奈良市の春日大社境内で3月、ボウガンで撃たれた雌鹿が死んだ事件で、文化財保護法違反(天然記念物棄損)容疑で逮捕された飲食店員伊達恵容疑者(37)(三重県亀山市)が県警の調べに対し、飲食店経営稲垣銀次郎容疑者(39)(津市)から、「鹿肉は高く売れるので取りに行こう、と誘われた」と犯行を認める供述をしていることがわかった。

 捜査関係者によると、犯行に使われたボウガンが伊達容疑者の自宅から見つかったことなどから追及したところ「パンで鹿をおびきよせたが、(撃った)鹿は逃げ、その日(3月12日)は持ち帰っていない」と供述しているという。

<普天間>政府が徳之島に移設先初打診 3町長は面会拒否(毎日新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が復旧(産経新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)
街頭犯罪の発生件数で大阪がワースト1を暫定返上(産経新聞)
<訃報>宍戸隆典さん94歳=元陸将(毎日新聞)