戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」で治安維持法違反に問われ有罪が確定し、再審で免訴判決を受けた元被告5人の遺族に対して、請求通り計約4700万円の刑事補償を認めた4日の横浜地裁決定が9日午前0時、5人中3人について確定した。元被告側と横浜地検の双方が期限の8日までに即時抗告しなかった。

 刑事補償法によると、元被告側の申し立てがあれば、無罪判断を示した地裁決定が官報などで公示され、1945(昭和20)年の有罪判決から65年を経て名誉回復が図られる。残る2人の遺族には決定文が郵送されており、10日以降に確定する。地裁によると、支払いの手続きに少なくとも約2週間がかかる見通し。【杉埜水脈】

【関連ニュース】
横浜事件:65年待った「答え」 遺族ら万感 実質無罪
横浜事件:実質無罪 5遺族に満額4700万円補償 地裁
横浜事件
横浜事件:実質無罪 識者の話 /神奈川
横浜事件:実質無罪 「失ったもの多い」 元被告遺族、遅い喜びに複雑 /神奈川

男児暴行死の父、強盗に関与か=静岡の事件で逮捕状-県警(時事通信)
耐火素材使わず、火の回り数倍に…たまゆら火災(読売新聞)
小糸、旅客機座席の強度偽装…世界の千機に影響(読売新聞)
警視庁蒲田署で銃弾5発を紛失か 保管記録と数合わず(産経新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(下)】「私は健常者」「愛犬のあだ討ちでき、ま・ん・ぞ・く」 最後まで独自論理を展開(産経新聞)