもマネジメント会社でも音響屋さんでもありません。

結局その「機能」は果たしておりますが。(;´・ω・)

俺はプロのヴォイストレーナーです。www

だから「本業」に勤しむのは当たり前。


愛弟子たちの「成長過程」を見れるのがこのイベント。

スクールイベントは「課外授業」なんですね。

プロアマ問わず「良い歌い手」目指すなら「現場」踏まないとね、絶対成長しません。

だから実施してます。

「新人戦」の様相も呈してますこのシリーズ(希望者はだれでも出れるので、世代は関係無いですが。)、チャレンジ精神で全く構わない内容となっております。

各自好きな事を好きな様にやりたい事をやって、いずれは「独立独歩」で「良い歌」を歌える様になろう!ってイベントです。



見鳥明日香さんです。

いつもはアコギを持ってオリジナル曲を歌ってる方ですが、この日は大好きな「絢香」の曲をカラオケで歌う、と言うスタイルで歌唱。

オリジナルだけでは表現出来ない部分を、カバーをやる事で勉強して披露したい!と言う内容でした。

楽器を抱えて弾きながら歌う事と、楽器を持たずに立って歌う事では、色んな「事情」が変わります。

良い勉強の場になった事と思います。

31

              小学校4年生の時から来てくれてるので、高校2年生って事はもう7年ぐらい来てくれてます、地徳勇佑君です。

オリジナルとカバーを含めて演奏。

アコギもね、実際にPA通じて音を出して見ないとその「本当の姿」が分からないものです。

特にLOWの出すぎや、ピッキングによる出音のムラ、ヴォリュームのムラ、などなど色々自分がビックリするぐらい普段との違いに動揺するぐらいの「違い」に躊躇する子も多いです。

だから実際ライブやらないと分からない。

地徳君も現場を色々とこなして来たので、大分自覚できる様になって来ました。

こうして現場で「コントロール」も覚えるものですね。

31

              もうベテランの域ですね、「アメリカ帰りの帰国子女」Jake The Freak君です。

PCで作ったトラックを流して、アコギを弾いて歌います。

元々はSoul of A CROWNってバンドやってまして。

ソロになってからはずっとアコギのスタイルで。

だけど、バンド時代の楽曲をトラック作ってリバイバルさせました。

これ良かったです。

また聞かせてもらいたいです。

45

              高橋志奈(ゆきな)さんです。

新人さんですね、工藤裕人君の紹介で来てくれまして。

学生時代にバンドで歌っていたそうで、またやりたくなって来てくれました。

カッコいい声の持ち主ですね。

いつかオリジナル曲とか、洋楽のカバーなんかも聞いて見たいですね。

なんせ、緊張しまくりだったけど、あれだけキチンとMC出来るなら大丈夫だと思います!!

お疲れ様でした!

36-1

              伊勢優花さんです。

この方も新人さんです。

鍵盤の弾き語りで、3曲披露そのうち2曲が洋楽で。

Vanessa Carltonの「A Thousand Miles」は久しぶりに聴けて新鮮でしたね。

パテシェを目指しつつ、歌でも夢を追いかけたい、と頑張ってる19歳です。

初めてのステージとは思えない堂々とした歌いっぷりでした。

41

              melody♡cand!yの妹分、富本愛琉ちゃんです。

中学1年生の13歳。

これまた新人とは思えない堂々としたステージングでした。

どこで何をするか?をきちんと考えて来てるのが分かります。

沙希の楽しみなしっかり者ですわ。

44

              彼女もベテランの域ですね、笹谷優花さんです。

この半年間ぐらい、あるキッカケがあってみっちりレッスンしました。

その甲斐あってか、実に歌が上手くなりましたね。

成果が出て、本当に良かったと思います。

52

              須貝文香さんです。

新人さんですね〜、小樽から仕事を終えて真っすぐに来てくれたので、リハも出来ないまま雪崩込む様に本番へ。

2曲歌ってくれましたが、本当にご苦労様でした。

初めてのライブを慣れない土地と慣れない場所、環境で歌うとか本当に大変だったと思います。

でもこれまた正々堂々と歌唱してくれました、今後に期待してます。

25

              トリを飾ってくれたのは、澤田麻莉子さんです。

彼女も仕事を終えて手稲からJRで急行、途中でタクシーに乗って来てくれたけど、何故かファミリーマートで降ろされてダッシュ。

お疲れ様でした!!

本当に可哀そうだったし、一生懸命走って来てくれたんで、澤田さんがやりたがってたけど、練習出来て無いから俺が拒否ってた、ピアノジャックの「組曲」を折角なのでいきなり抜き打ち、カホンで合奏。www

楽しかったな〜。

残って下さったお客様にも感謝を込めて演奏。

そして、最後まで受け付けなど協力してくれた生徒諸君にも感謝。


楽しかったね!

またやろうね、明日も!

09

V.F.O MUSIC CAMP vol.3の後半について。

え〜、先週からこの週末にかけて、「鬼」或いは「怒涛」のスケジュールとライブイベント数で、もう頭の中が周りには大変申し訳ないんですけど、一々そこに止まってられません。

多分、今月入ってから「挨拶」、「会釈」した人の数100人越してますね。

そんな落ち着かない状況の自分が嫌だなぁ、と思いつつもこうしてブログで書いて、一点一点思い出して噛み締めます。


先ずは書きかけたV.F.Oの話ね。

中盤から後半。

蝦名摩守俊君。

48

              本気でシャイなはにかみ屋さんなんであるが、なんだかこの日は随分と、分かり易い世界観で歌ってくれた。

44

              当たり前に歌もギターも上手いのだけれど、音楽的に良い意味でセンシティブな感性の持ち主なので、時々彼の音楽から俺は「深い」モノを受け取ります。

でもこの日はなんだろう?「スッ」と入って来まして。

偉そうに聞こえたらホントにごめんなさいね、彼が何をしに来て、何をしたいか?が分かると言うか、素直に彼に乗せられたんです。

そして楽しかったんです。

なので素直にホントにありがとう。(^_-)-☆

18

              愛弟子、高井麻奈由ちゃん。

最近、特に歌が良いんですわ。

この日のライブも良かった。

自分がその曲、曲をどうしたいか?が凄くよく分かるし、その歌唱力に説得力、納得性が付いて来たと思います。

度々、彼女がライブの際に自分で言ってましたが、長年嫌いだった「弾き語り」が身近になって来たと。

そんな「ケリの付け方」が良い方に出てるのかも知れませんね。

45

              そう言えばたまたま、その「弾き語り」デビューがここビニーズバーだったんですね。

8年ぐらい前かなぁ?

俺もよ〜く覚えてますけど、それはそれは「大したこと無い」出来でして。www

挨拶もMCも無い、終わったら逃げる様にその場からいなくなると。

まあ、今の麻奈由からは皆さん想像できないでしょうけど、誰でも最初はそんなもんです。

やっと当時の自分にリベンジしましたね。

こうしてライブ写真の「笑顔」を見てると、尚更そう思います。

56

              工藤由佳さん。

初めてお目に掛かりました。

歌の上手な方だと思いました。

CMソングとかされてるんですね。

58

              バックメンバーがお馴染み過ぎるメンバーでしたので、安定感抜群の演奏に乗せたその歌声も悪いワケがありませんで。

俺的にはこの腕利き連中をグイグイ引っ張れるシンガーさんになって頂きたいと思います。

もっと好き勝手に自分の「世界観」を周りからは馬鹿じゃないか?と思われるくらいに表現して歌えば良いと。


同時にそれぐらいの「高見」に自分を置いて、「向上心」を持ってこの場を迎えてくれた事に、このイベントに対する工藤さんの「思い入れ」や「誠意」を感じましたので、主催者の一人として大変に感謝しておりますし、大満足させて頂きました。

期待しております。

有難う御座います。

33

              ナガイケンタロウ君。

ナガイ君にも初めてお目に掛かりました。

長く音楽活動されて来た方なんですね。

働きながら地に足点けて音楽活動もされているとの事で。

その音楽に対する「情熱」と「愛情」がこれまた分かり易く、ヒシヒシと伝わって来る歌と演奏で御座いました。

02

              メンバーもナガイ君が自分で、この人となら!と言う人達らしく。

そのせいか、バンドのまとまりや楽しそうな雰囲気が、非常に分かり易いプレイで御座いました。

「サリーマンブルース」でのお客様とのコール&レスポンスも場内を一際熱くしてくれました!

00

              技術論じゃなくて、バンドは何事も大概「この人と一緒に音を出したい」から始まるもので。

俺は個人的にそこがバンドの「原点」だと思っております。

その「新鮮味」がこのバンドのパワーの源みたいにも感じさせて頂きました。

そして、自分もそうだよな、と「再認識」させて頂いた気がします。

良い歌と演奏を有難う御座いました!

03-1

              仲井友菜ちゃん。

何度かライブ会場でお会いしておりましたが、歌を聞かせて頂くのはこの場が初で。

その音楽性には独特の世界観を感じました。

05

              バックメンバーがこれまた腕利きの勢ぞろいで。

間違い無い演奏するのはもう当たり前で。

特にギターの斎藤君は本当にヤバイ。

ここにもメンバーを揃えた仲井さんの「決意」と「やる気」を感じさせて頂いたのは勿論です。

05

              ご本人ともメッセージでやり取りして、色々とお話しさせて頂きました。

それはここには書きません。

個人的に楽曲「はんぶんこ」が際立って良かったです。

これからも、頑張って頂きたいと思います。

有難う御座いました。

03

              そしてオオトリはSANCTUARYの皆さん。

バンドさんと仲が良くなってましたので、メンバーの皆さんとも楽しくお話しもさせて頂きました。

有難う御座います。

15

              以前から拝見しておりましたので、良いバンドになったと思います。

ヴォーカルのSatsukiちゃんと鍵盤の堀君を核として、ベースのまど〜ん、ドラムの小林君、サポートギターに三浦君、と言うこれまた「本気」の布陣で。

俺は個人的に「Telephone」と「DAYS」が凄く好き。

29

              アンコールにも応えて下さって、「DAYS」を演奏してくれた事は本当に嬉しかった。

出演順を決めてくれたのはムネオさんだったけど、この流れは至極当然だと思いました。

だからイベントの最後を締めて頂くのは、この皆さんだとも考えてオオトリを満場一致でお願いした次第です。

本当に有難う御座いました!

41

              楽しそうにしてる俺をスッパ抜かれちゃいましたね。www

この日のライブが本当に楽しかったんです。

お客様も盛り上がって下さいましたし。

本当にやって良かった。

46

              出演者全員で記念に一枚。

今後の札幌のミュージックシーンを間違いなく支えて下さる皆さんです。


皆さんと出会えて、俺は本当に幸せです。

ありがとう。

ご来場頂きました、数多くの皆さま方、誠に有難う御座いました。

弾き続き、応援の程宜しくお願い致します!

01

             打ち上げ、と言うより帰りに主催側で飯。www

石川さんがいなかったのは勿論大変残念ですが、今回は仕方ないし大事にして下さいね。(^_-)-☆


皆の写真を石川さんに大量に送っておきましたので、様子は伝わっているはずです。

07

              フライアーパーク、ムネオさん、音楽処、石川さん、ビニーズバー、窪田夫妻、そして俺、ご苦労様でした。

お疲れ様でした!

来年もまた!

また明日!

21

ガンガン働いてます。

朝からアリオのイベントの音響に行き、

57

              15時で終わって、15時半にはBrooklyn Parlor さんに入りシティジャズを2現場、RIHOさんと東京お迎えした音楽集団「VOLTA MASTERS」さんの3ステージの音響をさせて頂き(初のDJとピアノ、サックス、ヴォーカルの融合をやりました。勉強になりました!)、

53

              メロウデュと大和田慧ちゃんのライブにも本番は行けず、現場、現場で、

17

              22時過ぎに現場終わって、DAY&NIGHTさんへ。

すっかりライブ終わって後片付けしてる所に到着。

15

              打ち上げしつつ、今日のSTVホールの打ち合わせで終わったのが深夜1時。

14

              帰ったら2時半でした、、、、。www

今日も頑張る、また明日。
live info
「ライブ情報」

コチラのホームページのライブ情報からご覧ください!

https://recall777.jimdo.com/
ツイッター

Archives
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
  • ライブドアブログ