厚生労働省は26日、ホームレスの全国調査結果を公表した。ホームレスの数は前年から2635人減の1万3124人(今年1月時点)で、過去5回の調査で最少となった。雇用、経済情勢が悪い中での減少に、厚労省社会・援護局は「生活保護を活用した人が増えたのではないか」と分析している。

 調査は全国の公園や河川、道路、駅舎、その他の施設で日常生活を営む人を目視調査で確認した。ホームレスは男1万2253人、女384人、不明487人でいずれも前年より減少。ホームレスがいる自治体は、前年より30少ない474市区町村だった。

 都道府県別では、大阪府が3338人(前年比964人減)で最も多く、東京都3125人(同303人減)、神奈川県1814人(同10人増)が続く。38都道府県で減少し、9県で増加した。

 場所別の割合は、河川が最多の30.1%。公園が28.9%、道路が16.7%だった。初調査の03年と比較すると、公園の割合が10ポイント以上減少しており、公園からの追い出しが進んでいる様子がうかがえる。【東海林智】

【関連ニュース】
路上生活者:34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査
無料低額宿泊所:入所者増に市原市悲鳴、保護費に業者続々
無料低額宿泊所:千葉・市原市、入所者増に悲鳴 他市より保護費1千円高、業者続々
貧困ビジネス:囲い屋、ホームレスを食い物 生活保護12万円、10万円“ピンハネ”
貧困ビジネス:「囲い屋」大阪に6業者 生活保護費、8割天引き--市など調査

<千葉法相>性別変更夫婦の子、「法的措置を検討したい」 (毎日新聞)
1世帯最大579円を上乗せ 再生可能エネルギー買取制度の負担試算(産経新聞)
<日本絵本賞>大賞の嶋田さんら表彰(毎日新聞)
JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)
阿久根市長、市職労に事務所の明け渡し通告(読売新聞)