来シーズンの新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省は15日、新型と季節性2種類の3種混合ワクチンとする方針を明らかにした。従来の3種混合ワクチンから季節性のAソ連型ウイルスを外す。世界保健機関も同様の方針を推奨しており、来シーズンは1回のワクチン接種で新型と季節性に対応することが可能となる。

 新型のみの接種を希望する人は、今シーズン使われずに余った国産と輸入ワクチンが使える。

 インフルワクチンは例年、「Aソ連型」と「A香港型」、「B型」の3種類の季節性ウイルスを混合して作られている。ただ、1本のワクチンには3種類までしかウイルスが入れられないため、厚労省でどのウイルスを外すかを検討していた。Aソ連型は今シーズン、世界中でほとんど確認されていないため、外した場合のリスクが最も低いと判断した。

 ただし、65歳以上の場合、新型ワクチンと季節性ワクチンは予防接種法での規定が分かれており、接種費用や副作用が発生した場合の補償額が異なる。厚労省は「運用面での課題は今後検討して解消する」としている。

【関連記事】
国内製薬各社、インフルワクチンを強化
新型インフル、終息へ 茨城県が判断、年明け以降患者激減
ホームページの翻訳急増 新型インフルきっかけに自治体
余った新型インフルワクチンどうする? 埼玉県で在庫64万回分
新型インフル「企業活動に影響」25% 群馬経済研究所調査
20年後、日本はありますか?

プラス改定で「バックギアからフロントギアに」―邉見副会長(医療介護CBニュース)
政権半年で首相「即決する時、自分の意思示す」(読売新聞)
衆参4月補選はなし=民主・小林氏の進退先送り(時事通信)
<皇太子さま>ガーナとケニアから帰国 愛子さま姿見せず(毎日新聞)
<阿久根市長>「不信任出せ」議員を挑発 課長には答弁禁じ(毎日新聞)