米グーグル社の書籍検索サービスをめぐる訴訟で、日本ペンクラブ(阿刀田高会長)は15日、米ニューヨーク南地区連邦地裁で18日(現地時間)開かれる公聴会に山田健太言論表現委員長を派遣し、意見陳述することを決めた。
 同訴訟の和解対象地域外から意見陳述を認められたのは独仏政府と日本ペンクラブの3者。同クラブはアジア地域を代表し、(1)グーグル社の無断複写に関する謝罪(2)無断複写した文書の即時破棄(3)著作権者側が負担した訴訟経費や精神的損失の補償-などを要求する方針。 

【関連ニュース】
書籍データの破棄求める意見書=グーグル訴訟和解案にペンクラブ
シングテル、新海底ケーブル計画に参加=KDDI・グーグルなど推進
NEC、12年度までに100万台販売=次世代のタッチパネル端末
通信大手社長ら、一段の分割要求=NTTのあり方めぐり総務省が部会
iPhone用ニュースサイトを開設=スマートフォンに対応

国内最長寿の還暦ウミガメが名前募集中 徳島の博物館(産経新聞)
長崎知事選、町田市長選にやきもきする民主(産経新聞)
【風】期待はずれ?高速無料化(産経新聞)
家賃の悪質取り立て禁止=入居者保護法案を提出へ-国交省(時事通信)
消費税論議に慎重=景気への影響懸念-平野官房長官(時事通信)