小沢鋭仁環境相は2日、20年までの温室効果ガス削減目標「90年比25%減」達成の具体策について、「国内で15~25%」削減する案を軸に検討する方針を明らかにした。関係省庁の副大臣級会合で3日から協議を本格化し、3月に検討結果を公表する。

 小沢環境相は会見で、25%減の内訳案として「3パターン程度を(3日の会議に)出したい」と述べた。(1)国内の取り組みで15%減・海外から排出権購入などで10%減(2)国内で20%減・海外分で5%減(3)国内だけで25%減実現--の3パターンで、それぞれのケースで必要な太陽光発電の導入量などを示すという。昨年、国民負担などの再試算をした専門家チームは、「国内で10%減・海外分で15%減」案も検討していたが、「(国内で)10%減はあまりに低い数字で、(温暖化対策として)意味がないと判断した」(小沢環境相)という。

 環境省は削減目標を盛り込んだ地球温暖化対策基本法案を今国会に提出する方針。【大場あい】

【関連ニュース】
花粉:飛散、1週間ほど早く…東・北日本 環境省予測
黄砂:飛来情報のHP 環境省が開設
石綿:埋め立て処分基準を強化へ 環境省、住民の苦情受け
チッソ:社内報の「桎梏」表現で環境省が会長を注意
環境省:毒ガス弾の可能性のある2発を発見 千葉の調査で

学習机は「可変型」が人気 組み合わせ自由、インテリア性も重視(産経新聞)
【中医協】小児入院医療管理料に「常勤医9人以上」の評価新設へ(医療介護CBニュース)
<第三国定住>ミャンマー難民の面接開始(毎日新聞)
<美濃まつり>作業場はもう春 花みこしの花染め最盛期(毎日新聞)
4年連続で全施設「充実段階A」-厚労省の救命救急センター評価(医療介護CBニュース)