日本経団連の御手洗冨士夫会長が24日の自民党大会に欠席することが21日、分かった。経団連は同党と密接な関係にあるが、政権交代で民主党との関係構築が急務となっており、自民党内では「政権与党の民主党に遠慮したのではないか」との見方も出ている。
 経団連会長は例年、来賓として党大会に出席してあいさつしており、今回も出席する予定だった。関係者によると、経団連側から中国出張のため会長は欠席するとの連絡があったという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護
小沢氏擁護で一体=「潔白信じる」、可視化でけん制
労使の信頼関係揺るがす=定昇見直しに反論

4件連続のコンビニ強盗事件で男逮捕 大阪府警(産経新聞)
9%が「芸術に寄付」=誇れる文化は伝統芸能が最多-内閣府調査(時事通信)
<平沼赳夫氏>蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」(毎日新聞)
日米外相会談 普天間めぐり平行線 同盟深化協議は開始へ(産経新聞)
回らぬ風車、早大の賠償減額=つくば市の過失指摘-東京高裁(時事通信)