講談社は24日、隔週で発行しているエンターテインメント情報誌「TOKYO1週間」と「KANSAI1週間」を6月8日発売号で休刊すると発表した。インターネットによる情報収集に押され、部数が落ち込んでいた。

 「TOKYO」は平成9年11月、「KANSAI」は11年3月にそれぞれ創刊し、主に首都圏、関西圏の若者に行楽やグルメ情報を提供してきた。創刊当初はそれぞれ33万、35万部を発行していたが、最近は7万8000部、8万部と低迷していた。

 同社広報室は「インターネットなどメディア環境の激変と、読者のライフスタイルの変化により、やむなく休刊を決めた」と話している。

【関連記事】
雑誌100タイトル配信 不況打開へ実験サイト開設
雑誌「ハイファッション」「季刊銀花」が休刊へ
自動車誌「NAVI」休刊
「小学六年生」最終号28日発売 87年の歴史に幕
出版業界、2兆円割れへ デフレの波、雑誌休刊で
20年後、日本はありますか?

重文の仏像盗難…収蔵庫の扉こじ開けられる(読売新聞)
引退「キハ52」お礼の臨時運行…JR大糸線(読売新聞)
3月末で平日昼間割引終了=夜間、週末は継続-首都・阪神高速(時事通信)
敏いとう氏が参院選!国民新党からまた著名人候補(スポーツ報知)
JR西歴代3社長、強制起訴へ 神戸第1検審が起訴議決(産経新聞)