薬事法に基づく厚生労働省の改正省令による市販医薬品のインターネット販売規制は違法だとして、医薬品ネット販売会社「ケンコーコム」(東京都)と「ウェルネット」(横浜市)が、改正省令の無効確認などを求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であり、岩井伸晃裁判長は両社の請求を退けた。
 原告側は、薬事法はネット販売を規制しておらず、省令による禁止は法が認める範囲を超えていると主張。薬局の店舗販売が許されるのに、ネット販売を禁止するのは、不合理な差別だと訴えていた。 

【関連ニュース】
阿修羅像の画像サービス=アイフォーンで鑑賞
知人男に懲役1年=押尾被告に麻薬譲渡
広がる住宅のネット販売=安さが特徴、相次ぎ新商品
「押尾被告が入手依頼」=知人男、麻薬譲渡認める
近ツー、連結営業益13億円を予想=ネット販売拡充など推進-10年12月期

長官狙撃「捜査結果」の中身 オウム幹部「疑わしい」行動とは(J-CASTニュース)
<シー・シェパード>船長を艦船侵入罪で起訴へ 東京地検(毎日新聞)
「半キャップ」なら襲撃 通行人暴行の暴走族OB逮捕(産経新聞)
<盗用>博士論文で 学位取り消し 名古屋市大大学院(毎日新聞)
視聴率 NHK「ゲゲゲの女房」歴代最低(毎日新聞)