指定暴力団道仁会(福岡県久留米市)旧本部事務所の使用差し止めをめぐる訴訟で、道仁会側が原告の周辺住民ら約580人に対し、1650万円の損害賠償を求める訴訟を18日までに、福岡地裁久留米支部に起こした。住民側弁護団が明らかにした。
 弁護団は「請求が認められることはまずないだろう」としている。
 久留米市通東町の建物について、福岡高裁は昨年7月、「現在は空き家だが、再び事務所として使用する可能性がある」として、住民側が求めた使用差し止めの仮処分を認め、裁判所の管理下に置かれている。 

【関連ニュース】
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定
工藤会会長宅など捜索=暴追運動住民宅銃撃
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か
患者誤射殺で無期懲役確定へ=暴力団関係者と間違い
弘道会本部を家宅捜索=みかじめ料要求、組員逮捕

<火災>倉庫や事務所が全焼し1人の遺体発見 さいたま市(毎日新聞)
進学塾「名進研」社長、3千万円脱税容疑(読売新聞)
桜いつ満開…予想困難、気をもむ観光関係者(読売新聞)
19歳男子学生、飲酒後死亡=ラグビー部送別会で-佐賀大学(時事通信)
下着盗み続けて10年…トラック運転手逮捕(スポーツ報知)