米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)で23日、米軍の空中給油機同士が接触事故を起こし、燃料が流出していたことが27日、分かった。

 防衛省によると、両機のタンクは損傷しておらず、燃料は既に回収されているため周辺地域への危険はないという。

 事故は23日午後1時半ごろ発生。米軍の空中給油機KC130(普天間飛行場所属)と、同KC135(嘉手納基地所属)が接触、KC135から約130リットルの燃料が流出したという。事故原因は調査中。【樋岡徹也】

<同意人事案>賛成多数で衆院同意 政府提示の8機関32人(毎日新聞)
高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
首相、つかの間の骨休め=海辺のホテルで一泊-鳩山首相(時事通信)
公安委員長女性スキャンダル 首相「調査を指示」(産経新聞)
<京都知事選>告示 新人、現職の2氏が立候補(毎日新聞)