「初日の出暴走」などと称して元旦に赤信号無視などの危険な運転を集団で繰り返したとして、警視庁交通執行課と蒲田署は道交法違反(共同危険行為など)の疑いで、暴走族構成員の16歳の少年7人を逮捕し、5人を書類送検した。同課によると、少年らは「勢力を誇示したかった。走り初めをしたかった」と容疑を認めている。

 逮捕されたのは、大田区を拠点とする暴走族「大田連合・矢口鍾馗(しょうき)」と品川区を拠点とする暴走族「零神(ぜろがみ)」の総長と構成員。同課によると、いずれのグループも昨年12月ごろから活動を活発化させ、警視庁が警戒していた。

 逮捕容疑は、1月1日午前3時25分ごろから原付バイク7台に分乗し、大田区蒲田の第一京浜などで、赤信号無視などの危険な運転を繰り返したなどとしている。

【関連記事】
路上で見かけた暴走族に加わる…57歳男逮捕 愛知
暴走族、11年連続で減少 全国で583グループ 110番は約5万5千件
元暴走族の振り込め詐欺団、リーダー格を逮捕 神奈川
デビュー前に逮捕…アレに憧れた予備軍が都会で“演習”
少年時代、忘れられず集団暴走…40歳リーダー逮捕

政府、県内移設で最終調整=シュワブ陸上など2案-普天間(時事通信)
医師の集団指導時の託児室併設を要望-日医(医療介護CBニュース)
生方氏の対応批判=鳩山首相(時事通信)
同意人事、見直し求める=福島消費者相(時事通信)
岡田・前原・長妻大臣、消えた「切れ味」(読売新聞)