平野博文官房長官は30日午後の記者会見で、中国当局が日本側に対し、判決の確定した日本人の男性死刑囚の死刑を執行すると通告してきたことについて「国民感情をかんがみると、あまり良い影響が出ない」と述べ、日本側の対中感情に悪影響を与えることへの懸念を表明した。その上で、こうした認識を外交ルートを通じて中国側に伝える意向を示した。
 ただ、「中国の司法の問題だから、日本が『それはけしからん』と言う問題でない」とも語り、抗議するには及ばないとした。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
日本への通告を正式確認=邦人死刑執行で
日本人の死刑執行を通告=麻薬密輸罪、来月5日にも
千葉法相に執行停止求める=死刑廃止議連

「どう接したら…」 2乳児遺棄の母、長男を虐待か(産経新聞)
日米密約 外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委(毎日新聞)
SS元船長を傷害など5つの罪で起訴 東京地検(産経新聞)
よど号事件40年 元赤軍派「結果的に間違い」(産経新聞)
<インサイダー>税理士らに課徴金勧告 TOB情報で取引(毎日新聞)