トヨタ車の純正カーナビゲーションばかりを狙って車上荒らしを繰り返していた男2人が、警視庁葛飾署に逮捕されていたことが9日、同署への取材で分かった。同署によると、2人は「トヨタの純正カーナビは取り外しやすかった」と供述。同署は、平成20年9月ごろから計355台(約3500万円相当)を盗んだとみている。

 逮捕、起訴されたのは千葉県船橋市夏見、無職、宮地晃生被告(27)と同市三山、塗装工、渡辺賢治被告(29)。起訴状によると、昨年9月、東京都内で男性会社員(47)の車からカーナビ1台を盗んだとしている。

 同署によると、2人は埼玉県警に別の事件で逮捕された男1人とともに、1都4県でカーナビを盗んでは転売し約1千万円を稼いでいたという。

 トヨタ自動車広報部は「特定車種のカーナビが盗みやすいという話は聞いたことがない。トヨタの工場で設置するカーナビは1度外されると他の車種に付けられない構造。販売店で取り付けるカーナビもパスワード入力しないと再起動できないといった対策をとっている」としている。

【関連記事】
女子高生お手がら 携帯で車上荒らし容疑者の逃走経路報告 福岡
ひき逃げ車両に特殊工具 車上荒らしに関与か
車上荒らし150件か 強盗致傷容疑で2人逮捕
車上荒らし詰問中、車で60メートル引きずり…傷害容疑で57歳男逮捕 茨城県警
車から窃盗未遂容疑で逮捕 3県で1500万被害

人を大切にする医療システムを(医療介護CBニュース)
<明党>参院選・比例代表 太田前代表の擁立見送る方針 衆院選敗北響く(毎日新聞)
住宅火災、2人死亡=夫婦と連絡取れず-埼玉(時事通信)
横浜事件 4次請求の刑事補償決定司法の過失に言及(産経新聞)
触った相手は女性警官、痴漢容疑で現行犯逮捕(読売新聞)