福島瑞穂少子化担当相は21日の衆院予算委員会で、今後5年間の新たな少子化対策として今月末に公表する「子ども・子育てビジョン」のうち、認可保育所の定員について来年度から年間5万人ずつ増やす方針を盛り込む意向を明らかにした。

 厚生労働省によると、昨年4月1日現在の認可保育所の待機児童数は2万5384人だが、潜在的な数はさらに多いとみられる。同省によると保育所の定員は約213万2000人。これを地域の空きビルなどを利用した認可保育所の分園を増やすなどして5年後に240万人程度にまで増やす。

 福島氏は、3歳児未満の保育所利用率を現在の24%から35%に、病気の回復期にある子供を保育する「病後時保育」の利用者を、現在の年間30万人から5年後に約7倍にまで増やすことを目標とする意向も示した。

【関連ニュース】
婚活列車:冬の吉野に恋の花咲く?…近鉄が12月に運行
超少子化を乗り切る/1 70年以内に日本の人口半減か
9月15日特大号
赤ちゃんポスト:最終報告受け、熊本市でシンポ--31日 /熊本
出産祝い金:3市が廃止検討 財政難や効果なしと判断 /岐阜

<訃報>山口光子さん67歳=ギャラリー山口社長(毎日新聞)
DPC分析システム「ヒラソル」、サービス停止で混乱(医療介護CBニュース)
お年玉付き年賀はがき・切手の当選番号(読売新聞)
<中国残留孤児>曲美琴さんの「兄」、DNA鑑定で無関係(毎日新聞)
コースター点検走行中、足場にぶつかり重体(読売新聞)