公明党元代表の神崎武法衆院議員(66)(比例九州ブロック)は、1日午前の党常任役員会で、健康面の不安などを理由に近く議員辞職し、政界を引退する考えを正式に表明した。

 引退後も、現在務めている党常任顧問にはとどまる。神崎氏の辞職で、2009年衆院選の比例九州ブロックで同党の次点だった前参院議員の遠山清彦氏(40)が繰り上げ当選する。

<枝野担当相>大型連休中の閣僚海外出張「必要最小限で」(毎日新聞)
「橋下新党」へ新会派発足=22人が参加-大阪府議会(時事通信)
政党交付金、民主に172億円=10年配分額を決定-総務省(時事通信)
セクハラ相談員がセクハラ!酔ってキス強要(スポーツ報知)
「日本一」スカイツリーに交代、東京タワー抜く(読売新聞)