2011年06月

2011年06月21日

対徳島

なんだろうね

塩田君が気合い満タンで

スタジアムが薄暗い感じでノスタルジックなのか

試合にのめり込む楽しさがあったのか

たまらない高揚感に包まれたのは確かで

スタジアムのテンションもどうした?ってくらい良かったし

梶山が決めてヒーローインタビューしたりシャーシャー言ったり

なんか色々アレで表現しにくいけど

なんか幸せ

ありがとう東京


w11kden at 03:43|PermalinkComments(0)

2011年06月18日

徳島戦です

徳島には行ったことが無い

JFL時代も行かなかった。

縁が無いのだ。

ただ徳島の想い出は少々あるかな

本吉さんとか関口選手がいた年の前期は猛烈な強さだった記憶があるな

とにかく失点しなかった

結局後期失速して東京のが上いったけど

確か97年だと思う

翌年98年は忘れもしないフランスW杯の中断明けの連敗中の夢の島の大塚製薬戦

アウミールという選手にスーパーゴールを決められ連敗脱出出来ずも

VIVA!東京!たとえ敗れようとも!!

の断幕と共にyou'll never walk alone

それ以降は持ち直しリーグ最終節の逆転優勝まで安定した戦いをした。

翌年この試合でゴールを決めらたアウミールが来るとは予想だにしなかった

大塚製薬サポーターに聞いたところ

アウミールはあの試合以外活躍してない

との事

つかまされた!

その時はそう思いましたよ

ええ

まあミールさん良い選手でしたけどね^^

徳島は色々紆余曲折あって準会員外れたりチーム名戻ったりしながら今はお互いプロチームになっての対戦だから感慨深いよね。

13年ぶりの対戦か

あの時は隣(※)で阿波おどりやられたけど今回は勘弁だな(笑)




※夢の島開催ではバックスタンドのど真ん中のポールスタンドで応援をしていてのだ、大塚製薬サポーターはすぐ横で応援していたがケンカにはならないし、警備員も一人しかいなかった。


w11kden at 19:46|PermalinkComments(0)

2011年06月15日

「文系でも理解できる理系の本」と紹介してある本を見つけた時はホントに笑ったわ

逆はあんのかよ?

って思ったけどどんな本になるか想像出来なかった。

想像の翼を持たないとダメだね俺は。

理系は文系をイラつかせる事が仕事じゃないのに、勝手に文系がイラつく場面に出くわす。

アレは一体なんなんだろね?

文字には力があります

「貧乳の山田」のお母さんのように胸はって生きろよ



さて最近のマイブームは量子論です。

はっきり言ってほぼ全部理解してないです。

何故なら私は家系だからです

俗称 イエニスタ


カタメ コイメ オオメ

ノリマシ

早く「家系でも理解出来る量子テレポーテーション」って本出ねえかな

今日も油を吸わせたノリで食べる銀シャリが激うま!


w11kden at 19:39|PermalinkComments(2)

熊本にはリスペクトが沢山

逃しそうになった勝負もファイトする事で手繰りよせる

そんな試合でした

継続されるべきは結果であると悟る試合でした。

雨びしゃの中で戦ってる選手観たらスタイルとか言ってられない

人が一生懸命になっている姿は貴い。

今回は選手だけでなく

半端ない雨天の中で開催に向けて尽力した熊本には感謝しかないです。

そしてスタジアムグルメとかいつも興味ないけど

今回は豪雨の中で設営及び営業して歓待してくれた関係者の方々には頭が下がりました。

ハンバーガー美味しかったです^^


w11kden at 18:49|PermalinkComments(0)

2011年06月08日

継続は

継続はなり



などというが俺はあまりそれを感じることは無い

なぜならこのブログにしても継続しててもちっともチカラを感じないからだ。

大事なのは中身だね。

継続といえば、

今の東京のつなぐスタイル好きかな

是非継続してほしいな

だって前に比べて試合に行くのが楽しいから

なにがそんなに楽しいかって?

そりゃ選手の能力を垣間見れるからですよ。

特に俺は梶山が実力を発揮しやすいチームになるのがうれしくて仕方ないからさ

そんな中でイラつくのが

東京に関しては我々より詳しくないニワカのライターごときが

梶山をDISつてるの見ると、







失業しろボケッ







って言いいたくなりますの。

ふう

大熊さんの現実的なfootball理論はやはり大事だし根幹として必要。

しかし選手が作り出す想像力の翼は何者も阻むことはできない。

こればかりは見てる側でも監督でも止めることは出来ない。

中身のある継続であると信じていますよ俺は!!



ん?

話がブレてるって?

そう、これが中身の無いブログのチカラというヤツですよ!!

ジャブラニ東京

w11kden at 14:32|PermalinkComments(0)

2011年06月04日

スタメンなど

そのポジションは誰が適任かではなくそこに競争があるのかどうかだ

前試合で両サイドバックは徳永と北斗

チーム事情で明け渡してただけ

だからポジション争いでも何でもないのかも知れない

しかしそれでよいのか?

ポジションは争って奪うものだ

できればチーム事情でポジションにつくより奪いあう環境のが良い。

競争が無いポジションがあるとチーム内がシラケる

「なんで俺が〜」

「なんでアイツが〜」

なんでなんでシンドロームが蔓延して疑問解消の処方箋を与える為に時間がかかってしまうのは無駄であるかなと思ってしまう。

巷でよく話されてる

誰がスタメンがよいかのようなパズル遊びはハッキリ言って俺は興味無いんだ

取捨選択のようなドライな判断をするのは監督だけで十分だ。

そんな監督の取捨選択をホテルの一室のソファーに座りシャムネコをなでながらワインを呑んで楽しむのも一興ではないか!←長い

さあ存分に楽しむが良い!

俺はゴール裏だけど^^;


w11kden at 18:02|PermalinkComments(0)