三重県桑名市の元環境政策課長の太田耕史被告(54)が、業者や知人女性から現金をだまし取ったとされる詐欺事件で、太田被告が数年前から、馬券やロト6、ナンバーズなど数種類のくじを、月に約35万円分も買っていたことがわかった。

 太田被告の給料の手取り分とほぼ同額で、愛知県警は、太田被告が膨らんだ借金を返済するため、ギャンブルやくじに金をつぎ込んでいたとみている。

 捜査関係者によると、太田被告は、調べに対し、「(借金が膨らみ)一獲千金を夢見て、馬券やくじを買っていた」などと供述。ほぼ毎月、名古屋市中川区のウインズ名古屋で馬券を約25万円分、ロト6やミニロト、ナンバーズ、ジャンボ宝くじなどのくじを約10万円分購入していたという。

「道路に飛び出さないで」=警視総監が新1年生に(時事通信)
誤ってアクセル踏み込む? =立体駐車場の車転落事故-大阪(時事通信)
<発砲>西部ガス役員宅近くの路上に数個の薬きょう 福岡(毎日新聞)
<日弁連>派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会(毎日新聞)
ウナギ完全養殖に成功=世界初-水産総合研究センター(時事通信)