神戸市のホームズスタジアム神戸で7日にあったサッカーJ1、ヴィッセル神戸対京都サンガ戦で、応援の振動を電力に変える「床発電システム」が試みられた。

 神戸側ゴール裏の12席で、サポーターの足元にそれぞれ40センチ四方の発電シートを設置。試合中、跳ねるなどの熱烈な応援で生じた電気を蓄積し、専用の掲示板に表示した。

 発電量は一般家庭の1日の使用量を少し下回る8400ワット。今後、売店などで利用する。サポーターは「力強い応援は試合の盛り上げだけでなく、エコにもつながる」。【米山淳】

【関連ニュース】
手作り太陽光発電を贈ろう ナイジェリア大使も視察
太陽電池:変換効率の向上競争激しく
甲子園球場:「銀傘」に太陽電池パネル設置 エコ球場へ
ソーラー飛行機:2年後に世界一周に出発 スイス人が挑戦
エネルギーの優等生ではあるけれど・・風力発電を建てる前に

【新・関西笑談】大阪仲間ぐらし(4)元NHK解説委員 村田幸子さん(産経新聞)
「伊丹空港廃止」をめぐり5決議案 府議会会派、足並みバラバラ(産経新聞)
民訴法改正案を閣議決定=海外企業訴えの手続き定める(時事通信)
行方不明 高等養護学校の女子生徒 先月28日から 長崎(毎日新聞)
小笠原諸島の南鳥島に津波第一波、10cm(読売新聞)