doubleplusunsafe

It's The Times of Newspeak!

ダリ展/アンフォルメル

imageimage今日は、京都市美術館のダリ展と京都近代美術館のアンフォルメル展を観に行った。
朝から用事があったので、行けるかどうか分からなかったが、帰宅して2時。
何とか行けると思い、岡崎へ行った。
ダリ展は最終日ということもあり、混み合っていて熱気がすごく、自然汗がでる。
習作の段階、ダリ的シュールレアリズムの世界、原爆後の世界などが時系列で見られてよかった。
荒野で時計が歪む絵も大好きだが、後ろ姿がキノコ雲になる絵(ビキニの水爆事件だろう)も抗議の意図を感じ、いいと思った。
実は、アンフォルメルの方が観たかった。師匠が「ダリ展よりもいい」と言っていたため、観に行こうと思った次第だ。抽象的で実験作が並ぶ。キャンバスを切り裂いただけの作品。井上有一などの前衛書道。フォーマルな作品が権威者の審美眼に審査されるのに対して、アンフォルメはそれに反抗する性格があるのだろう。権威者たちはムッとして、審査に困惑したのではないだろうか?
アンフォルメは本場フランスで熱が冷めた後でも日本では活動が持続していったという。
ところで、堂本印象美術館というのが、立命館大学の近くにあるが、私は「堂本さんが集めた印象派の作品を展示している美術館」と勘違いしていた。というのは、本展で初めて、「堂本印象」と言う画家が存在したことを知ったのだ。誠にお恥ずかしい限りだ。 七彩というマネキンの会社の展示もあった。岡本太郎が石膏で型を取る映像があって、興味深かった。そういう経緯があって、岡本太郎記念館のマネキンもあるのだろう。

devilfish

平均的な動物或いは典型的な動物というものは存在するか?

犬、猫、馬を統合した概念に対して動物という名前がある。

存在に対して名前があるのではなく、概念に対して名前がある。

devilfish(イカやタコを総称したもの)は、アメリカ人には存在するが、日本人には存在しないと言える

イカやタコは両者に存在するが、devilfishは日本人には存在しない

 

極端な話、言葉がなければ、ものは存在しない

観測者なしで事象が存在できないという観測問題のような話だ

受け売り

哲学の本を読んでも、今ひとつ理解できない。
自分のオリジナルの考えなんて、そうそうできるものではない。
まずは、本の受け売りを人に話すことから始めてみようと思う。
ブログでも、受け売りをしてみようと思う。

放送大学、哲学、録音予約

放送大学の地上波検討の話を聞いて、
BSで哲学科目がほうそうされていないか調べてみた。
BSにはなく、ラジオで放送されているとのこと。
radikoで聞けるが、19時あたりはなかなか聞けない。
そこで、録音アプリをPCやAndroidで探してみる。
結果、Androidの「録音ラジオサーバー」にした。
PCは電源オンにしているとは限らないが、Nexus7は電源オンのまま寝室に置くことにしているからだ。
「現代哲学への挑戦」と「哲学への誘い」の録音予約をした。

構造主義

火曜日のために構造主義を勉強したい。
橋爪大三郎本と内田樹本があるが、どちらから読もうか?

現代思想を見る上で、必須科目だからな

レビ=ストロースの未開社会の婚姻制度をヴェイユが解析したら、ある種の構造が見えてきたという。
そこの話は興味深い。

ブーバーの『対話』

今日は、ブーバーの『対話』を読む
最後の反対論者との対話では、阻害されている労働者問題をちゃんと見ているのか心配になる。対話すらできないほど過酷な労働をさせられている状況で、機械と対話できるとか、資本家も対話できるとか、そんな論調なので、ブーバーさん夢見ているなとしか思えなかった。

別のブログで、哲学のこと書いていたのだけれど、諸般の事情で、こちらに持ってきた。

生兵法は大怪我のもと

生兵法は大怪我のもと
Linuxを触った後に、何故かその言葉が浮かんだ
これから怪我するのかな?

西村めぐみさんの連載

“応用力”をつけるためのLinux再入門 - @IT
西村めぐみさんの連載。
昔、西村さんの本買ったけれど、いい本だけど範囲が広すぎて、ついていけなかった記憶があります。

TODO

○TODO
そもそも今何故、Linux Mintを使うのか?
ハイバネート復帰後、wi-fiが使えなくなる現象への対処
Google Chromeを入れるかどうか?
 Chromiumで我慢できないか?
他のアプリを入れるかどうか?
 icedtea, skype

自動リンクできず

自動リンクできてなくて、URLクリックしても、リンク先へ飛べません。
自動リンク設定したのですが、どうもうまくいきません・・・
シンプルエディタではなく、HTMLエディタにすべきかもしれません

http://blog.livedoor.jp/w1allen/

早速フリーズ

早速フリーズしました
1Gメモリで、Youtube見ながら、インストール作業していたせいだろう。
直前から、音飛びしていた。

Ubuntuでもフリーズはよくしていたな。
やはり、メモリ不足だろう。

要注意だ。
また、Google Chromeをインストールしようとしたら、Ubuntu 32bit版がなかった。
Linux mintは64bit版を選ぶべきだったか?

[追記]
(追記あり)Linuxの32bit版のChromeが無くなるということは、あれも無くなるのでは? - あれこれ備忘録@はてなブログ
http://arekorebibouroku.hateblo.jp/entry/2016/02/06/142904

を見ると、2014年末にLinux版32bit は提供終了したらしい

Ubuntuは、日本語remixが32bitだった(*1)ので、Linux mint も64bitにしたんだが。あちゃー。
とりあえず、64bit版もダウンロードしておこう。
Core 2 Duoでも64bit対応とのこと。

*1.昔はそうだったと記憶している。今は、64bit版も提供している。
https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix

[追記2]
なぜubuntuは32bit版が推薦? - Linux系OS 解決済 | 教えて!goo
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8015838.html
という2013/03/28の質問あり。
今は、状況が変わったのか?

Linux上でのflash

flashは、もう無くなっていく方向のようです。youtubeでも、なしでも使えます。daily motionは、まだ必要です。
11.2でLinuxサポートは終了です。
なお、Google ChromeではPPAPI版のflashが開発が進んでいて、生き残っています。

Linux Mint 17.1のFireFoxにAdobe Flash Playerをインストールする - Y_hagurin’s diary
http://y-hagurin.hatenablog.com/entry/2015/06/07/205657

文章力がない

文章力がないな。自分で嫌になって、腐ってしまう。
でも、書きたい気持ちも間違いなくある。
板挟みになって、いつもしんどい

Linux Mintに挑戦

Linux Mint 17.3 Mate 32bitをインストールしてみた。と言っても、あまり明確な目的があるわけではない。趣味で、LinuxをノートPCに入れて遊んでいる。インストールでほぼ目的が達成されたと言っても過言ではない。以前は、Ubuntu14.04 LTSを入れていた。読書会にて、Ustream中継しようかと思ったのだが、クソ重かったので断念した。Linux Mintならどうだろうかと、読書会終了後に(遅い!)思った。私の行動は、全く非合理だなと思う。

Linux Mintは、評判通り、Ubuntuよりも軽い印象だった。
私のマシンは、
CPU:Core 2 Duo
memory:1GB

インストール後の調子を備忘録として残しておく。いつも、インストール直後にあれやこれやと困ることが多いので。

1.wi-fiが無効になる
→ハイバネートするとそうなる模様。今のところ、再起動で対応。
2.mozcを入れたい
http://mattintosh.blog.so-net.ne.jp/linuxmint_mozc_ibus
3.Firefoxのカスタマイズ
メニューバーを表示、Googleを右上ボックスの検索エンジンとして仕様、Firefox Syncを使用したい

○今後
Evernoteは使えないか?
flash
icedtea
chrome
skype
などをインストールする

○反省など
Ubuntuはインストールして終りの感があった。使い方がよくわからないので、一々検索して使っていた。ノウハウをブログに書き留めておきたい。
Linuxでしたいことという目標が皆無。Windowsでできることばかり。
Vistaか7ノート買ったほうがいいかも。
Linuxに無駄に時間を費やしそうで怖い。

○PCの使用用途
大体、最近はウェブブラウザとメールが使えればOKという風潮がある。それなら、WindowsもLinuxもないような気がする。むしろ、どこでも使えるスマホが伸びているのも、そのせいだろう。

○Synapticsと「ソフトウェアの管理」の違いがわかない

○Windows上に意味もなくVirtualBoxやVMwareを動かして、Ubuntuを入れていた時期もあった。

○Linuxでしか味わえない何かがないものか?

RSSよりもタイムライン

RSSでブログなどがもっと見られると一時期言われたが、多くなると無理。
SNSのタイムラインのほうが見やすい。
古い情報が見えない感じが良い。

空条承太郎は成長しない

承太郎は、かなりの人気キャラだ。しかし、彼は最初から最強状態で、あまり成長しないのが不満だと思っていた。ジョナサンは、波紋修行やツェペリさんの最終奥義で、成長していく。ジョセフも、リサリサの波紋修行によって、成長していった。その点、承太郎は、一敗地に塗れるってことがないんだな。でも、それはわざとかもしれない。あえて、主人公を成長させないのかもしれない。荒木飛呂彦は、「強さのインフレ」になることを危惧していた。あえて、少年漫画の王道である、「成長」要素を除外したあたりが、彼の英断だったのかもしれない。

GameCube

GameCubeは、持ってないからよく知らないけれど、一応書いてみます。
PS2とほぼ互角だけれど、
度重なる発売延期
DVDが見られない
などの点で、PS2の後塵を拝した。

Wii Uについて

PS4やXbox oneと比較して、Wii Uは圧倒的にスペックが低い。
Wiiで肝だったコントローラー、Wiiリモコンは面白いデバイスだった。
それに比べて、Wii UのGamePadは、用途不明のデバイスだ。
テレビがなくても、GamePad単体で遊べるのが、ウリの一つだが、今どきテレビなんて安いもんでしょ。
Nintendo64から始めた4人同時プレイ文化を自ら否定するGamePad。

当初のパックに、Wiiリモコンを同梱しなかったのも、戦略ミスだ。

苦しいけれど、任天堂も好きだから、頑張ってゲーム市場を盛り上げて欲しい。

PS2におけるPS1の互換手法

PS1をはるかに凌ぐ性能を持つPS2。
しかし、アーキテクチャが全く異なるので、互換性をとるのは難しい。
久夛良木の互換路線に、周囲は驚いたそうだ。
1.完全なソフトウェアエミュレーション
2.PS1のチップ(CPU, GPUなど)を詰む
の2案が考えられた。
2は互換性が確実なものとなるが、コストがかかる。
1はコストは安いが、やはり異なるアーキテクチャで、難航した。

結局、PS1のCPUをIOPとして搭載することによって、解決された。
PS1のゲームを動かすときには、EEは休み、GSのみ使う形となった。

一部、正常に動作しないPS1ソフトもあったが、互換性のお陰で、
ローンチのタイトル不足を補う形で好発進したPS2だった。

私のゲーム歴

小学生の時に、ファミコンに夢中になった世代です。
ツインファミコン(ファミコンとディスクシステムが合体したシャープの製品)を
買ってもらったときは、うれしかったです。最初に買ったソフトは、メトロイドか
ゼルダの伝説です。

中学生の頃から、受験勉強が忙しくなり、ツインファミコンを友達に譲りました。
何故か、メガドライブを買ってもらいました。ぷよぷよ専用機だったような。

高校生の時は、全くしてませんでした。
勉強で忙しかったからです。

大学生2回生の時に、CD-ROMを採用した次世代機戦争が勃発しました。
先輩と話していて、「セガの圧勝でしょ?」と言うと、
先輩は、「そうでもない。先に200万台到達したのは、プレイステーションの方だ」
と言ったのを聞いて、ビックリ。新参者のソニー(正確にはSCE)が、優勢だとは
思わなかったのです。

その後、院試も終わり、一息ついた時に、プレイステーションを買おうかと思いました。
FF7やポリスノーツがプレイしたかったからです。

でも、まったくゲームをしない兄が突然買うといってくれたので、乗っかることにしました。
それだけ、プレイステーションブームが凄かったんですね。

他には、カリオストロの城再会もしました。FF4-6コレクションも買いましたが、
大学のほうが忙しくなって、本体ごと売り払いました。
保有していたのは、1年間くらいだったと思います。

就職してからも、時間はなく、ゲームはしてません。
退職してから、ニンテンドーDSの脳トレブームで、またゲームするようになりました。
ニンテンドウ64やプレイステーション2を中古で買いました。
それから、ゲームライフが充実してきました。
記事検索
Googleサイト内検索
profile
w1allen
w1allenと申します。
安部公房と自然科学が好きで、ウェブサイトやブログもそれを中心に書いています。
詳しくは、プロフィール開設ウェブサイト・ブログ一覧をご覧ください。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ