自民党に離党届を提出した鳩山邦夫・元総務相は16日午前、都内の自宅前で記者団に、無所属の平沼赳夫・元経済産業相との連携を目指す考えを明らかにした。

 鳩山氏は「平沼氏とは7割、8割以上向かっている方向が一緒だ。大いに話し合っていきたい方だ」と述べた。また、舛添要一・前厚生労働相について、「すごくオールラウンドで柔軟性がある。私の考えとは十分調整ができる」と強調した。

 これに対し、舛添氏は16日午前、国会内で記者団に、鳩山氏と15日夜に電話で会談し、「私は今、予算委員会の理事という公務に専念すべき時だ」と述べたことを明らかにした。舛添氏は、鳩山氏の目指す新党への参加について、「あらゆる可能性はオープンにしているだけで、何も決めていない」と語った。

 一方、鳩山氏が舛添氏とともに連携相手と想定している与謝野馨・元財務相は16日午前、都内で記者団に、「(鳩山氏は)今の自民党に一番危機感を持って、自分の信念で離党したのだから、重大な決断をしたと評価している」と述べた。ただ、今後の対応は、鳩山氏や園田博之・元官房副長官と会談して判断する考えを示した。園田氏は同日午前、国会内で記者団に、「党執行部には幹事長以下の一新と世代交代を求める。『できなければ離党する』という条件闘争はしない」と語った。

特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識(医療介護CBニュース)
「日勤教育」でJR西の賠償確定 最高裁(産経新聞)
鳩山邦夫氏、GW前の新党結成を表明(産経新聞)
写真が語る 空襲の恐怖 大阪で特別展(産経新聞)
佐賀城 半世紀ぶりの堀干し ハス復活へ250人が参加(毎日新聞)