障害者団体向け郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、大阪地検は10日、「凜(りん)の会」(解散)代表、倉沢邦夫被告(74)について、虚偽有印公文書作成・同行使罪を無罪とした大阪地裁判決(先月27日)を不服として、大阪高裁に控訴した。

【関連ニュース】
障害者郵便割引不正:「凜の会」代表、偽公文書作成は無罪
郵便不正裁判:団体設立の河野被告に懲役1年6月求刑
郵便不正公判:大阪地検が窮地 供述内容覆り(1/4ページ)
郵便不正公判:村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定
郵便不正公判:「自立支援法」供述 副検事が誘導認める

TBS社員名乗り詐欺容疑(産経新聞)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
トーク飛ばし音楽録音 新型レコーダーで物議(産経新聞)
政府案取りまとめへ詰め=普天間移設で閣僚会議(時事通信)
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか(産経新聞)