平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が「衆参同日選の可能性もあり得る」と発言したことについて、「進退は首相自身が考えることであり、全く論外。閣僚が政局に言及することは控えなければならず、首相の専権事項に触れることはあり得ない」と厳しく批判した。

 仙谷氏は16日のテレビ番組の収録の際、鳩山首相が参院選前に退陣した場合には「(衆参)ダブル選を問う可能性もある」と述べた。

【関連記事】
足止め先のドバイで披露宴 英国にネット中継
15万人を海路で! 火山噴火で英国、旅行者の帰国大作戦
ギリシャ支援協議を延期 EU代表ら首都入りできず
噴火の影響で高級ホテルの開業延期 ドバイの世界1高層ビル
ANA、営業赤字610億円に拡大へ 今期、旅客減響く
外国人地方参政権問題に一石

<エベレスト>登頂40年記念イベント 渋谷(毎日新聞)
名門高校野球部員お手柄=逃走男取り押さえる-強盗未遂容疑・警視庁(時事通信)
<警察庁長官狙撃>アレフが違反調査請願(毎日新聞)
首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
<愛知5人殺傷>容疑者、父の給料を管理(毎日新聞)