2010年04月

<アグネス・チャン>ソマリア視察を報告 ユニセフ議連総会(毎日新聞)

 ユニセフ(国連児童基金)の国内委員会「日本ユニセフ協会」の大使、アグネス・チャンさん(54)は23日、東京都内で開かれたユニセフ議員連盟(谷垣禎一会長)の総会で内戦が続くソマリアでの視察について報告した。アグネスさんは2月、「ソマリランド」と呼ばれる北西部の都市・ハルゲイサを訪れ、内戦が激化している南部から逃げてきた人らが作る避難民キャンプなどを視察した。アグネスさんは総会で、キャンプの家族から聞いた南部の戦闘の様子や、現地の子供たちが栄養失調に苦しむ状況を紹介。「日本が行っている援助は、子供たちの命綱になっている」と、ソマリアへの支援継続を出席した国会議員らに訴えた。

【関連ニュース】
アグネス・チャンさん:ソマリアの苦境 帰国報告で訴え
アグネスさん:ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使
矢沢永吉:子供を守る企画に賛同 「ハッピー・バースデー」DLでユニセフに寄付 30日から
中田英寿:「南アフリカへ100万個サッカーボールを」 イナズマイレブン3イベントで発表
アート展:ハイチの絵画で震災復興を支援 鳩山首相夫人も鑑賞--流山 /千葉

首相官邸に不審物 首相宛て 乾電池とモーター入り封筒送りつける(産経新聞)
景気判断据え置き=4月の月例経済報告(時事通信)
河村名古屋市長「市議会解散自転車で訴える」(読売新聞)
村木被告「役所の仕組みを知らない検事が作り上げたもの」 郵便不正公判(産経新聞)
向精神薬をネット転売、男追送検=生活保護受給者に入手依頼か-神奈川県警(時事通信)

温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減-衆院(時事通信)

 地球温暖化対策基本法案は20日午後の衆院本会議で趣旨説明と質疑が行われ、審議入りした。2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するという中期目標を明記。その実現に向けた具体策として、企業間で温室効果ガス排出枠を売買する国内排出量取引制度や、地球温暖化対策税(環境税)の創設などを盛り込んでいる。
 法案には、中期目標達成に取り組む条件として、すべての主要国が実効的な温暖化防止の国際的枠組み(ポスト京都議定書)を構築し、意欲的な削減目標に合意することを掲げた。また、温室効果ガスを50年までに80%削減する長期目標も併記した。 

【関連ニュース】
法人減税に前向き=直嶋経産相、内情で講演
新築住宅の省エネ義務化=エコポイント拡充も
民主公約の基本概念
「エコ通勤」義務化を検討=CO2大量排出事業者に
21日に党首討論=派遣法改正案、16日審議入り

阪神、ハイチと同じ横ずれ型=大陸プレート同士が衝突-東大助教(時事通信)
家庭に眠るライター回収検討へ…省庁担当者会議(読売新聞)
ケヤキ大木、憩う集う 杉並区に念願の公園、感慨無量(産経新聞)
65歳以上、過去最高の22.7%(医療介護CBニュース)
「5月末までには五月晴れに」徳之島の普天間移設拒否で首相(産経新聞)

自衛隊に初の女性基地司令「積極的PR、親しんでもらう」(産経新聞)

 航空自衛隊・防府南基地(山口県防府市)に、陸海空を通じ自衛隊初の女性基地司令として1日付で就任した柏原敬子1等空佐(53)が12日、同基地で着任記者会見を開き、「今まで自衛隊に関心のなかった人たちにも親しみを持ってもらえるよう積極的にPRしたい」と述べた。

 柏原司令は同基地の航空教育隊司令も兼任し、1700人のトップに立つ。会見では「他人とのふれあいの大切さを実感できる教育を進め、たくましい隊員に育てたい」と話した。また女性自衛官という立場について「今は男女に開けた組織。目標を高く持って」と後進にエールを送った。

 柏原司令は大阪市出身。関西学院大社会学部を卒業後の昭和54年に入隊し、空幕服務室長や航空総隊司令部総務部長などを歴任。合気道は初段の腕前で、大学時代には全国大会で準優勝したという。

【関連記事】
「映画観てる場合か」ヒゲの隊長、路チュー大臣に喝!
首相、防大卒業式で同盟基軸「揺るぎない」
空自隊員を逮捕 駅のエスカレーターで盗撮の疑い 千葉県警
防衛大生3人逮捕 女性に暴行未遂容疑
横須賀「軍港めぐり」で観光バス誘致
外国人地方参政権問題に一石

<労働者派遣法>改正案が衆院で審議入り 野党から懸念意見(毎日新聞)
東海道新幹線と接触、男性負傷=一時運転見合わせ-JR京都駅(時事通信)
<共産党>「第三極」危機感…みんなの党台頭で(毎日新聞)
シャープ、デイリーヤマザキにデジタルフルカラー複合機を納入
知的障害児施設で虐待など441件 大阪市が改善指導(産経新聞)

<桜自慢>1位は青森、2位奈良、3位京都…気象会社調査(毎日新聞)

 最も郷土の桜を誇りにしているのは青森県民--。民間気象会社ウェザーニューズ(東京都港区)は7日、花見に関する意識調査結果を発表した。「自分の住む都道府県が日本一桜が美しい」と答えた割合が最も多いのは青森県の23.8%で、全国平均の7.3%を大きく上回った。最も少なかったのは徳島県で0.9%だった。

 調査は4月2~4日、同社の携帯電話サイトを通じ、47都道府県に住む同社の登録会員2万4926人を対象に実施した。

 「桜自慢」の2位は奈良県(18.6%)で3位は京都府(17.0%)だった。同社が2月上旬に調べた桜の名所ランキングでも、吉野山(奈良県)、弘前公園(青森県)、京都御苑(京都府)が上位5位に入っていた。

 調査結果は同社の携帯電話サイト(http://wni.jp)で公開されている。【飯田和樹】

大学生に聞く、老後の頼りは年金か貯蓄か
ライター部品か、金属片二つ発見…4児焼死(読売新聞)
談合認定の企業が落札 全国学力テスト採点業務(産経新聞)
マンション火災、2歳児死亡=父親と4歳兄も重体-川崎(時事通信)
<みんなの党>参院選比例に前杉並区議を擁立(毎日新聞)

【野口裕之の安全保障読本】中国に「目覚め」る欧州(産経新聞)

 欧州各国が中国に「目覚め」ている。ただし、「目覚め」は、まったく正反対のベクトルを描く2本の潮流で形成されている。「武器市場としての価値」と「中国への警戒」である。いずれにしても、米国の軍事力抜きに語れない。米軍基地移設問題の迷走で、日米軍事同盟が変質しかねない危機を迎える現在、日米の対中国戦略は欧州も巻き込み、これまで以上に複雑な様相を見せ始めている。

 EU(欧州連合)議長国スペインのモラティノス外相は1月、EUが1989年の天安門事件以来継続中の、対中武器禁輸措置に関する解除を「支持する」と表明。議長国としてEU加盟国に「解除検討」を働きかける姿勢を明確にした。外相は「中国は、世界で新たな役割を果たしており、対中関係を最善のものにする必要があるのは明らか。解除検討の時期に来ている」と指摘した。スペインは世界第8位の武器輸出国だ。

 ≪武器市場としての価値≫

 EU内では2003年以来、フランスのシラク大統領(当時)を中心に「解除要求」が出ていた。続くサルコジ現大統領は08年12月、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と会談したため中仏関係がいったん、急速に冷え込んだ。ところがサルコジ氏は09年4月「一つの中国政策の堅持」や「チベットが中国不可分の領土」で「独立も支持しない」方針を表明したことで関係修復にこぎ着けた。

 そもそも、天安門事件前は中国への武器輸出国であったフランスは禁輸期間中の1992年、約7260億円でミラージュ戦闘機と中・短距離射程ミサイルを、この時は台湾に売却。操縦士訓練などを続け、2001年にはミラージュ58機の実戦配備を達成している。中台の軍事バランスや、日本経済の命運を握る台湾海峡の緊張など念頭にないのだ。

 欧州では少数民族や宗教・文化への弾圧を強行する中国への懸念が強い上、中国の異常な軍事拡大を警戒する日米が強硬に反対したことから、EUとしての解除決定は先送りされてきた。だが、世界規模の金融・経済危機の下、フランス・スペインならずとも中国市場は大いなる魅力。スイスなど永世中立国も国際市場で大きなシェアを占める武器輸出国で、EUが禁輸を続けたとしても「先手」を打って売却する可能性も否定できない。欧州の足元を見透かすように、中国外交部は1月の定例会見で揺さぶりをかけている。

 「禁止措置は事実上、中国への政治的差別であり、世界の潮流や中国とEUの包括的戦略パートナーシップの発展と相反する。中国の解禁要求は、中国への政治的差別を撤廃し、権利を守ることが目的。EUが可及的速やかに政治決断を下し、直ちに、無条件で、徹底的に、禁輸を解除し、中国との健全な発展における障害を取り除くことを希望する」

 ≪浮上する警戒論≫

 一方、わが国からみれば危険この上ないこうした潮流に対し、欧州でも安全保障の専門家を中心に「警戒論」は浮上している。例えば、RUSI(英王立統合軍防衛安保問題研究所)機関誌に昨秋掲載された論文に関係者は強く注目した。

 いわく-

 《中国の軍事的台頭により、東アジアで安保上の事態が発生した場合、在欧米軍が必然的に東アジアへ投射される事態を招く》

 そうすると-

 《NATO(北大西洋条約機構)の再編成・配備が必要となる。それに伴い、現在でも過剰負担であるアフガニスタン派兵を含む、NATO内の負担分担の変更も迫られる》 

 《在欧米軍縮小で、欧州戦略バランスに大きな影響が生ずる》

 背景には、東アジアで武力紛争が勃発(ぼっぱつ)すれば、アフガン戦略のみならず、NATO自体の将来戦略もまた、練り直しを迫られるとの危機感がある。実際、ドイツの与党、キリスト教民主同盟はアジアを「独外交・安保政策の戦略的難題」と位置付けている。

 ただし、フランスの戦略は依然として見えない。仏国防白書(08年)は「世界戦略の重心は『アジア』に移っており、『アジア』での武力紛争予防が中心課題」との分析を示してもいるのだが…。 

 もっとも、欧州で「アジア」というとインド・パキスタンなど南アジアを指すことが多く、日本は「極東」と認識されている現実があるので要注意だ。欧州にとり「辺境の地」である「極東」を一刻も早く欧州列強の安保戦略地図に載せるよう、日本政府は全力を尽くさねばならない。

【関連:野口裕之の安全保障読本】
数字に込められた戦略上の意味
最高指揮官の敵前逃亡 鳩山氏は「民主党最後の宰相」に
中国の「トロール漁船」を警戒せよ
米空母が引き揚げる日
陛下にまつわる不思議なお写真

神奈川県教組 基金8億円消える 主任手当が原資 「委譲」と説明(産経新聞)
山崎さん搭乗シャトル公開=5日夜打ち上げ-ケネディ宇宙センター(時事通信)
原画や愛用の道具展示 藤子ミュージアム(産経新聞)
東方神起が活動休止(時事通信)
第一生命上場、大いに期待=官房長官(時事通信)
プロフィール

w0fwdhss

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ