厚生労働省は13日、ワクチンの輸入が正式決定した場合、2月3日から出荷を開始する「出荷スケジュール」を公表した。各医療機関には出荷後1週間から10日で届くため、同月中旬にも接種が可能となる見通し。

 優先接種対象者はすべて国産ワクチンが行き渡る見通しとなっており、輸入ワクチンは健康な19歳から64歳の希望者に使われる予定。

 ワクチン輸入の可否は、15日の厚労省薬事分科会で検討し、長妻昭厚労相が最終決定する。正式に決まれば、スイス系「ノバルティス」製が2月3日に240万回分、英系「グラクソ・スミスクライン(GSK)」製が同5日に234万回分、出荷され、2月中に両ワクチン合わせて2989万回分が出荷される。

【関連記事】
新型ワクチン、一転「余る」 1億5千万人分を確保
俳優の死で新型インフルワクチンに殺到
60代以上の多くに免疫か 新型インフルと過去のウイルス分析
緑茶うがいでインフル予防 カテキンがウイルス活動抑制
迫る受験、浪人生の悲哀…新型インフルワクチンは優先接種外

外国人参政権「絶対反対」=永住するなら国籍取得を-石原都知事(時事通信)
<大雪>14日にかけ日本海側中心に(毎日新聞)
<二戸市長選>小保内敏幸氏が無投票で初当選(毎日新聞)
顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
<大雪>西日本の広い範囲で予想 12日夜から13日朝に(毎日新聞)