インターネットを使った選挙運動の解禁をめぐり、各党協議会(座長・桜井充民主党参院政審会長)の初会合が23日午前、国会内で開かれ、夏の参院選での解禁を目指して検討を進める方針を確認した。
 会合には民主、自民など8党の代表者が出席。「参院選に間に合わせるには、現実的な案にする必要がある」との認識で一致し、5月10日までにホームページ、電子メール、ブログ、ツイッター(簡易ブログ)の使用解禁に対する各党の賛否を集約することを決めた。 

【関連ニュース】
ネット選挙解禁へ協議機関=与野党
自民・谷垣氏が「つぶやき」開始=党首討論の意欲つづる
ネット選挙「その方向でいい」=小沢氏
ネット選挙解禁で協議=各党
ネット選挙解禁に賛成=共産・志位氏

元専務、起訴内容認める=近未来通信投資詐欺-東京地裁(時事通信)
火山噴火 航空業界への影響「9・11超える」(産経新聞)
81歳タクシー運転手、無免許容疑…半年乗務か(読売新聞)
1万1800キロ区間で規制見直し=最高速度10キロ引き上げも-警察庁(時事通信)
<風俗営業違反>検挙件数09年9.3%減、3年連続で減少(毎日新聞)