自民党の山本有二・元金融相ら6人が19日に政策勉強会「のぞみ」を結成することが18日、明らかになった。

 永住外国人に地方選挙権を付与する法案への反対など、保守色を強める立場から党内で政策提言を行う方針だ。

 古屋圭司(伊吹派)、鴨下一郎(額賀派)、武田良太(山崎派)、古川禎久(無派閥)各衆院議員、衛藤晟一参院議員(伊吹派)が参加する。山本氏は昨年秋、所属する高村派に退会の意向を示し、同派が扱いを保留している。

野党3党「政治とカネ」集中審議要求で一致(読売新聞)
NHK朝ドラ、午前8時開始に(時事通信)
<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)
<参院>議員控室割り当て 自民党と民主党が場所を交換(毎日新聞)
「面接で着るスーツなくて…」万引き男逮捕(読売新聞)