JR東京駅のホームで09年3月、女性を突き落として電車に接触させけがをさせたとして殺人未遂罪などに問われた無職、太田周作被告(25)の控訴審判決で、東京高裁は26日、裁判員裁判で懲役9年とした東京地裁判決(09年11月)を支持し、被告側控訴を棄却した。精神鑑定で広汎性発達障害と診断された被告に対し、矢村宏裁判長は「(発達障害でも)ノーベル賞を取った人だっている。自信持っていいんだ」と説諭した。

 判決は事件の動機を「就職活動がうまくいかず、母親から障害者として就職するよう言われ、プライドが許さないことから人を殺し死刑になろうと考えた」と認定。「物事へのこだわりや思い込みの激しさなど障害の影響があるように思えるが、大きな影響ではない」と完全責任能力を認め「責任能力が低下していた」とした弁護側の主張を退けた。

 そのうえで、矢村裁判長は「発達障害は駄目じゃない。障害とうまく付き合う方法を考えて」などと述べた。「ノーベル賞」発言には、発達障害があったとされる物理学者、アインシュタインらが念頭にあったとみられる。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員裁判:全国初の区分審理 懲役6年6月の判決 大阪
裁判員裁判:開始に遅れの傾向、殺人の軽重幅広く 初年度
裁判員裁判:懲役25年確定の被告 さらに懲役7年の判決
裁判員裁判:母親に猶予判決 回復の見込みない息子刺殺
裁判員制度:東京高裁「合憲」 初の憲法判断

自民、東京で2人目擁立(産経新聞)
宮城で震度3(時事通信)
<出資法違反容疑>いづみや総本社元社長逮捕 愛知県警(毎日新聞)
<直木賞>星川清司さんの最年長受賞者が確定(毎日新聞)
小沢氏、幹事長続投を明言=「何もやましいことない」(時事通信)