三菱ふそうトラック・バスは2日、「キャンター」「ローザ」など4車種のトラックやバスのエンジン部分に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は1997年10月~2008年4月製造の9万118台。
 吸排気装置のギアを固定する部品の強度が不足しており、ギアが外れてエンジンが止まる恐れがある。
 同じ不具合で07年3月に取った対策が不十分で、その後も371件の不具合が発生したため、再リコールとして届け出た。
 同じエンジンを使用している日産自動車の小型バス「シビリアン」(05年11月~07年6月製造の1216台)と、タダノのクレーン車4車種(05年12月~07年3月製造の299台)も、両社がそれぞれリコールした。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕販売落ち込みを懸念=トヨタ副社長
リコール問題で謝罪=米国トヨタ販売社長
トヨタ、全米でペダル修理開始=異例の生産停止1週間
日産車向け部品、構造違う=トヨタと同じ米社製使用
トヨタ、リコール対策発表へ=ペダル修理など改善措置

子ども手当地方負担、計上せず…群馬県町村会(読売新聞)
【健康】治らない「胃痛」 薬は症状に合わせて服用を(産経新聞)
雑記帳 「名水対決」名古屋市長、富山に1票(毎日新聞)
「後悔の日々…」飲酒ドライバー20人の文集(読売新聞)
「30億の土地を相続する」と嘘 9百万円騙し取った女を逮捕(産経新聞)